フウの失敗

魔界から帰って来たのは良いのですが・・・まだまだ不安ですね・・・・


私フウはこれからの先の事を懸念していた・・・・あの、魔界で倒したあの魔神・・・いや邪神ドーラ・・・魔王との闘いで、闘ったのは恐らく、分体・・・本物のドーラの意識では無かった・・・もしあの時、本物のドーラだったら、もっと神の力を引き出されていたら・・・私は恐らく勝てなかっただろう・・・


それにこうも思う・・・あの邪神がこのまま、終わるはずが無いと・・・


このままじゃあ、いつか、この平和は壊される・・・そんな予感がする・・・私はそう思った・・・


だったら!強くなればいい!!そう思い!私は訓練を始めました!!!


訓練場所は、私が作り出した、現実世界と切り離しをした空間・・・ここ以外で訓練をすると、外の世界がどうなるか、解らないので、この場所でやる事にしました・・・


ちなみに、お父様にも、この空間にはいてもらっています・・・本来は居なくても大丈夫なのですが・・・この私が作った空間は完全に外部と接触を立ちます・・・そうなるとお父様を全く感じることが出来なくなってしまう為・・・私が耐えられなくなってしまいます、なので、お父様に土下座して、来てもらいました・・・


お父様には最大限の結界を張っているので、何かの間違いで、怪我をする心配もありませんし・・・大丈夫でしょう・・・


それからその空間で訓練をやる様になりました、始めは一人で訓練していたのですが・・・お父様と一緒にこの空間に入ってきたクロリ―が念話で・・・


『おねえちゃん・・・わたしも・・・』


と言って来たので、訓練に参加するのを許可を出しました・・・別にいいけど、結構、ハードだよ?


「いや駄目だって!!!クロリ―も戻って来い!!!おーい!!!」


・・・お父様が何か言っていますが、クロリ―本人の意思を尊重したいですし・・・何より、本人の目がやる気に満ち溢れています・・・断る事なんて出来ません・・・まあ、本人がギブアップしたら別ですが・・・


・・・それから、1カ月後・・・クロリ―はギブアップせず、フウと一緒に訓練をする姿があった・・・自らの足で走りながら・・・・


・・・・・・・・・・あれ?まだ、赤ん坊の年齢じゃなかったっけ・・・?まあ私も普通に赤ん坊の頃から走ったりできたし・・・やっぱり、書物に書かれている事間違ってるよ!!


バクバ王の知識も魔族の赤ん坊でも、人間の赤ん坊も同じ速度で成長するって記憶だったけれど・・・バクバ王の知識も間違ってるとは・・・・


・・・生まれたら一年位でやっぱり走れるようになるんだって!!!・・・私は半年だったけど・・・・やっぱり実際に見て見ないとこういったのは、解らないなあ・・・・


そうこうしている内にウムフも、魔法を使う様になった・・・それはいいんだけど、この子、まだ、歩く兆候すら、見せないんだけど・・・大丈夫なのかな?・・・まあ、クロリ―も走り出したの、この最近だし・・・その内、走り回れるようになると思うけど・・・・


せっかくなので、ウムフにも、訓練を参加させるようにしました!!!魔法がある程度、使えるなら、少し位参加させても大丈夫だよね!!!


「いや!!だから!!何で赤ん坊に訓練参加させているんだよ!!!ちょっと聞いてる?!」


お父様が何か言っていますが、とにかく、やってみましょう!!!


---------------------------------


『ねえ、おかあさん・・・わたしも、おとうさまとけいやくしたい・・・』


私達が訓練していると、ウムフがそんな事を念話を使って言ってきた・・・どうしてと聞くと・・・


『だって、おかあさんとくろりーがおとうさまといっしょにいないときでも、つながっているんだもん、わたしも、おとうさまといっしょにいたい・・・』


ウムフには、私の記憶を与え・・・成長を促す様にしていたのだが、その時、私自身の感情も入ってしまったらしい・・・お父様の執着心も引き継がれてしまっていたようだ・・・・まあ、お父様に対する感情は悪いものでは無い様だし・・・それに・・・・


『・・・わたしだって、もっと、おとうさまといっしょにいたい・・・』


そういう、ウムフの表情はどこか寂しそうだった・・・確かに、ウムフが生まれてすぐ、私とお父様は魔界に行ってしまった・・・


その後、一カ月後に、ウムフの様子を見にと私の記憶を与える為に私だけ、戻ってきたりしていたのだが・・・ウムフはお父様と余り接する機会が無かった・・・・


一週間毎に家に戻って、記憶を与えたりはしていたのだが・・・そうよねえ・・・寂しかったんだろうなあ・・・今は、お父様と触れ合ったりする時間をある程度持っているけど、それでも少ないんだろうし・・・


よし!!何とかしよう!!!


そうして、私は、お父様に無許可で、ウムフとお父様の契約をするのであった・・・お父様に影響ない様にするから・・・大丈夫、大丈夫!!


----------------------------------


・・・・そうこうしている内に訓練を初めて・・・半年後・・・私は、かなり強くなっていた・・・・どの位かと言えば・・・・・・自分でもわからない・・・ただ、自ら作った空間以外で、力を出すと、外の世界がとんでもない事になる事は解っていた為、力を封印しながら、外の世界では生活を送っていた・・・


クロリ―も、ウムフも強くなり過ぎた為、力を外の世界で出さない様に封印をしている・・・というより・・・2人共強くなり過ぎ・・・下手をすると、訓練する前の私より、強くなっていない?2人共??


まあ、ウムフの立ち歩きはまだまだ不安定なんだけど・・・・歩くこともおぼつか無いのに・・・その状態でここまで強くなるとは・・・・


そうこうしている内に、私は二人目、クロリ―は初めての・・・・・・が出来た・・・2人の名前はそれぞれ、ニウ、ロームとお父様に名付けられた・・・


せっかくだから、この子達にも、契約をしてあげよう・・・クロリ―のロームには自分で、やってあげてね♪


えっお父様に許可を取らなくていいのかって?クロリ―はお父様に負担になる内容で契約するつもり・・・?違うよね・・・?だったら、大丈夫だよ!


もう、ウムフも契約しちゃったし・・・・今更一人、二人増えた所で、お父様の負担にならない様にする契約するから大丈夫!!やり方わからなかったら、教えてあげるから・・・ね♪もう、赤ちゃんの寂しい顔見たくないしね・・・


・・・・契約をしたら、ニウとロームの二人がいきなり、魔法を使える様になっていた・・・・・・


・・・・この子達、まだ、産まれて、一週間経っていませんよね・・・・?精霊さんの気持ち少し、解った気がします・・・


そう言えば、最近、お父様が、訓練内容を目で追えている様ですが・・・最初の頃、私達の訓練内容、知覚すら出来ていませんでしたよね・・・・・・・もしかして、お父様・・・目で終える様になってる?


・・・・・・・・まあいいか!!お父様が強くなるのは良い事だし!!


・・・・・それから、更に半年後、私は外の世界で、絶対に力を見せれない位、力が向上していた・・・・


ニウとロームも絶対に外で封印は解けない位、強くなった・・・・・ニウとロームも、魔力だけなら、訓練前の私・・・それを遙かに超える力を手に入れた・・・


そんな時に、事件は起きた・・・・・


「フウ!!!」


「はい!どうしました!!」


私はお父様に呼ばれたので、一瞬で転移して、その場にやって来た・・・お父様のしてほしい事が瞬時に解る・・・この契約は本当に良い物だ・・・この時までそう思っていた・・・


「この火の玉止めて!!」


上を見ると、大きな火の玉が浮かんでれるのが見えた・・・だけど、これって・・・


「えっこの魔法・・・お父様のじゃあ・・・」


うん、この魔力はお父様のだ!!この私が見間違える訳が無い・・・何で、止めて何て言うのだろう?自分の魔法なんだし・・・自分で止められるはずなのに・・・


「いいから!速く!!!」


そう言われたので、私は火の玉を消すのに動く・・・お父様の魔力・・・もったいないから、吸収しちゃおう♪


「・・・ふう、おいしかったです・・・」


そう言って、私はお父様の方を向く


「??何で、お父様いきなり魔法を使おうとしたのですか?」


「いや、魔法の練習をしたくて・・・そうしたら、あんな大きな火の玉が・・・」


言われて気づく・・・そうだ、この世界からしたら下級魔法で、あの火の玉は大きすぎるのだ・・・・


そう言えば、お父様の魔力・・・マルイと同じ位、大きくなっていない?自分達が強くなり過ぎて全然気づかなかったけど、お父様の力・・・色々上がっている様な・・・・


・・・・そう言えば、最近、私達の訓練、確認の為に遅い速度でやっていた時、お父様何が起きていたか把握していたような・・・以前は遅い速さでも、認識していなかったのに・・・


私達の力とお父様の力・・・干渉しない様に契約内容を色々弄ってはいたが・・・契約をしている以上、影響を0には出来ない・・・・お父様の身体・・・とてつもなく・・・変化している・・・・


やばい・・・これ・・・私の所為だ・・・お父様も、何か疑っている目をしていますし・・・・えっと・・・困った時の!お母さん!!!


「・・・えっと・・・・そうだ・・・精霊さんの所に行きましょう・・・何かいいアイデアが・・・」


「・・・フウ・・・?」


やばい・・・更に疑いの目が酷くなった・・・もう、これ以上は隠し通せない・・・・


「・・・・精霊さんの所で・・・お話します・・・」


「・・・・よし・・・」


お母さん・・・お願いします!かばって!!!お父様に嫌われたくないんです!!!!


――――――――――――――――――――――――――――――


「・・・なあ、何でこいつ等も連れて行くんだ・・・」


「・・・色々事情がありまして・・・」


そう言って、クロリ―とウムフ、ニウ、ロームを連れて来た・・・精霊さんに説明するのに、必要になると思った為、連れて来た・・・


・・・・いや、お父様・・・契約を勝手にしましたが!!本当に安全なんです!!!お父様が魔法を使ったり、全力で動かない様にして頂ければ、この世界で普通に生きていけるんです!!!


その言葉を口にしたいが、話しをすると、もしかしたら、お父様に嫌われてしまうかもしれないという思いから、自分から話をすることが出来なかった・・・


精霊さん!!誤魔化して下さい!!!!


そんな必死の思いを抱きつつ・・・精霊さんが居る、村に転移をした・・・・


「・・・何だ・・・この魔力は・・・・」


私が転移すると、精霊さんが冷や汗をかきながら、全力速で、外に出て来た・・・どうしたんだろう・・・?


「まさか・・・フウなのか・・・?」


・・・?そうですけど・・・一体どうしたの・・・もしかして、私の力の強さバレて居ます?一応、この村に影響が無い様に封印してきたんですけど・・・・


「と言うより、この大人数は・・・?何があったのだ・・?」


・・・・・・多分、クロリ―とかの本当の実力もバレて居るかも・・・・・・


・・・・どうしよう・・・いややる事は決まっているんだけど・・・・・・・・話すの嫌だなあ


・・・だけど、このままの状態だと、お父様に嫌われてしまいますし・・・・・とにかく、精霊さんに相談しよう・・・多分、私達の実力を見抜く位ですから、誤魔化しても無駄でしょうし・・・全部包み隠さず、話しましょう・・・・


・・・・・お願い!!助けて!!!精霊さん!!!・・・


結果、精霊さんに私は思いっきり怒られ・・・・結局、お父様に真実をそのまま伝えられるのであった・・・せっかく、恥を忍んで相談したのに・・・・グスン・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます