37.「亡霊ツジギリ」

 殺人鬼の噂って、どこにでもあるもんだけど……だいたい武器が特徴的だったりしない?

 アイスピックとか、チェーンソーとか……。そんで、あいつの場合は日本刀だったってことかな。

 ……なんで亡霊かって言うと、霊が人間に取り憑いて人を殺したから……だって。

 幽霊が取り憑いたから、なんて、本人が言ってたら嘘くさかったろうけど、あいつの場合そうじゃなかった。

 ……普通、あれは……霊が取り憑いた……なんて理由がなきゃ、そもそもよ……。




 ***




 電話先の声色は、心配と恐怖と焦りと……とにかくあらゆるものでごちゃごちゃになっていた。


「大丈夫だから!本当に!たしかに首は取れたけどちゃんとくっついたし!」

『むしろ大丈夫要素が見つからねぇよ!?』

「まあ……ゾンビみたいなものだと思ったらいいんじゃないかな……?」

『いやいやいやいや怖ぇだろ!!!』


 ロッド兄さんの言うことももっともだと思う。

 あー、そう言えばロッド兄さん、昔から心霊系よりグロ系のが苦手だったような……。


「……とりあえず!そっちは何かあった?」

『同じ名前のカミーユってやつが、首なし四肢なしな死体で見つかった記事見つけたけど……首落ちたとこ見てたなら意外でもねぇだろ…… 』


 確かに。


「えーと、じゃあ……「ある罪人の記憶」系統のメールは?この前レヴィくんの家から電話した以降、なんかあった?」

『…………転送する』

「あ、ありがとう」

『………………兄貴とか絡みのも、送っていいよな?』


 即答は、できなかった。


「……むしろ、一番大事な気もする。僕らにとってはだけど……」

『……おう、分かった。……なぁ、ロバート。俺、ずっと言わなきゃって思……』


 声に、ノイズが走った。


『…………姉さ……じゃなくて、死…………本当は……』


 聞き取れない。


「ロッド兄さん、電波が……」

「え?ここ、他より邪魔入りにくいのに?」


 黙っていたグリゴリーの声で、ノイズが消え、声がクリアになった。


『ローザ姉さんは、生きてんだよ。……死体で見つかったのは、俺らのお袋だ。ハリス家のナタリーさんじゃなくて……ドーラ母さん……』


 どうして、わざわざそれを黙っていたのか。

 そもそも、なぜ、突然ノイズが消えたのか。


『そんで……ロジャーさんは……』


 またノイズ。うるさいな。誰が邪魔をしてるんだよ。


「……ロバート、君だろ」


 その声は、僕の口から聞こえた。

 キースには、もう僕のくせがわかっている。


『……?どうした、ロバート』

「え、い、いや、なんでも……」


 再びノイズが消えた。


『…………もう一度言うぞ。ロジャーさんはな』


 調書として見つけたものを、なぜ、あんなにあっさりと信じたのか。

 それが本物とは限らないのに。


『お前が……ガキの頃、事故で……』


 ──お前達のような愚か者にはわからない


 その言葉を聞いたのは、いつだったか、


「嘘だ!!そんなわけない!!」


 どうして、こんなに、恐ろしいのか、


「あのロジャー兄さんが死ぬわけない!あんなに……あんなに偉そうで、頭が良くて、優秀で……!」

『…………覚えてねぇんだな、本当に』


 わからない、わからないのに、

 悲しげな声が、胸を刺す。


『ロー兄さんが軍隊に行く前、ナタリーさんが』


 やめて。

 聞きたくない。

 嫌だ。


 ……だけど、現実から逃げてたら、変わらない。

 変われない。変えられない。


『「お前の方が死んでたら」って……言ってたからさ。……たぶん、それで……あんなことに……』


 母さん?なんで、そんなこと。

 だって、ロー兄さんも家族なのに。


『それで、しばらくうちの方のクソ兄貴が、ロジャーさんのこと、誤魔化してて……』


 ……あれ?


 ──ロジャーはとっくに家を出たよ。今頃、ドイツかなにかで新たなことを始めているだろうね。


 兄さんを蝕んだ呪いは、果たして、


 ──ロジャーが死ぬわけがない。それは君が一番よくわかっているはずだよ?


 誰がかけたものだったのか。


 ──黙りなさい!貴方達のような愚か者にはわからないわ!!


 ……その叫びは、少なくとも「兄さん」のものじゃない。


『……ほら、それでロー兄さん、俺が一人暮らしするの手伝ってくれて』


 知ってる。ロー兄さんは優しいから、僕が陸軍学校を中退するのも許してくれた。

 ……それで、背負い込みすぎて……


「……あー、その話、今やめとかない?」


 グリゴリーの声で、沈んでいた思考が現実に戻ってくる。


「まあ……ずっと逃げてるのはダメだけどさ。……何でも、一気にはダメじゃないかなぁって……」

「……でも」

「悪いけど、そんな真っ青な顔されてたらね?医者として「そのまま話しとけ」とは言えないっつうか……」


 バツが悪そうに腕を組んで、グリゴリーは深いため息をつく。


「……ちょっと休んどかない?庭とかで」


 その提案は、心底ありがたかった。


「……ロッド兄さん、ごめん。ちょっと休むね」

『……いや、俺こそ……ごめん。……忘れときたいことも、あるよな』


 忘れたままの方が幸せなこともある。

 それは事実だろうけど、

 結局のところ、忘れたままにする方が不可能だ。


「……たぶん、放置しすぎて膿んでんだよ。……早めの処置ってのはもっと前にするものだから……。まあ、とにかく、向き合うにも覚悟と準備してからな」


 その言葉に背中を押されて、庭に続く扉を開いた。白い霧が視界を覆い……思わず、目をつぶった。




「…………湖?」


 再び目を開くと、静かな湖畔に、生い茂る緑、煌めく木漏れ日……。

 1歩、1歩と、「その世界」に足を踏み入れる。


 振り返る人影。癖のついた亜麻色の髪、端正な顔立ちが、誰かを彷彿とさせる。

 澄んだ青い瞳に、見覚えがあった。


「君……この前の……」


 お弁当をくれた時は黒髪だった気もする。

 ……ああ、そうか。グリゴリーが庵に聞いた、「中にいる」っていうのは……。


「君が、ブライアン?」


 コクリと、青年は頷いた。カミーユより身長はかなり高いけれど、仕草のせいかどこかあどけない。


「…………ことば」


 綺麗な声だった。

 一言一言が、心に染み入るように、響く。


「言葉、通じない……不便、だと……思う」

「う、うん。確かに、混乱起きやすいし……」

「ここ……通じない。僕、英語……苦手。ごめんなさい」


 カタコトで話す青年は、申し訳なさそうに俯いた。

 ……言われてみれば、あの街はそこも特殊なのか。言語体系も別々なはずなのに……何故か通じてる。

 ……負の感情で作られた場所なのに?


「……未練」

「えっ、何?」

「僕……いや、だった。一人、さみしい」


 子供のような声音が胸に沁みる。

 心地よい風が、青年の長髪を揺らす。前髪で隠された左目には、大きな傷があった。


 10年前の暴行事件の被害者。

 当時15歳だった少年は、今、ここにいる。


「……未練、後悔……えと、マイナス……だと、思う」


 彼の孤独も、あの街に影響しているというのなら、

 あの街に満ちているのは悪意だけだろうか。


「……亡霊辻斬りって、君のこと?」


 そうとは思えなかったけど、聞いてみる。

 青年は泣きそうな顔で……ゆっくりと、頷いた。


「…………ここ、だと、身体、ない。だから……わかる」


 廃人状態になってしまったという、少年のその後を、どこまで知っている人がいるだろう。


「身体、あると、僕……こころ……気持ち、わからない」


 ……なんとなく、共感できた気がした。

 隻眼から、ポロポロと涙が落ちる。透明な雫を集めて、この、静寂しじまの湖ができたのだろうか。


「斬った、のは、たぶん……わかりたかった、から……。奥で動くの、なにか……知りたかった」


 自分の罪悪感を他人事のように感じていたのかもしれないし、もしくは、本当になにかに取り憑かれたのかもしれない。

 ……とても哀しいことだと、それだけがわかった。


「……ここは、どこ?」

「…………ここも、街の一部。……僕が、いれる……場所」


 辻斬りなんて言葉が似合わないほど穏やかな青年と、落ち着いた場所。

 ……人の悪意に呑まれないために、ここにいるのかもしれない。


「……君を、助けて欲しいって……その、兄さんが」

「…………間違えてる。僕、「そっち」じゃない」


 ふるふると首を振り、僕を見た瞳は、青く、碧く澄んでいて……


「僕、助ける……決めた。つぐない、ならなくても……したい、から」


 確かな決意に満ちていた。


「……お兄さんは、あの街で、何をしてるの?」


 てっきり、カミーユが救いたい相手がブライアンなのだと思っていたけど、それだけじゃないと感じた。


「…………兄さんのも、未練。……兄さん、が、したい、のは……たぶん……片付け……?」

「……過去の精算、ってこと?」

「ん」


 カミーユは、僕と目的が合致していると言った。

 僕だけ、または僕とロー兄さんだけ助けて逃がす道も探している素振りもあったけど……彼の本意は、そこにはない。


「僕、ただの、手伝い。……でも、僕、諦められない。……生きてて、欲しかった、から……」


 この兄弟に何があったのか。僕にはわからない。

 だけど、その気持ちは痛いほどわかる。……僕だって、生きていて欲しかった。


 兄さん達に、生きていて欲しかった。


「悲劇、にする……簡単。……だけど、だめ」


 拳をキュッと握って、声を絞り出す。


「できごと……終わる。でも、哀しいの……ずっと、終わらない。それは……それは、だめ」


 忘れた方が楽だろうに。逃げることもできるだろうに。

 それでも苦しげに、必死に、伝えてくる。


「……僕はロバート。よろしくね、ブライアン。……たまに、話し相手になってもらっていい?」

「ん、僕……お話、苦手……だけど……がんばる」

「うん、ありがとう」

「ブライアン=ピエール・バルビエ……えと、ローランドさん、たぶん……」

「うん、きっと、君のことも安全だと思ってる」

「……そっか」


 嬉しそうに微笑んだ表情からは、血塗られた過去など想像できない。

 けれど、彼は忘れていない。自分の罪と向き合って、それでも潰れることなくここにいる。


 それがどれほど壮絶なことか、僕にはわかる。


「……ところで、君にとってカミーユ……さんって、どんな人?」

「兄さん、優しい」

「そ、そうなんだ……優しいんだね……」

「それで……ちょっとヘン……?」

「まあ、確かに変な人だね」

「あと……性的に倒錯してる……らしい……」

「……一応聞くけど、意味はわかってる?」

「わかんない」


 よし、教えないでおこう。成人男性とかそういうのは置いておいて、教えたくない。


「僕……15歳の時から……ない……から、わかんない」

「…………たぶん、あってもわからないと思うよ?」

「……レヴィも、教えてくれない……」

「う、うん……せめて、彼には聞かないであげよう……?」


 何がないのかとか、そこは深く聞かないでおこう。

 ……想像したらすごく痛いし。


「……何はともあれ、頑張らないとな。僕も」

「……?違う……」

「え?」

「ロバート、たぶん、もう頑張ってる。……から、えと……効率よく、頑張る、とか……だめ?」


 あたたかい、言葉。


「……ううん。むしろ……すごく、大事なことかも」

「ん、応援……する」


 木漏れ日差し込む湖畔に、霧が立ち込める。

 いいや、元から……霧の中にいたのかもしれない。


「またね、ロバート」


 ぶわりと風景が霧散して、閑散としたテラスになる。

 ……枯れ草と蔦が生い茂るその場所が、先程までいた医院の一部だと、よくわかった。

 頬に伝った涙を拭う。


「……ありがとう。たぶん、落ち着いた」


 診察室に戻ると、グリゴリーはなぜか辞書を開いていた。


「……あ、帰ってきた?……亡霊ツジギリのね、「ギリ」ってなんだと思う?辻、が道とかだろ?義理?錐?」

「あー、それは、辻斬りっていう言葉がそもそもあって……。……霧でもいい気がしてきた」

「……霧、かぁ……。……ちょっとわかるかも」


 その霧の中で、かつての「辻斬り」は贖罪を続けている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます