ナツユ探偵事務所

作者 水深 彗

二十一、」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 企画よりお伺いさせていただきました。

    大正浪漫な世界観が大好きです!
    あ、いえ、「レトロな世界観」と紹介されているだけで、大正時代とは限りませんね。(苦笑)
    作品の世界観や登場人物の職業などをレトロ風でまとめるために、少し旧仮名遣いの表現を用いると、もっとぐっと世界観が深くなると思ったのですが、そうすると少し今の人たちには読みにくくなってしまうのが欠点ですが……もどかしいですね。
    旧仮名遣いの表現、大正浪漫な世界と相まって、私は大好きなのですが。

    一話あたりの総文字数が短めであることと、短編連作形式をとっておられることもあって、とてもすっきり読みやすいです。
    お話のもっていきかた(シナリオの作り込み)も、とてもお上手なので、またぜひこの雰囲気のお話をご紹介いただきたいです。

    読ませていただき、ありがとうございました。

    作者からの返信

    こんにちは、まさか最新話まで追っていただけるとは思わなかったので嬉しいです…!ありがとうございます!

    世界観が大好きと言っていただけて嬉しいです!
    一応、昭和の戦後〜バブル前くらいのつもりで、時代背景調べながら書いております!けれどパラレルワールドかもしれないので、ふわふわです。
    旧仮名遣いは思いつかなかったのですが、良いアイデアですね…!読みにくいと言うよりは、そもそも私の知識不足に問題が(笑)

    読みやすさを褒めて頂けたのも大変嬉しいです。初期は1500字くらいで区切っていたはずなのですが、今は2000字前後くらいになってます…伸びていく…)^o^(
    『ナツユ探偵事務所』は、実際、書いている作品の中でも一番話を作り込んでいるので、そう言っていただけて感無量です…!
    シナリオだけで見るなら、他に投稿している二作品も似ているのですが(登場人物の背景が序盤で全部書かれてなかったり、最後に一気に伏線回収をするという形式ですね)、この小説に比べたらめちゃくちゃラノベでコミカルなので温度差で風邪ひいてしまうかもしれないです…!笑

    ご感想送って頂き、ありがとうございました!

    2020年2月18日 20:29