「お父様次は家を買ってみたらどうですか?」


奴隷達を買って意気揚々と大通りを歩いていると、フウにそう言われた・・・


確かに、これだけの人数、宿屋に泊るだけでも相当なお金がかかる・・・


「・・・確かに・・・だけど、俺不動産屋何て知らないぞ・・・」


俺がそう言うとフウが手招きをして不動産屋まで案内し始めた・・・・・・


・・・・・・ねえ、何でこんなに都市のお店熟知してるの?お前、一日しか、街に居なかったんじゃないの?


そんな俺の疑問とは裏腹にフウは不動産屋を見つけ出し、その中に入っていく・・・今度のお店はきれいな外見をしていて、しかも店内も奇麗だ・・・安心した・・・


「いらっしゃいませ!!不動産ヨザへ!」


元気な声が響く、若い男性がそこには立っていた。そして、その隣に獣耳の女性がもう一人立っていた・・・2人で切り盛りしているのかな?


「一番大きな家を、予算は白金貨10枚!!」


店主が店の名前を言い終わるとすぐに、フウが要求を張り切って言い出した・・・いや、もう少し躊躇しようよ!ここ初めてのお店だよ!!というか!予算白金貨10枚って全財産の半分以上じゃあないの?!・・・


俺が心の中で突っ込んでいると・・・


「・・・失礼ですが現物を見せてもらっても・・・」


「お父様」


・・・・2人して話を進めていく・・・というより、いきなり要求したのに、凄い対応力だな店主さん・・・


とにかく、言われた通り、持っているお金をフウに渡す・・・・・お金俺持ってるけどさあ・・・・・


・・・元々お前が稼いだお金だからフウが持っていてもいいんだよ・・・


「これで・・・」


そう言って、フウが白金貨10枚机の上に並べる・・・すると、店主の目がみるみる変わっていった・・・多分、払えないと思っていたな・・・


うん、普通はそう思う・・・・実際、白金貨何て、俺フウが手に入れるまで、手に持った事すら無かったもんなあ・・・・・


「・・・大変失礼いたしました!!それでは紹介します!!ああ、私ですが、店主のヨザと申します!以後お見知りおきを!」


そう言って、若い男は店の奥に入っていった。白金貨を見せたら、テンションがガラッと変わったぞ・・・しかも、すごいはきはき喋るし・・・このままのテンションでこられると、俺ついていけないぞ・・・


そう思いながら、獣耳の女性からお茶をもらいながら、待っている・・・ふと、奴隷達を見ると、ずっと、俺の後ろで、奴隷達はずっと立っているのを確認できた・・・


・・・・宿屋に奴隷達置いてくればよかったなあ・・・俺は、後悔していた・・・奴隷達を買った後、そのまま、この不動産にやって来たのだが、この不動産屋に奴隷達の分の椅子が無いのだ・・・


フウに教えてもらった所、奴隷は主人の所有物な為、基本はお客様扱いしないらしい・・・まあ、フウはちゃっかり席に着いてるけど・・・こんな事になるなら、奴隷達を買った後、宿屋によればよかった・・・そんな事を考えていると・・・


「お待たせ!これ何てどうかな!」


そう言われて、3件の物件を見せられた・・・


1つの物件の書類には大きな家の間取りが書かれていた。場所も地図で街の中心部に近くかなり移動の利便性が高い物件だ。値段は白金貨4枚。


これって・・・完全に屋敷だろう・・・間取りを見てそう思う・・・何でも、これはどこかの貴族が立てたのだが、財政難で売られたらしい、しかもこの屋敷、この街で100年以上前に建てられておりそれなりの歴史を持った屋敷らしい・・・


2つはそれなりの大きさの家の間取りの書類を見せられた。とは言え、それでもかなりの大きさだ。一件目の家がかなり大きかったせいで俺自身の感覚が麻痺をしている・・・値段は白金貨1枚


最後の3つ目の物件の間取り図・・・これには1つ目2つ目の物件とは比べ程にならない程大きい間取りがそこには書かれていた・・・しかも、普通の一件家では無いのが普通のお風呂が、かなりの大きさでこの屋敷にある・・・・なあに・・・この豪邸・・・?


それに加えて庭の大きさも膨大で、ここで農業をしても大丈夫なほど広い。・・・・本当に、何なんだ・・・この物件・・・


この物件は、前にどこかの王族が避暑地として建てたのはらしいが、結局余り使われず、その所為で売られた物らしい・・・ただ、値段が白金貨10枚、高すぎる・・・


「3つ目で」


おい!白金貨10枚って何考えてるんだフウ!全財産の大半だろうが!!・・・奴隷を買った俺が言えた立場じゃないけどさ・・・


第一、元々フウのお金だから、俺は文句は言えなし・・・それに、この屋敷を買ったとしても、白金貨7枚は残るか・・・


「・・・大丈夫ですか?この屋敷、維持費だけでも金貨を使いますけど・・・」


ほら、さっきまで元気いっぱいな返事をしてた店長さんまで何か、やめた方がいいよオーラ出してるよ・・・というか、維持費で金貨ってどんだけだよ・・・


「いいえ、この屋敷にします・・・見せてくれますか?」


フウはそう言って、不動産さんに物件を案内させる様促した・・・いや確かに俺さっきまで、奴隷達を立たせている事を心配していたけど、そんな速攻で決めて大丈夫?


そんな事を考えている内に、フウは不動産を説得し終えていた・・・


「お父様!話が纏まりました!付いて来てください!!」


その言葉に俺と奴隷達はフウと不動産屋の後ろを着いていくのだった・・・


「なあ、フウ本当に今から行く屋敷でいいのか?」


着いていく間、そう俺は言う・・・・


さすがにあの屋敷は高すぎないか?そう思い、少しでも思い留まってもらおうとそう聞いたのだが・・・


「ええ、お父様もきっと喜んでもらえると思います!!」


そう、笑顔で言われた、そんな笑顔で言われると、俺・・・駄目とか、やめた方が良い・・・と言う言葉が出なかった・・・本当に大丈夫なのだろうか・・・


そうして、不動産に着いていくこと30分後・・・


「見えてきました・・・あちらです!!」


そう言って不動産屋が指を指す・・・ようやく、見えてきた・・・


って何だありゃあ!!!


まだ遠いけれども、ここから見てもすごい大きさだぞ・・・あの屋敷・・・えっ本当にあれ買うつもりなのか?


「もう少しです・・・」


そう不動産に言われた。いや!本当にあそこに行くの?そう言いたがったが、ここまで来るのに、30分かけてやって来ている・・・今更戻ると言う選択は出来なかった・・・


そのまま、俺達は黙々と歩いていくのであった・・・


・・・・・・10分後ようやく着いた・・・何この移動距離・・・罰ゲーム化?


そう思いながらも、目の間にそびえ立つ、建物を見る・・・でか過ぎる・・・いや本当にここなのか・・・


そう思いながら、そのまま庭に入る・・・・・・・すげー・・・本当にそんな言葉しか出てこなかった・・・家もさることながら、庭もでかい・・・しかもきちんと花壇もあり、少し荒れているが、花もきちんと植えてある・・・・


何で花壇とか、荒れずに残っているのか、聞いてみると、何でも、この屋敷売りに出されたのは最近で、一応その前は王族の所有物という事で国で管理していたので、売りに出る前は、庭師を雇い整備もきちんとしていたらしい・・・


ただ、使ってない別荘の維持費も馬鹿にならないという事で今になってこの屋敷は売りに出されたと不動産屋は言った


すざましい庭を見て、夢現のまま家に入ると、すざましいのが庭だけでないことが分かった・・・


入ってすぐの玄関ホール・・・そこがまた凄い広かった・・・いや広すぎた・・・少し年期は入っていたが、豪華な装飾が所狭し玄関ホールを装飾されており、ただ、そこにいるだけで俺は圧倒されていた・・・・・・・・・・・・・・・・・なあ、フウ・・・・・・俺、本当にここに住むの?


そんな事を考えていると・・・


「決めました、ここにします!!」


とフウが言い放った!!


いやいやいや・・・


「本当に買うの?!」


「・・・?お父様は気に入りませんでしたか・・・」


そう言うと、フウは下を向いてしまった・・・いや・・・その・・・・えっと・・・


「・・・好きにしていいよ・・・」


「ありがとうございます!お父様!!」


そう言うと、フウは顔を上げて笑った・・・いや・・・いいけどさ、このお金フウのお金だし・・・いやだけど、本当に良いの?白金貨10枚だよ!!


そんな思いとは裏腹にフウはどんどん話を進めてしまう・・・そして・・・


「・・・解りました、後は手続きが終わり次第、ご案内を・・・」


「今から使っていいって言ってくれたら、即金を渡すけど、どう?」


「・・・解りました。それで大丈夫です」


そう言うと、フウは不動産屋に白金貨10枚を渡すのであった・・・いやマジで?


俺が家に圧倒されている間フウは話を纏まめ、不動産屋はそのまま帰ってしまった・・・えっと、本当にここに住むの?


「あっお父様、宿屋の荷物とチェックアウト、後日用品を買ってきますので、他の方々と話しててください」


そう言ってフウは外に出ていく・・・前からだけど、お父さん・・・フウのその行動力に着いていけない・・・


----------------------------------


フウが帰ってくるまでに奴隷達と色々話した。話をした場所は玄関ホールである。えっ部屋で話をしないのかって・・


・・こんだけ広いと移動するのも大変だし、その前に道に迷いそうなんだよこの家・・・その位広いのだ・・・・第一、部屋の場所知らないし・・・


始めに話をしてくれたのはエレナだ。エレナは近くの教会でシスターをしていたが、経営難で教会を助ける為、自ら奴隷になったらしい。時間がある時に、教会に行きたいとエレナが言ったので許可を出した。


ユウナは一緒に闘った仲間が大怪我を負ってしまい、薬を買う為に奴隷になったと言った。今は離れてしまったが、無事仲間は治ったという事で後悔していないと言っていた・・・


ニームは元来無口なので理由を聞きだすのに時間が掛かったがそれでも話してくれた。


無理して話さなくてもいいとも言ったのだが、皆が話をしているからと言ってきちんと理由を言ってくれた。


・・・何でも、一緒に冒険していた仲間に騙されて奴隷に落とされた様だ・・・何でも冒険者になって日が浅く、ほとんど初心者だった為、一人で行動するよりはいいと考え、とりあえずどこかのパーティーに入ってしまったのが悪かったらしい・・・


大変だったなと言って、ニームの頭を撫でたが、同情をして奴隷の契約解除何てしない・・・夢の奴隷なんだ!手放してたまるか!!


ファンは・・・まだ、心を開いていないので、保留にしておいた・・・生い立ちも、奴隷商人に聞いたしな・・・


その後、ユウナにフウの事を聞かれたので話した。・・・フウが自分から奴隷になったと言った時・・・


「・・・えっとまじで・・・・・・」


と言ってユウナは固まっていた。ユウナは目を見開いて口を開けていた・・・ニームですら目を見開いていた・・・


「・・・嘘ついていないだろうな・・・」


「そう思うなら、聞いてみたらいいだろう?それに、さっきまでの様子で、フウの奴嫌がってたか?」


その言葉に首を振るユウナ・・・


「いや・・・それ所か、自分から、率先してお前の為に色々動いていたな・・・しかも喜んで・・・」


俺の為・・・?いやいや・・・この家、勝手に選んだのフウだからね・・・こんだけ広い家望んでいないからな・・・


そう思ったが、結局口には出さなかった・・・結局、奴隷も含めて買えたのはフウのおかげだ・・・俺がどうこう言う問題では無いだろうしな・・・・


ちなみに話し終わった後に、ファンにも話しかけたが終始無反応だった・・・早く仲良くなれる様になれればいいな・・・


「ただいま!お父様!!」


そうこうしている内にフウが帰って来た。話しをしていたとはいえ速いなおい!まだ50分位しかたってないぞ!!さっきの移動時間往復を考えると、無理な時間じゃないのか?そんな事を考えている内に、フウは2階に上がっていく・・・


そうして10分位すると、


「お父様、上がって来てください」


と言われたので階段を上がっていく、そして、案内された部屋に着くと、そこには王様が使いそうな大きなベットや戸棚入れ、服入れなどが置かれていた。部屋の大きさ?広すぎて言葉で表現できない・・・・


「それでは、他の奴隷の人にも部屋を案内してきます!」


そう言って、フウは奴隷の4人を連れて俺の部屋から出て行った・・・・


なあ、本当にここに住むの?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます