ご主人様との出会い

私は今までの起きた出来事を思い出した・・・


そして、思い出したと同時に、私は顔の血の気が引いて来た・・・


(リーダーは!!)


そう思って、周りを見渡す・・・だが、そこには、異世界の私・・・仲間しかおらず・・・リーダーの姿が見えない・・・


(早く!!見つけないと!!)


そう思って、動こうとした瞬間、何か、違和感をかんじた・・・


何を・・・?そう思った瞬間に気付く・・・仲間の姿が、あの襲って来た子供の姿になっている事に・・・


(何で・・・)


私は、心の中でそう呟く・・・何で、こんな姿になっている・・・


私達の姿は・・・異世界の自分と言っても、様々な容姿をしていた・・・


リーダーの様に、おぞましい姿になった者・・・


男性の様に筋肉が発達した者・・・


魂だけの姿になった者・・・


本当に様々な仲間が居た・・・だが、その全てが、あの子供と似た姿になっていた・・・


全く同じではない・・・あの子供が大人になったような容姿の者・・


様々な種類の獣耳や、尻尾を生やしている者・・・


胸が大きい者、小さい者・・・


何より、殆どの仲間が性別が無かったはずなのに・・・全員が女性に変えられていた・・・


そして、一番の驚きは・・・その姿の仲間を見ても、さっきまで、違和感を感じず、当り前の姿だと認識していたことだ・・・


(常識変換?!それとも、現実改変?!!どっちにしても!!全ての仲間に対して・・・これだけの事をするなんて・・・)


・・・この状況・・・自分だけでは、解決できない・・・そう、判断し・・・


私は今にも叫びそうになる自分を抑えながら、急いで、気絶をしている仲間達を起こそうとした・・・


「あら、もう起きたの・・・?眠りが浅かったかしら・・・?」


あの子供の声が聞こえた・・・私が急いで声が聞こえた方向を向くと・・・そこには、リーダーと対峙をした、あの子供が微笑んで立っていた・・・


「もう少し、寝ていても良かったのに・・・」


そういう、彼女は、子供でありながら、どこか、大人を感じさせる余裕を持っていた・・・


「・・・貴方は何者・・・?それに!!リーダーは!!」


私は思わず感情的になって叫ぶ・・・!


言った所で、そう簡単に教えてくれるはずが無い・・・それが解っていても、私は叫ばずにはいられなかった・・・


私達の居場所を作ってくれたリーダー彼女だけは、守り抜く・・・そう皆で決めたのに・・・守り切れなかった・・・


その事実に私は歯を食いしばる・・・


「私はフウ・・・リーダー・・・?ああ、あの人ね・・・大丈夫、あの人は、お父様と一緒に幸せに過ごしているから・・・」


そう言って、彼女は、微笑みかける・・・幸せに・・・?誰が・・・?リーダーが・・・?何をほざいでいる・・・この子供は・・・?


その前にお父様って誰だ・・・?


様々な疑問が私の頭をぐるぐると廻る・・・


「何を・・・?!」


「うーん・・・とりあえず、皆起こしましょうか・・・?後、私が思っている事も、教えますね♪」


そう言うと、彼女は魔力を一瞬放出させたかと思うと・・・この空間、全てにその魔力が行き渡った・・・


そして、同時に・・・何故・・・彼女が・・・この世界にやって来たのか、解った・・・


私達が世界に否定され・・・孤独になったのを知った彼女は・・・


自分と同じ様に・・・お父様・・・ご主人様の奴隷にして幸せにしようとして・・・


私達をこの世界に連れて来た・・・


・・・・・・・・・ちょっと待て・・・・色々突っ込みたい事があり過ぎるのだが・・・・


周りの仲間達も目を覚まし・・・そして、今頭に流し込まれた情報を理解させられる・・・


寝起きだろうと関係無い・・・強引に結果だけ、状況と情報を理解させられる・・・


その為、仲間達は、全員目を覚ますと・・・様々な反応をし始めた・・・


ある者は目を白黒させ・・・ある者は頭を抱え・・・・ある者は目の前の子供に対し、罵声を上げ・・・


ある者はいきなり笑いだした・・・


そうなるだろう・・・現に私が頭を抱えている・・・


様々な世界の人々を恐怖の渦に沈め・・・殺して・・・最後には世界そのものを消滅させてきた私達・・・


そんな畏怖の対象である私達を・・・奴隷にする為だけに・・・たった一人で、私達の世界に殴り込みをかけてくる・・・


はっきり言って、狂っている・・・それ所か理解が出来ない・・・


しかも、それが全て、善意でしている事を理解させられている・・・はっきり言って、異常だ・・・


様々な世界を壊し・・・人間を恐怖や物理的に壊していった、私達も大概だが・・・彼女はそれ以上じゃないだろうか・・・そんな事すら考えてしまう・・・


そして、それを可能にする力を持っている・・・その事に恐怖を感じる・・・


「むう・・・ちょっとうるさいですねえ・・・黙って下さい!!」


そう言うと、周りが静かになった・・・弾糾していた仲間達も全員叫ぶことが出来なくなり、地べたに座り込んでしまう・・・


ああ・・・そうか・・・もう既に・・・支配を受けているんだ・・・


私は理解をした・・・変えられたのが、姿、形だけでは無いという事に・・・


恐らく、私達はもう既に、彼女の一言で思い通りに身体を動かせられてしまう身体に変えられている事に・・・・


そして、恐らく、精神も・・・・・


「とりあえず、お父様を呼びますね♪」


そう言うと、彼女は、誰かを・・・転移してきた・・・


その者の姿を見た瞬間気づく・・・今まで生きて来たのは、彼の為に生きて来たのだと・・・そう思った・・・


(違う!!これは!!あの女が私の精神を弄った為に感じている!!幻影!!勘違い!!私は!!誰にも支配・・・)


彼は私のご主人様・・・


(何を考えているの!!私は!!世界を恐怖に陥れて消滅させて来た!!邪神とも言うべき存在!!誰かに膝まつく者では・・・)


・・・・本当に・・・?私は・・・誰にも支配されたくないの?


(そんなの当たり前!!誰が見ず知らずの人物に・・・膝まつきたいと思う・・・)


・・・今まで居場所も無く・・・どこか心が満たされないって思っていなかった・・・?


(そんな事は無い!!仲間達が居る場所が私の居場所だ!!心が満たされないと思ったこと等一度も・・・)


本当にないって言える・・・?


(・・・私は・・・)


大丈夫・・・彼なら・・・私達を・・・受け入れてくれる・・・・


(・・・わ・・・た・・・し・・・・は・・・・)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます