レッドに恋しちゃダメですか!? ~幻獣戦団アニマライザー~

作者 板野かも

305

105人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

先輩に半ば強引にピンクライザーを引きつがされた咲良は、文句を言いながらも懸命に仲間と一緒に敵と戦うのだが……。

等身大の主人公と、昔懐かしい戦隊ヒーローが奇しくも共演。

終始コミカルに描かれる仲間や敵との会話は気味が良いくらいテンポがよく、すんなりと光景が脳内に描かれます。

暑苦しいヒーローレッドに最初は嫌悪しつつも行為を抱いていく様子は自然で、応援したくなります。

かなり異色な恋愛物語、あなたも浸ってみませんか?

★★★ Excellent!!!

 秘密戦隊である『幻(!)獣戦団アニマライザー』のピンクに突然選ばれてしまった鳳咲良。彼女は普通の女子高生であるにもかかわらず、怪人ツクモーガとの戦闘に強制的にジャッカー電撃参戦させられることになる。
 だが、彼女は素人。超新人の超新星。いきなりダイナミックな技を使えるわけもなく、戦闘ではいつもメンバーの足を引っ張るばかり。彼女は彼女なりにマジでシンケンにやっているのだが実力がついてゆかず、なんともかんともニンニンな状況であるのだ。

 しかも、リーダーであるレッドの竜崎焔は暑苦しいくらいに熱血フィーバーの三十路のターボなおっさん。彼に対しては拒絶反応しかない。おまけに、残りのメンバーもそこはかとなく変人ぞろい。この五人で、人々が涙するとき、宇宙を守れと言われても……。

 だがしかし、咲良はやがて、生まれたトライブの意味を知り、ゆるぎない勇気持って、彼女自身のフェニックスの翼で、高く高くどこまでも舞い上がるのだった。


 と、ここまでは、ありがちな戦隊ものの流れなのだが、じつはこの『アニマライザー』なる超獣戦隊、凡百のの百獣戦隊にはないある秘密があるのだ。彼らは星獣のギンガな力をその身にうけるための戦隊として、なんと、メンバーは全員童貞・処女である必要があったのだ!

 え? 子供番組なのに? なにその非公認な設定。

 そしてもうひとつ、普通の戦隊ものとは大きく違う部分がある。だいたいの戦隊が敵を一年で殲滅しているのに対して、この『アニマライザー』はすでに十年以上も地球を守って戦い続けているというのだ。もしかしたらこのまま一千年後の未来まで戦い続けるのか?
 そして、当初から戦い続けているレッドの焔は、ということは、三十路だというのにいまだに純潔。……キモイ。
 これがゴセイジャーのレッドみたいに可愛かったら随分違うんだろうけど。

 だがやがて、激しい戦いのなかで… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

ヒーロー達の戦闘シーンの描写は秀逸です。このまま実写化してもいいくらいの完成度で、きっと子供達にも好評を得られる事でしょう……

でも、これは決して子ども向けの話ではありません。子供達は決して理解できない。というより理解してはならない大人の事情に振り回され、理不尽な戦いに巻き込まれる不幸な人間達の物語なのです。

もし、この作品の設定がもっとカッコよい部分。即ち「不都合な真実」を全て隠し通せたら、きっと朝7時に放映できる内容でしょう。

……というわけで、大人の私は夜明け前の一番暗い深夜枠でぜひ、この作品を観てみたいです。きっと、これを見た「大人の」あなたもそう思うはず。

★★★ Excellent!!!

 幻獣の力を身に纏い、悪の怪人から世界を守る五色の戦士――幻獣戦団アニマライザー。本来なら1年間だけで終わるはずだった彼らの戦いは、10年が過ぎた今もなお続いている。
 そんな時代に居合わせてしまった華の女子高生・鳳咲良は、ある出来事がきっかけで戦団を抜けてしまった先輩に代わり、ピンクライザーに選ばれてしまう。そして、アニマライザーに選ばれた者達には――ある意味、凄まじく残酷な「宿命」が待ち受けていたのだ。
 暑苦しい上に30を過ぎた「オッサン」であるレッドライザー・竜崎焔に振り回され、恋もできない戦いに駆り出され。それでも頑張る咲良の明日は、どっちだ。

 戦隊シリーズに精通した板野かも先生が送る、新機軸ヒーロー小説です。身も蓋もないヒーロー事情を遠慮抜きに掘り下げた作風と、個性豊か過ぎるメンバー達の掛け合いは必見!
 特撮ヒーローが好きな方には、大ウケ間違いなしな快作です! ぜひご一読ください!(^^)