レッドに恋しちゃダメですか!? ~幻獣戦団アニマライザー~

作者 板野かも

暑苦しい三十路のオッサンと女子高生、前代未聞、歳の差ラブ!

  • ★★★ Excellent!!!

 正直に言うと、戦隊ものに興味はない。以上。
 ……ってわけにはいかないのがこの作品。
 なんたって、女子高生が三十路のオッサンに恋しちゃうんだぜ?

 『三十路のオッサン』なんというパワーワードか! この破壊力たるや、これだけでオッサンフェチはニヤリとしてしまうに違いない。事実、私は笑ったのだ「デュフ……」と!

 フツーの女子高生だった主人公咲良ちゃん。彼女はある日『幻獣戦団アニマライザー』のピンク隊員として迎え入れらる。その日から彼女の生活は一転、隊員としての使命が最優先されることになってしまう。
 わたしだって恋したい。素敵な彼氏見つけて、手を繋いでデートして、あんなことやこんなことやそんなこと……きゃあ、何考えてるの!
 だが、運命とは非情なものだ。現代のシャーマンと呼ばれる彼らの条件は『純潔』であること。大自然の精霊や幻獣たちを召還するための絶対条件なのだ。

 素敵なお姉さまイエロー、かっこええ兄ちゃんブルー、ちょいとオタクな兄ちゃんグリーン、そしてリーダー熱血漢レッド。
 熱血レッドはとにかく無駄に暑苦しく、無駄に鬱陶しく、パーソナルスペース完無視、その上なんだか汗臭い(加齢臭かも?)、しかも三十路!
 ちょっと待て。戦士の絶対条件は『純潔』だった筈では……まさか、レッド、あの年で『童貞』!
 キモっ! キモすぎる! いやあああああ、三十路の童貞なんかと一緒に仕事なんかできない! 近寄らないで加齢臭の権化!
 「そこまで嫌わなくてもいいでしょうが」と、読者の同情を買ってしまうほどに咲良に嫌われるリーダーだが、その無駄に熱すぎる仲間への想いから咲良は何度も彼に助けられ、少しずつではあるが彼に心を開いて行く。

 キモいウザいと言いながらもどんどん彼に惹かれて行く咲良の心の動きが秀逸。
 また、彼女を地味に誘導していく仲間たちもなんと素敵に書かれているのだろうか。こんな仲間、リーダーに言われなくたって普段から付き合いたいよ。
 実際には出てこない過去の戦士たちの話も合間合間にチラリと挟まれ、幻獣戦団アニマライザーの歴史や友情に厚みを持たせている。
 
 怪人たちの芸の細かさも特筆すべき項目に挙げられるだろう。
 付喪神が怪人となった敵・ツクモーガ。ネーミングセンスが抜群。良い子のみんなが一発でわかる名前だ!
 更に声を大にして紹介したいのは怪人たちの断末魔の叫び。その付喪神ならではの台詞に、いちいち爆笑してしまう。
 ここで紹介したいくらいだが、ネタバレになってしまうのでグッと我慢することにしよう。(ああ、紹介したい……)

 また、読者には素晴らしい特典が準備されている。
 なんと『玩具CM1 アニマライザー変身シリーズ&幻獣合体シリーズ』が間に入るのだ。それぞれの商品は別売りらしい。良い子のみんなはクリスマスと誕生日に一つずつ買って貰おうな! お子様商品券でも買えるよ!
 本が好きなちびっ子たちには『幻獣戦団アニマライザー ひみつ超百科1・2』が準備されている。これを読んで、君も『幻獣戦団アニマライザー 』博士になろう!
 更にエンディング・テーマもちゃんと準備されている。読み終わったらみんなで歌おう。

 あっれ? 誰だよ、戦隊ものには興味がないなんて言ったの!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

幼い頃にニチアサタイムをワクワクしながら待っていた人、子供と一緒にニチアサタイムを観ていた(る)人。
スーパー戦隊のテンプレを目にしたことがある人ならば「あるある」とニヤリとしてしまう、それでいて子… 続きを読む

如月芳美さんの他のおすすめレビュー 648