第2章 Create for Blood

33. 調査

「えーと、とりあえずSangサンって絵描きについて……」


 素性を明かさない芸術家はざらにいる。

 Sangも、その1人だ。

 現代アーティストの中では知られていないわけでもないが、そもそも現代アートに興味を示す一般人自体そこまでいない。

 立体や映像を使わず、シュールレアリスム的でもポップアート的でもなく古典的な画法からのアプローチってのは、まあ、現代アーティストの中ではそこそこ珍しい。だからこそ、ボルタンスキーやクサマなどに比べるとインパクトが薄いんだろう。

 まあ……俺はそもそも絵画にそこまで興味がない。Amazinで画集がヒットするあたり、その筋ではかなり有名だったりするのかもしれない……。


「死体遺棄……?」


 ネット検索で、とある記事がヒットした。フランス語だから読めないが、翻訳機能で何とかする。

 廃屋で見つかった、首と四肢を切断された死体の記事。まあ要するに、胴体と服だけが残った死体ということになる。

 で、部屋の壁際に血で「Sang」のサインがあった……と。


「まあ……立体彫刻かなにかしてたら疑われたろうけどな」


 当然、警察は偽造として扱ったらしい。筆跡がよく似ていても、似せることぐらいはできるし、壁に書いたとなると尚更だ。


「で……死体の身元は……」


 Camille-Chrétien Barbier(37)


 …………思考が止まった。

 慌ててロバートに電話を……しようとして、向こうからかかってきた。


「ロッド兄さん、カミーユの首が取れたんだけど……ど、どうしたらいいかな……?」


 ……そんなの俺が聞きてぇよ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます