女王の独白

 私が好きなのは自己中心的、傲慢、それでいて支配欲に塗れた男。

 それを屈服させ、跪かせる瞬間が最高にゾクゾクする。


 鳩尾にヒールを突き立て、泡を吹いた男を抱擁、甘い言葉の飴で彼らは堕ちていく。

 ああ、たまらない。醜い悪意が、利己心が、保身が、プライドすら涎とともに吐き出され、私好みの忠実で愛らしい犬になる。それが何よりも心地いい。


 私が好きなのは悪意。自己中心的で、傲慢で、支配欲にまみれた悪意。私がまるごと平らげて、この魂の糧にして差し上げましょう。


 ……愛?ばかげたことを言わないで。貴方ごときに与える愛なんてないわ。

 私が愛したのは1人だけ。私が恋するのも1人だけ。それは貴方じゃない。

 あの人はどう言うかしら、今の私を見てどう思うかしら。

 悪趣味だと苦笑いして、やりすぎるなとたしなめて、俺にはするなよと青ざめるのかしら。


「……義姉さんは、兄さんにもそういうことをしたいって思ったの?」


 入口付近で気まずそうに、夫の弟は声かけすらためらっているように見えた。

 鞭打たれた男は恍惚と全身を痙攣させ、火照った頬で白目を向いて失神している。

 義弟の言葉には答えず、駄犬の縄をスルスルと解く。


「兄さん、言ったら応えてくれたかな」

「……あの人としたいって、思ったことはないわ」


 いいえ、本当は少し、虐めたいと思ったことはある。……けれど、酷いことをしたい、なんて、思えるわけがない。


 自分より他人を優先して、

 傲慢に見せかけても本当は純朴で、

 支配や、権威なんて言葉が大嫌い。


 そんなあの人を愛していた。

 今だって愛している。


「これは求愛でなく躾。欲望の発露よ」

「義姉さん、恨みじゃないの?」


 自己中心的で、傲慢で、支配欲に満ちた相手を知っている。

 私の兄は、私の母は、夫を追い詰め、義弟を苦しめ、弟に恐怖と挫折を植え付けた。


「……兄さんは、たぶん悲しむよ」


 この憎悪がいつか慈愛や博愛に変わるなら、止むことのない衝動も、形を変えることがあるのかしら。


 薬指で、相手を失った結婚指輪が輝いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます