15. 2016年春 Part ?

 ここ数日、時間が空けば、ロバートから送られてきた原稿を校正しているように思う。

 別にそのままでも読めるといえば読めるが、俺にだって作家としてなけなしのプライドってもんがある。……別に、暇なわけじゃない。何かしてねぇと怖いのは……まあ、ちょっとだけある。


「答えなければならないとわかっていても……。……あ?」


 メールの文章は妙なところで途切れていた。

 とりあえず、その箇所まで書いて席を立つ。……腹が痛くなってきた。




 ***




 そろそろ夏も近づき、季節の変わり目だからか街の空気は余計に荒れている。

 かくいう僕も例外でなく、焦りと、理由もはっきりしない恐怖感に取り憑かれていた。


 どんよりとした空気は、確かに気のせいじゃない。足元に絡みつき、肩にものしかかる。

 この街は、やはり何かがおかしい。


 そんな時、何度も見かけていた自称芸術家に声を掛けられた。こちらから話をしようとしても、不機嫌そうにどこかへ行くことが多いのに。


「……何?」

「あはは、嫌そうな顔」


 何故か機嫌がいい。その割にはどことなく落ち着いているようにも見える。というか暗く重い雰囲気を纏いながら、優しく穏やかな微笑みをたたえて……

 やけに、ゾッとする。


「警戒してるなら立ち話でもいいんだけどさ、君……何で人を殺しちゃいけないと思う?」

「……は?」


 相手は、整った美貌に胡散臭い笑顔を浮かべたまま僕の返事を待っている。

 この絵描きとは、実は嫌味の応酬でなら話しやすい。……今のように暗い海の底のような瞳で見つめられると、思わず身がすくんでしまうけど。

 答えなければいけないとはわかっていても




「……罰があるから、じゃない?」


 僕にも持論があった。


「……へぇ」


 ……どうやら、僕は、彼の興味を引いてしまったらしい。いや、いずれそうしないといけないとは思ってたんだけど。


「具体的には?」

「歴史的観点から見るに、人は闘争本能を制御できずに大義名分を求める。けど、逆に言えば「身を守る大義名分」を得ることも簡単。それが時に宗教であり、法律であり……「正義」という価値観なんだと思う」


 手汗が止まらない。何となく、「Sang」の絵を思い出したけれど、年齢からして違うはずだよね。そうだよね。……たぶん。


「……君、キースって名前似合わないね」


 低く、冷たい声が背筋を凍らせる。


「でも、概ね同意かな。一つ付け加えるなら……」


 口角が、歪むように釣り上がる。


「殺しちゃいけない理由を、ややこしくああだこうだと説明し出したせいで人間は「生物的な本能」から目を背けだしたのさ。だからこそ、法律の隙間から人を殺し出す」


 完全犯罪、という言葉が頭をよぎった。


「そして、その罪は決して可視化されない。死体が積み上がっていたとしてもね?」

「……え、何で」


 勿体ぶった、大げさな喋り方をするくせが彼にはある。舞台の上に無意識のまま引きずり込まれてしまうのは、彼の浮世離れした容貌だけが原因だとは思えない。


「簡単だよ、自殺や病死、衰弱死は他殺と見なされないからさ」


 彼が一歩近づく。後ずさりは出来ない。


「この世界は、完全犯罪だらけだよ」


 一瞬で笑顔が消え、真顔になる。

 引きずり込むような瞳に目が逸らせない。


「キースなら、考えた挙げ句「そんなの殺しちゃいけないのが当たり前」とかほざいてたね。……ロバート・ハリス君……だっけ?」


 唾と疑問の言葉を飲み込み、思考を回転させる。

 ロッド兄さんの言葉を思い出した。


「RかAのつく名前には気をつけろ」


 身元は普通に調べられたし、洗礼名を含めてもカミーユ=クリスチャン・バルビエは確かに掠りもしない。でもこの人……もしかして偽名とかじゃ……


「簡単に信じないところを見ると、君はまだ長生きできそう」


 マニキュアの塗られた手が差し出される。


「あはは、気が早いよノエル」


 苦笑して……左手に語りかけている。

 ……差し出されていない方の右手にはマニキュアが塗られていない。

 あっ、この人やばい人だ。


「……君、何者?」

「それは、関わってからのお楽しみ、かな?」


 優美に笑った彼の口から、違う声色が飛び出した。


「そんな悠長なこと言ってる場合なの!? いい加減人間的なコミュニケーション能力磨きなさいな!」


 ……空気がピシッと凍る。


「……ごめん、ちょっとこの辺りに身投げできる建物ないかな?」

「え、あっ……ご愁傷さま?それともドンマイ?」


 キース・サリンジャーの足跡を辿る役目を請け負ったことを 、心の底から後悔した。




「ロッド兄さん!!カミーユって人頭おかしい!!」

『ノエル・フランセルとはメル友だ。カミーユさんの左腕が主に依り代らしい』

「待って、何で平然としてるの!?」

『……お前もジャンヌダルクが恋人だろ』

「僕はジャンヌより素晴らしい女性がいたらその人と付き合うよ!!」




 ***




 戻ってくると、いつの間にか文章が増えていた。ロバートと電話で話したくだらない内容まで書き込まれている。

 思わずため息が漏れる。……いつまで続くんだよ、これ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます