カオスのほとりを行き来してみよう

作者 政宗あきら

48

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

何度か読んだ上での印象です。
なので信憑性ありですよ。

いや、これは凄い作品ですよ。
最初に読んだ時とは感想が異なっています。
もちろん最初読んだときも、何か感じたんだと思いますが、カオスな作品だなーくらいで流していたのかもしれません。

この日常という幻想が、非日常という現実に侵食され、そして壊れた日常に回帰していく。
それをなだらかな筆致で描く。
あと、純粋にエンターテイメント的側面で面白かったですね。

何も考えずに読むのも、女子高生の日常に違和感を感じ取るのも、その裏側にある狂気を楽しむのも、自由です。