17. 調書(3)


 もし失ったものが帰ってくるのなら、俺はいくらでも過去に向き合えただろう。

 取り返しのつかない悲劇を覆せるのなら、そんなことが本当にできるのなら、縋りついていたかもしれない。

 だけど……こんな風に過去を突きつけられるとは、夢にも思っていなかった。




 ***




 ・メモ

 ロジャー・ハリス

 1976年生まれ。職業軍人一家の長男であり、肩を狙撃され退役するまでは本人もイギリス陸軍将校だった。その後、孤児院での勤務を経て自営業に手を出し、現在も手広く事業を展開している。

 その強引な手腕から評判は芳しくなく、金の亡者と揶揄される。更には過去に妻が失踪し後に遺体で発見されたこと、勤務していた孤児院に問題が発覚したことから、世間では悪人としての印象がかなり強い。婦女暴行、暴力事件、密売、公的機関との癒着など、黒い噂の絶えない人物。慈善活動を行っているという側面もあるが、売名行為だという意見も数多い。




 ロナルド・アンダーソン

 ロジャーと同じく1976年生まれ。陸軍士官学校では数少ないロジャーの友人だったとされている。

 ロジャーとは幼い頃より交流があり、ロジャーの妻ローザは彼の妹である。彼女が失踪した際に共に行方を眩ませ、妹の遺体発見から8年後に焼死体として発見される。その際に名前を偽っていたことから、ローザ殺害事件は彼の犯行として決定づけられた。

 10代の頃、理科実験室での事故により上半身に大きな火傷と裂傷を負っている。

 士官学校ではロジャーの腰巾着だと噂され、目立った行動はなかったらしい。




 このメモをキースが残した(と推測される)ファイルから見つけて、思わず固まった。


 ロジャー兄さんについては分かる。僕は彼が大っ嫌いだし、権力と野心のためには家族すら捨てるほどの男だから、警察にマークされていても仕方ない。……ローザ姉さんのこともあるし。けど、何でとっくの昔に死んだロン兄さんのことまで書いてあるのかが分からなかった。ローザ姉さんのことはそこまで詳しく書かれていないのに……。


 僕はあまりロン兄さんと話したことがないし詳しくは知らないけど、何となく兄弟の間でロジャー兄さんのことも含めてタブーになっている話題だ。

 ……でも、キースがこれを残してたってことは、やっぱり、この街には僕達兄弟に関係した何かがあるのかもしれない。







 ……せっかく見逃してやっていたのにね。ロブ。




 ***



 ロバートへの電話は、なぜか繋がらない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます