世の中は連休あたしは仕事

台風が近づいている。大風が世の中全てを吹き去って仕舞えばいいのにと綿雪が言った。波にさらわれ何人か死んでいる、気の毒だが、遠くまで泳ぎすぎたんだろう。自分の限界をわきまえず、海を甘くみた結果だと思う。あたしは仕事だ、それも激務。鬱々となる。お客様少ないといいのだが。

昨日は職場の同僚におつかれ様の挨拶をしたら、少しニコッと笑ってもらえた。常連様にもにっこりしてもらえた。少し心が楽になり人への緊張感が薄れた。

綿雪と電話した。

彼女の父親は難病になってしまったらしい。綿雪の手取りはせいぜい8万程度で、年金ももらっている。綿雪は知的障害があるからだ。カツカツの生活の中彼女は何を思うのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます