神界へ誘い

フウに説教をしていたら、神様が何故か、話しかけて来た・・・


いや!待って!!脳が追い付いていかない!!!


「えっと・・・本物の神様なんですか?」


俺は、何とかそれだけを言う・・・って何を聞いているんだ俺!!他に聞く事いっぱいあるだろうが!!


『偽物か、本物かと言われたら、本物です。とはいえ、証明する手段はないでしょうけれどもね・・・・』


・・・いや・・・確かにそうなんだけれども・・・駄目だ・・・全然頭が追い付かない!!!


「・・・それで、何か用ですか?」


フウが神様に話しかけ始めた・・・すげー棘がある言い方をしているが、今、話をしている人神様なんだよ・・・解っている?


『・・・ええ・・・貴方に聞きたい事があって来ました・・・フウ・・・』


「・・・何・・・?」


うん、いつにも無くそっけない返事だ!フウの奴、何か俺以外の人に素っ気ない態度、とったりするけど、まさか、神様相手にするとは・・・・・・・・・まあ、今更感があるか・・・勇者何て、ぶっ飛ばしてたくらいだしなあ・・・


『・・・貴方のその力・・・何に使うおつもりですか・・・?』


「・・・?邪神・・・ドーラの本体と闘う為に強くなっているだけだけど・・・?」


『・・・なっ?!正気ですか!!』


「・・・?正気も何も、お父様と一緒に居られなくなる可能性が少しでもあるのなら、排除するだけです・・・」


『・・・・貴方にそれが出来るとでも・・・?』


「・・・?よく解らないけど、一応、ドーラの本体と闘えるくらいには強くなったつもりなんだけど・・・」


『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


・・・すまん!全然話がついていけない!!!!えっとつまりどういう事?というより邪神って何だ!!!話が全く解らん!!!


『・・・神界には来れますか・・?』


「・・・行った事は無いけど、多分・・・」


すると、何か、門みたいなのが、現れた・・・何だこれ・・?


『・・・こちらに・・・創造神ズアル様がお待ちです・・・』


ちょっと待って・・・創造神って何??・・・もう、訳が解らない単語ばかりでてくるんだが!!!


「待て!!何故!!いきなりフウを神界に連れて行く!!」


あっ精霊さんが再起動した・・・


『・・・絶対神ドーラを倒す・・その言葉の真意を確かめる為です・・・』


「だからと言って生身の身体を持つ者が・・・っておい!フウ!!』


何か精霊さんが喋っている内に、フウが門に向かって歩き始めた?!


「待て!フウ!!」


精霊さんが何か言っているが、お構いなしに進んでいき、そのまま門の中に消えるフウ・・・そして、すぐに門の外に戻って来た・・・


「大丈夫そうです!お父様行きましょう!!」


口を大きく開けている、精霊さん・・・えっと大丈夫・・・?


そして、それを意に返さず・・・俺の手を引っ張ってくるフウ・・・えっと・・・・精霊さん放って置いていいの?あれ・・・


『・・・やはり・・・彼女は・・・・ですが、神界に来れるのは、恐らく、あなた一人・・・他の人達は残って・・・』


「はい?」


『ですから、あなた以外は残って・・・・』


「はい?!」


『いや、そんな風に脅されても、無理だと・・・・』


「大丈夫です・・・」


『いやですから・・・・』


「大丈夫です!!」


『・・・すみません、解りました・・・』


いや!いいの!!そんなにあっさり引き下がって!!何か重要そうなこと言ってたけど!!あっさりと認めちゃって・・・というか!行けるの!!!本当に!!!


それに、俺だけじゃなくて、当然の様にクロリ―とウムフ、ニウ、ロームも後ろから付いて来てるし・・・今更ながら、ニウとローム・・・赤ん坊が、空中に浮いているの・・・シュールだなあ・・・ってそうじゃない!!


「なあ、フウ・・・俺は残った方が・・・」


「お父様は付いて来てくれないんですか・・・?」


そう言って、上目使いで見てくるフウ・・・・こんな事されたら、断れる気がしない・・・


「・・・行く」


「ありがとうございます!では!!行きましょう!!」


そう言って、門まで引っ張っていく、フウ・・・もう既に、魔界に行ったんだ・・・・神界だろうが、何だろうが行ってやる!!


状況は全くもって理解をしていないが・・・


「お父様!行きましょう!!」


そう言いながら、手を引く、フウの後を追って俺は、門の中に入っていった・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます