28. ある罪人の記憶

「姉さん、呼んだ?」


 呼んだつもりはなかった。ただ、話をしたいと少し思っただけで彼はやってきた。

 ……見たくはない。哀れで悲惨なあの子の姿を、これ以上見ていたくなんかない。


「ローランド、私のことはいいわ。ロデリックかロバートのところにでも行ってなさい」

「ロッドのところにはよく行ってる。ロブもたくさん呼んでくれてるし……」


 ごく普通の青年にしか見えないような、素朴な笑顔で……壊れたナニカは、語る。


「ご苦労なものね……」


 人のために……なんて殊勝な気持ちは、残念ながら私には持てないわ。……私に流れているのは、あの醜い男と同じ血。


「…………やれやれ。君はずいぶんと変わってしまったようだ」


 著名ブランドの椅子に腰掛け、彼は呆れたように告げる。


「ロナルドとよく似ている。さすがは兄妹と言ったところか」

「……やめなさい」

「おっと、済まない。私はもう、以前のように君を愛したりはできないのだよ」

「そうよ。私は変わってしまった。でもね、貴方に愛されようとも思ってない」


 私は、私のやりたいことをするだけよ。

 だから、邪魔をしないでちょうだい。


「……姉さん、用事がないなら俺は行くよ?」

「勝手になさい」

「うん、またね!」


 ローランドが、煙のように姿を消す。


「おや、いいのかい?」


 背後からの声に、思わず眉をひそめた。


「貴方も失せなさい」

「はは、かつての夫に酷い言いようだ」

「……貴方を夫だと思ったことは一度もないわ」

「けれどね、ローザ」

「……ローザは、死んだのよ。兄に殺された哀れな女がローザ。それでいいじゃない」


 ニタリと、男の顔が醜悪に歪んだ。


「そうだね。そして……夫に愛されなかった可哀想な女でもある」


 ……ロジャーは、


 ロジャーは、そんなふうに笑わなかったわ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます