月のライン 2-2


 ルームサービスのクロワッサンとミルクを胃に収めたあと、メルはチェックアウトした。


 ロビーの柱時計は7時を刻んでいる。


 9時入港だから、しばらくまだ時間があるな。


 よく磨き上げられた、つややかな木の入口ドアを開くと、すぐ外に、掃除をしている2人組を見た。


 短く伸びたホテルへ続く階段の、白い手すりを雑巾がけしている、背の高い男。


 柄の長いモップで、石畳の水を拭き取っていた、細身の少年。


 2人はメルを通すために、階段の両脇によけ、立った。


「良い1日を!」


 少年の透き通った声がメルを見送る。通り過ぎた後ろから、囁くような会話が聞こえた。


「ほら、彼が昨日、ラジの言っていた……」「かわいい長靴じゃないですか」


 歩きながら、メルは町の様子を眺めた。


 まだフェリーが来ていないので、観光客の姿は少ない。


 今、写真を撮っている彼らは、昨日からの泊まり込みの客だろう。


 ひと晩水に沈んで、今朝早くに浮上した町は、雨上がりの様子に似ていた。


 所々へこんだ石畳に、水溜りができ、青い空を映し込む。


 観光客は彼らの言葉で喋り合いながら、その光景を写真に収めて、楽しんでいるようだった。


 メルはミリのパン屋が建つ通りを抜けた。


 足を休めず眺めると、ドアにはCLOSED(閉店)と書かれた札が下げられていたが、もう表には机と椅子が持ち運ばれて、テーブルクロスもセットされていた。


 この様子なら、ブランチには客を呼び込めるだろう。


 そのまま路地を歩き続け、メルは役場前の広場に着いた。


 人通りはまばらだったが、バックパックを背負った旅行者が2、3人、役場前に立つ案内板を眺めていた。


 遠目に確認してみると、その看板から雫が地面に落ちていた。


 上の方は乾いていたので、昨日、どれくらい浸水したのかは、分からなかったが。


 メルはポストに近寄って、ポケットからカギを取り出し、裏蓋を開けた。


 10通ほど新たに投函されている。


 すべてを鞄に詰めたあと、役場の時計を見る。


 7時半。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます