7章

月のライン 7-1


 歌うように揺らめいて、何層にも重なって聞こえる、アコーディオンの不思議な音色。


 路上で演奏するお爺さんの近くで、リカはワゴンを出していた。


 町の看板や、家々の軒下に光る、イルミネーションに負けないくらい、リカのワゴンは華やかだ。


 この広場ににぎやかに光る、虹色ストライプのネオン。


 後ろの教会の奥からは、賛美歌が聞こえる。


 幼い聖歌隊の子供たちが、この日のためにと練習していたのを、リカは知っている。


 毎日、この場所で営業していたからだ。


 今日は風も出ていない。


 丸いキャスケットの帽子を押えて、リカは澄んだ夜空を仰いだ。


 自分のワゴンから伸びる風船が、ゆったり揺れるその向こうに、きれいな半月が浮いていた。


 空気はとても冷たかったけど、人々の心には、熱い気持ちが満ちている。


 夜空に光る星々のように、その目は生き生きと輝いている。


 今日が特別な日だからだ。


「リカー、クッキー焼いてきてあげたわよ。食べるー?」


 店長がうかれた声を上げながら、リカの元までやってきた。


 ふわんふわんのドレスを着て、手に大きなプレート皿を持っている。


 お皿の中には、かわいくデコレーションされたジンジャーマンのクッキーが並んでいた。


「店長、お店のほうはどうしたんですか?」


「いいじゃないのよ。ちょっとあなたも、こっち来なさーい。あたしの友達、紹介してあげる」


 店長に腕を組まれて、リカは「はぁ……」とため息をついた。


「ほら、みんなー。あたしのカートよ、ステキでしょー?」


 店長の呼びかけで、通りの角から、何人かの群れが現れた。


 みな、店長と同じタイプの人のようだった。


「あら、ステキ」「かわいいわねぇ」「いろいろ売ってるじゃないのー」


 太い声で口々に誉めた。


 リカは隣の奏者のお爺さんと目を見合わせて、仕方なそうに笑った。


 店長のお皿からチョコチップ付きのジンジャーマンをひとり連れ去ると、口の中に放り込む。


 どうやらリカにとっては、今日は特別な日になりそうもない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます