こいぐらい

作者 奔埜しおり

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全42話

更新

  1. 「振られたので、忘れたいです」
  2. わたしはこいぐらい
  3. つげて
  4. ふられて
  5. あきらめた
  6. こいを
  7. たべる
  8. それが、はじめてたべたこいだった。
  9. 「引っ越すので、忘れたいです」
  10. たまっていく
  11. ふたつのおもいを
  12. このめでみる
  13. おなじおもいは
  14. おたがいに
  15. いっぽひいて
  16. きえて
  17. しまう
  18. そのなまえは、わたしたちだけのもの。
  19. 「浮気されたので、忘れたいです」
  20. そのきもちと
  21. みえっぱりな
  22. こうかいを
  23. がんじょうな
  24. えみで
  25. おおいかくした
  26. きみのなみだはぬぐえないけど
  27. きっとそのてをとることくらいはできたんだ。
  28. 「応援していた恋が実ったので、忘れたいです」
  29. そのえがおはずっとかれをてらしていて
  30. ずっとかのじょを
  31. ささえてきた
  32. すこしのきっかけで
  33. かんけいが
  34. こわれてしまうのが
  35. こわくてすすめなかった
  36. わたしはすこしでもまえにすすめたのかな。
  37. 「先生を好きになってしまったので、忘れたいです」
  38. どうして
  39. すきになったんだろう
  40. いっては
  41. いけない
  42. きっとばれているけれど
  43. いいたくは
  44. ない
  45. けっかなんて
  46. わかってた
  47. それでもわたしは、あなたのそばにいたかった。