絶対神の最後

私は、邪神ドーラ・・・絶対神ドーラと言った方が良いのかな?の封印を解いていく・・・


うん・・・なかなか難しいなあ・・・


『封印を解くな・・・・』


むう・・・なかなか難しいですね・・・


『封印を解くな・・・!』


もう!難しすぎです・・・これ!!


『封印を解くな・・・!!』


『うるさい!!黙って!!!』


もう何!!さっきから!!封印を解こうとすると、話してくるの!!私はお父様以外と無駄話するの嫌いなの!!


『・・・聞こえているのなら・・・話が速い・・・封印は解くな・・・!!』


『貴方が精霊さんの思い人?まあいいや・・・嫌です!!』


もう!!私がせっかく貴方を解放しようとしているのに、邪魔しないでよ!!


『精霊さん?とにかく!!今すぐやめろ!!こいつはお前が相手に出来る奴じゃあ・・・』


『うるさいので、念話遮断しますね・・・』


そう言って、念話を切る・・・たく・・・・一緒に封印されているのなら・・・そのまま黙って封印されていればいいのに・・・邪魔をして・・・まあ、そう言いたくなるのは解る・・・確かに相手の力は膨大である・・・


加えて、恐らく、私の推論が間違っていなければ、相手は、他の世界から、力を奪うことが出来る・・・しかも、使い続ければ、全ての世界を消滅させてしまうと言う極悪で巨大な力だ・・・


まあ、それを解った上で私は挑んできているのだ・・・邪魔をしないでよ!!


そうこうしている内に、絶対神ドーラに掛かっている封印が緩んできた・・・


「・・・・・・・お父様・・・・ありがとう・・・・」


お父様に、一応、一言、言っておこう・・・もしかしたら、この場で、死ぬかもしれないから・・・それだけ、私はこの絶対神ドーラという相手を軽視していない・・・


分体の身体と闘った時に、感じた途轍もない力・・・しかも、逆探知した時に、調べた相手の能力・・・いずれも、その時の私では到底、敵いっこない相手だった・・・


だからこそ、努力をした・・・絶対に勝てる様に・・・絶対に負けない様に・・・必死になって修行した・・・そして、今日・・・その修行の成果を見せる時・・・!


そして、封印が解けた・・・よっし!上手くいった!!と同時に現れ始める、絶対神ドーラと魔神獣・・・数百体だっけ?まあ、この位なら、今の私なら一人でも相手にできる・・・ただ、問題は、絶対神ドーラだ・・・


どこまで実力を隠し持っているのか・・・それが、一番の問題だ・・・


『・・・・何のつもりだ・・・?』


「・・・・?」


・・・?何この神・・・いきなり、何のつもりだって言ってきて・・・?


『何のつもりで、私の封印を解き!我を解き放った??!!!』


ああ・・・私が何で封印を解いたのか気になったのですね・・・まあ、いきなり、私が来て、封印を解いたら、疑問に思いますものね・・・


・・・それにしても、ドーラ・・・どう見ても、隙だらけだなあ・・・油断していなかった分、ズアルの方が強い様に見えるんだけど・・・気の所為・・・?


っといけないいけない!!恐らく私を油断させるつもりであんな隙だらけの姿を見せているんだろう・・・まあ、そんな誘いに引っ掛かりませんよー!!


「そんなの決まっています。貴方を倒して、平和になった世界でお父様と過ごす・・・その為に来ました♪」


私はそう、高らかに言った・・・絶対に倒す・・・その意思を込めて・・・


・・・それにしても、本当に隙だらけだ・・・これが演技なら、逆に攻め入る隙が無いぞ・・・どうしよう・・・


『私を倒すだと・・・?』


「ええ・・・」


うーん・・・どうしよう・・・


『本気で言っているのか・・・?』


・・・とりあえず、私の偽物を魔法で作って、彼女の後ろに置いてみますか・・・


「本気です」


魔法で作った偽物で言葉を発する・・・そして、そのまま、絶対神ドーラは偽物と向き合い、対峙をした・・・って・・・


えぇぇぇぇぇ・・・・普通気付くでしょう・・・確か、絶対神ドーラの能力の中に、全ての事柄を見通す力もあったはず・・・・いやそれは、絶対神ドーラと繋がっていた世界の話で、封印の為だけに存在しているこの世界は対象外か・・・


いや!それでも!普通少しは可笑しいと思うでしょうが?!


『・・・それは、思考がお気楽すぎないかナア・・・』


そう言って、力を溜めだす・・・絶対神ドーラ・・・どうでもいいんですが、貴方が話をしているの・・・偽物ですよ・・・


そうして、ドーラは力を解き放った・・・確かに強い・・・とは言え、それでも、私は正面から戦える・・・いや、勝てる程、強くなっている・・・圧勝までは・・・・


・・・・・・・これならいけるかも・・・どう見ても、想定内の力しか出していない・・・・


しかも、戦いを始めたと言うのに、相手・・・偽物だって気付いていないし・・・・と言うより、他の魔神獣すら全部この偽物に向かって行ってるし!!


普通・・・・全部向かわせる?!第一、私以外にも、クロリ―やウムフだっているんだし・・・そっちの注意はしなくていいの!!?第一、そんなに一斉に向かって行ったとして、全員が攻撃出来る訳では無いでしょうし・・・


もしかして、私が作った、偽物以外眼中にない?いや・・・まさか・・・だって・・・ねえ・・・せめて、本物か、偽物位は判別つくでしょう・・・?


私は・・・絶対神ドーラに近づいてみる・・・私の偽物に攻撃するのに夢中だ・・・気づいていないようだ・・・


・・・もっと近づく・・・気づかない・・・更に近づく・・・気づいてくれない・・・後ろに立つ・・・・全く気付いていない・・・


いや!!本当に何で!!後!!本当に全部の魔神獣を私の偽物に攻撃させているの!!他の人達に攻撃とかしないの!!その時は私が全力で止めるけどさ!!


何の為に!!クロリ―達を連れて来たのか!!解んないじゃん!!


「・・・・こんなに・・・絶対神って・・・・・こんなに・・・」


私は・・・偽物を通して、呟く・・・・絶対神ってこんなに・・・・


「何で・・・こんなに隙だらけなの・・・?絶対神なのに・・・」


・・・・ねえ・・・私・・・色々準備していたんだよ・・・ドーラの能力を封じるための道具・・・様々な種類の魔法陣、魔法の開発・・・奥の手・・・・・それなのに・・・・何で!!偽物一つに引っ掛かってるのさあ!!!!!


そんな事を考えながら、さっきから、ずっと準備していた魔法陣をドーラと魔神獣に展開させる・・・


準備する時間は私の偽物を相手してくれたおかげで、いくらでもあった・・・本当にいくらでも・・・・・数百匹も居たが、魔神獣と絶対神ドーラは、力を与える際に、繋がりを持っていた為、その繋がりを利用して、一緒に動きを止めた・・・


その間・・・本当に一秒もかからなかった・・・・


・・・・本当に・・・!!今までの苦労を返して!!!!訓練の時間を使えば!!!どれだけ!!お父様と触れ合える時間が増えたと!!!!どれだけ!!!話が出来たと!!!!返して!!!!返してよう・・・・・


『・・・・・な・・・・に・・・・・』


ドーラが驚愕の顔に歪む・・・


・・・私の方が驚愕ですよ・・・絶対・・・て名乗る位なのですから・・・


せめて・・・本物か偽物位区別してくださいよ・・・確かに、絶対にバレない様精密に作った偽物だけどさあ・・・全然バレない何て・・・・


『・・・・・・いつの・・・間に・・・・・・後ろに・・・・』


・・・・もしかして、本物である私が後ろか現れたのに・・・今まで偽物と闘っていたのも気づかないんでしょうか・・・?


いやいやいや!!確かに、神に対してもバレない様に精巧に作った偽物だけれども・・・神に気付かない位の隠蔽魔法を自分の身体に使っていたけれど・・・この状況で気づかないはずが・・・・


『・・・これは・・・封印か・・・・・だが・・・・お主だって・・・先程の・・・攻撃で・・・弱っているはず・・・しかも、これだけの数の・・・魔神獣を同時に封印・・・さぞ辛かろう・・・私が全力を出せば・・・・この程度の封印・・・解いて・・・』


・・・・・・・・・・・・・・・気づいていなかったあああああああああああああああ!!!!!!!!!


ちょっと待って!弱ってるって!!弱っている訳ないじゃん!!闘っていたの偽物なんだし!!


ほら!!私さっきの偽物と違って傷1つついてないじゃん!!何で気づかないの!!何で!!どうして!!!


『・・・・この程度・・・・うおおおおおぉぉぉぉぉぉおおおおお!!』


・・・いや・・・解けないからね・・・さっきの身体だけ丈夫な偽物な訳じゃないし・・・第一、これ、封印をしていた・・・精霊さんの思い人・・・確か、ロイドだっけ、その人の封印をさっき解除した時に覚えて、使っているから、解けないと思うよ・・・・


・・・・封印を解く方が、絶対神ドーラを倒すより苦労したんだけど・・・・・もういいや・・・とっとと終わらせて、お父様と一緒に帰ろう・・・


私は、1つの身体を作り出す・・・確か、精霊さんの記憶では・・・こうなっていたはず・・・・


うん!こんなものか・・・それにしても、ずっとどうやって、絶対神ドーラを捕まえて、この作業をするのか考えていたんだけど・・・こんなあっさりと成功するとは・・・本当に・・・今までの苦労は・・・


私は溢れ出る涙を拭いながら・・・精霊さんの思い人・・・ロイドの魂を絶対神ドーラから剥がしとる・・・


『フハハハハハハ!!!私の中から鬱陶しい奴隷の魂を引きはがしてくれるとは・・・これで本当の力が・・・』


・・・・何か、絶対神ドーラが何か言っているが無視・・・確かにさっきより力は強くなってるけど・・・どう考えても想定内・・・むしろ・・・その程度の力でこの封印が解けるとでも・・・?


まあいいや・・・とにかく・・・・この魂を・・・


『ウオオォォォォォオオオオ!!!』


煩いので・・・音が外に漏れない様に封印を改良する・・・これでよし!!


そして・・・魂はっと・・・うん!入った!!!


「・・・・ここは・・・・・」


よし上手くいった!!後は・・・・精霊さんを連れてきて・・・


『我は・・・ぜ・・・・負・・・・・・・・・・』


「うるさい!!あっ・・・・」


やば・・・・思わず・・・全力で魔力を込めたら・・・・絶対神を・・ドーラを・・殺しちゃった・・・・・・・


「・・・おい・・・今のって・・・・」


先程まで魂だけだったロイドがこちらに向かって聞いてくる・・・まあ・・・いっか・・・元々倒す予定だったし・・・・


「・・・絶対神ドーラは死にました・・・」


「いや・・・でも・・・さっき・・・あっ・・って・・・」


「ドーラは死にました・・・」


「ああ・・・そうか・・・」


・・・・何なんだろう・・・この空気・・・私・・・倒したんだよね・・・絶対神・・・それなのに・・・この微妙な空気・・・・・・・


・・・魔神獣もドーラが死んだら、かなり弱体化・・・いや存在するのさえ難しくなっていた・・・・・力だけ奪って、後は、消滅させておこう・・・・


何だろう・・・これ・・・本当に何なんだろう・・・


もういいや!!精霊さん・・・お母さんを呼んで!とっとと終わりにしよう!!そう思い、転移魔法を発動させる・・・ここの座標・・・神界でも、現界でもないから、指定するの難しいけど・・・何とかなった!!


「・・・ここは・・・フウ・・・お主が呼ん・・・だ・・・・の・・・・・か・・・」


精霊さんの顔が驚いた顔になり・・・やがて・・・すぐに泣き顔になって・・・精霊さんの思い人・・・ロイドに向かって走っていった・・・・


・・・・以前・・・精霊さんに契約について聞きに行った時・・・精霊さんがお母さんだってわかった時・・・、私はずっと気になっていたのだ・・・


精霊さんは私を誰かと重ねていると・・・それは、ずっと、気になっていた事・・・私が、精霊さんの村に行った時から、彼女は、私を見る時、どこか遠くを見る目をしていた・・・恐らく、私を誰かと重ねていたのだろう・・・何となく子供ながら、想像がついた・・・


だから、私は、少しでも、生んでくれた恩返しがしたくて、精霊さん・・・ううん、お母さんが私に重ねている人の事を調べた・・・


・・・だって・・・お母さんが居なければ、私は生まれず、お父様に会うことが出来なかったのだから・・・その恩を返したかった・・・


・・・方法は・・・・精霊さんに内緒で記憶を見て、誰と私を重ねているのかを調べたのだ・・・本当は内緒でやるのは、精霊さんも嫌がると思ったのだからだ。


それに何より、自分から、精霊さんは話さないだろうし、何より、自分の母親と知った今、どういった気持ちで、私に接していたのか、知りたくなったという気持ちがその時、強くなった・・・


今までは、もし私の考えが違ったらという思いと・・・もし本当だったとしても、私自身に恐怖を抱いている、母親の記憶何て除きたくないと言う思いから、見る事は無かった・・・・


だけど、今、私には、お父様と言う、ご主人様が居る・・・どんな思いだったとしても、受け入れられる・・・そう思って精霊さんの記憶を見た・・・


そして、知った・・・私への思い、例え、恐怖を抱いていたとしても、そこに、私を拒絶をする言葉は一切なかった・・・


そして、同時に知った・・・ロイドと言う・・・精霊さんの思い人である男の人の事を・・・


『彼は・・・ロイドは、自分自身を犠牲に絶対神ドーラを封印をして世界を守った・・・だから、私がロイドを無くして寂しい思いをしても仕方がない・・・だってロイドは、世界を守る為に・・・犠牲になったのだから・・・ロイドは世界を守る為に・・・犠牲に・・・・』


そんな言葉がずっと精霊さんの心の中で埋め尽くされていた・・・


・・・精霊さんはずっと心の中で悲しんでいたのだ・・・誰にも、言わずに・・・ずっとずっと思い続けながら・・・・


私は・・・何だか!無性に腹が立った!!もし!私がお父様に会えなくなったらどうなるだろう・・・・生きていること自体嫌になって・・・全ての事がどうでも良い事に置き換わっていただろう・・・


それを・・・世界の平和の為に・・・犠牲にするなんて・・・・


私はその時に誓った・・・どれだけの年月をかけても・・・精霊さんをロイドに会わせると・・・・いつか・・封印を解き・・・ロイドの魂を精霊さんに会わせてみせるとそう誓ったのだ・・・


・・・だが、誓ったのは良いが、私にはお父様が居る・・・だから、私は絶対に勝てると思うまでは、戦いを挑むつもりは無かった・・・・


・・・そのつもりだったのに・・・・・何で・・・一年で成し遂げちゃったんだろう・・・・私・・・


しかも・・・終わり方も何か・・・一瞬で終わっちゃったし・・・いや・・・私が魔力を込めたのがいけなかったんだけどさあ・・・それにしたって・・・


「うぁあうああああああああ!!!」


精霊さんの泣き声で、我に返る・・・そうだこんな事を考えてないで・・・私も早く!お父様の所に戻らなくては!!


「ちょっと待って!!状況が全然わからないんだけど!!!」


何か!ロイドが叫んでいるが関係ない!!私は早くお父様の所に行きたいのだから!!


「後は!!精霊さんに聞いて下さい!!」


早く!お父様の所に行って!!頭を撫でてもらおうっと♪

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます