ダン・ディ!~その男、ダンジョンディガー~

作者 栄織タスク

133

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルからは十分なインパクトを受けたけど、中身もぎっしり詰まってる。
師弟の関係や熟練になって行くことの充実感、創意工夫の面白さ、恋愛、経済、冒険、見どころがいっぱいだ。起承転結もバランスが良くて、おお、読み切ったなあという気分になった。
ゲームでよく知ってる世界観でも視点を変えるとこんなことが、というタイプの作品は多いが、そのなかでもとりわけ好きな作品になりそうである。

★★★ Excellent!!!

 なんとまぁ、地味な作業であるか……ダンジョン作り!
 いろいろなアイテムの助けを借りられるとはいえ、掘って、掘って、また掘って……とにかく土を掘り進めているのである。

 パッと見は地味かもしれない。
 しかし、そんな作業を眺めてしまう。
 キャラクターが魅力的なのだ。

 実直で、健気なカドモス。領主代行のディーセイル。
 そしてなにより、ダンディオブダンディ、コージ。
 もうコージがイケオジなんです。イケオジ好きな僕としては本当にコージさんの存在だけで丼メシいけちゃいます。すみません取り乱しました。

 とにかく土臭くて、泥臭い。
 そんな中から垣間見える、各キャラクターたちの心情や表情。
 それらが柔らかく、丁寧に描かれています。

 まだ途中ですが、きちんと最後まで読ませていただこうと思います。
 ガテン系と言われつつも、どこかほっこりあたたかいファンタジーです。

★★★ Excellent!!!

村の領主カドモスとダンジョンディガーのコージが2人でダンジョンを「物理的に」掘っていく変わり種ファンタジー。

タイトルとキャッチコピーで、「男臭いのがきたな!」と思った貴方、読んでみるともっと奥行きのあるテーマに気付けるでしょう。

カドモスと村人との交流、政治、対立、色恋。こうした要素がダンジョン造りと並行して起こり、謎と混沌を経て、最後は優しいエンディングを迎えます。

クスッと笑えるところもありながら、カドモスの成長を一緒に見届ける物語。
力を抜いて、ほんわかした気分で楽しんでください!

★★★ Excellent!!!

ダンジョンを体を使って掘る……というインパクトから始まる物語が、実は主体はそこではない。
それに関わる者たちの生き方の物語となっている。
カドモスの今、コージの過去、そして彼らとつながる者たちの人生がここにはある。
読み終わった時、そこにはいくつもの幸せな人生を見つけられることだろう。

読み物としても読みやすく、完成度は同作者の作品の中でもトップクラスではないだろうか。
万人受けする物語なのでぜひ読んでみてほしい。

★★★ Excellent!!!

ここはコルプス村。何の変哲もない農村だ。麦を育てている。平和で長閑な村だ。
この村に若き領主がやってくる。夢と希望に満ち溢れた心優しい少年、名をカドモス・カルリザという。
カドモス少年はコルプス村を栄えさせるためにある計画を立てていた。
ダンジョン作りだ。
ダンジョンを作れば、冒険者は集まるし、大地神リテムの加護を得られて村は栄えるはずだ。

というわけで始まったダンジョン作り、ダンジョンディガーという指導者・コージの監督のもと始めますが、魔力の消耗などもあって最初はうまくいきません。
スコップを使って一掘り、二掘り。途方もない、とてつもない労力をかけて一層一層作ることになります。
でも、カドモス少年はめげません。
彼には夢があるからです。コルプス村をにぎやかにしたいという、心優しい夢が。
そんな彼を理解して応援する、コルプス村の農民たち、モニア王女、土の妖精たち。みんなの協力があって、ダンジョンは少しずつ成長していきます。
その過程のなんと優しいことか……! みんな一致団結してダンジョンを掘っている! ここには悪い奴なんていない。そう、みんなすれ違っていただけなのだ。
カドモスの出生の秘密や大地神リテムのあれこれもありましたが、ダンジョン作りは進みます。
カドモス少年の夢は叶ったのかどうか、ぜひ読んで確認してください。

★★★ Excellent!!!

いわゆる異世界転生ものではなく、今流行りの異世界スローライフものに近いかも。
もっとも、のんびりスローライフというわけではなく、領民のためにせっせとダンジョンを掘る二人の男たちを中心に展開していく、異世界ドカタライフとでもいえそうなお仕事モノです。

読み口は軽く、読むのにストレスになるような難解な設定もほとんどないので、さくさくと読み進められます。

村の民との交流や、主人公をとりまく人々の成長を描きつつ、ダンジョンを掘り進むうちに、それにまつわる謎も深まっていくというストーリー展開もあり、読むほどに物語に厚みが出てきます。

あと、本編とはまったく関係のないですが、昔みうらじゅんと田口トモロヲがやっていた「ブロンソンズ」というユニットの「大脱走」という曲を思い出してしまいました。
ぜひ、この曲をBGMに読んでみてほしい作品です。

★★★ Excellent!!!

 ああ、ダンジョン。
 思い返してみれば、我々が如何にダンジョンを愛しているか。

 やれ、長すぎて二度とクリアしたくない。
 やれ、レアエンカウントの雑魚の方がラスボスより強い。
 やれ、BGMがかっこよすぎてラストダンジョンかと思った。

 RPG好きならば、語り尽くしたいダンジョンのひとつやふたつもあることだろう。

 そのダンジョン作成を軸に描いた本作。
 ダンジョンと共に物語が、広く、深くなっていく、この構造。
 その周辺の人々の生活・経済への結びつき。
 ダンジョンメイクが進む度に、掘り下げられていく人物たちの事情。

 知識と技術によって、安定感ある骨子が作り込まれているので、読みやすさと読み応えは充分。
 また、登場キャラクターたちも皆が皆、憎めぬ魅力を持っている。
 師匠と弟子の関係性もまた、愛すべきポイントとなるだろう。

 おお、大地神リテムよ! 御照覧あれ! ここに素晴らしきダンジョンは約束された。

 未だ本作に手を付けていない読者諸君には、肩に手を置き、片手シャベルを持ち。

「ひと掘りいくかい?」

とでも、気軽にオススメしやすい良作である。

★★★ Excellent!!!

ダンジョンは観光資源。完成すればそこに人が集まり、街が生まれる。
確かにこの流れはゴールドラッシュに似ています。
問題はそのダンジョンがどう作られるかなのですが、まさかの人力。

掘って掘って掘りまくる。
しかもただ掘ればいいわけではない。ダンジョンとしての機能をちゃんと果たすためには条件もある。
ダンジョンを掘り続ける先にたどり着くゴールが何なのか。見届けさせていただきます。

★★★ Excellent!!!

田舎の村を発展させるべく観光資源として選ばれたのはダンジョンだった?
そんな途方もない発想から生まれたダンジョンメイカーファンタジーです。
魔法でお手軽に掘られたダンジョンに心がこもるわけもなく、心のこもっていないダンジョンは「本来の機能」を果たすことができない。
それがダンジョンを掘る専門家、ダンジョンディガーの教えなのです。

始めはただ冒険者を呼んで村を栄えさせることだけが目的だった主人公も、その教えに感化され始め……。

果たしてダンジョンが果たすべき本来の役目とは何なのか?
華奢な貴族のボンボンがスコップでダンジョンを掘るという荒行に耐えられるのか?
そして、延々と土を掘るだけという恐ろしく地味な物語をどう魅せるのか?

様々なマジックアイテムと国の歴史、そして複雑な人間関係が絡んだ名作です。
風変わりなファンタジーをお探しの貴方へ、おススメです!

★★★ Excellent!!!

 ダンジョンは、ファンタジー世界には必要不可欠で、常に冒険の舞台を提供してきたが、なんと、本作はそのダンジョンそのものが物語の中心。ダンジョン、作ってみましょうという話なのだが、安易にぼこぼこ作っていくわけではなく、実に凝った設定が施されている。
 ダンジョンが単なる冒険者の戦場ではなく、別の意味を持っているところもユニーク。登場人物も実におもしろい。
 現時点ではわからない設定も多いが、先を読むのが楽しみ。
 ちょっとひねったファンタジーの世界をぜひ。

★★★ Excellent!!!

ロールプレイングで御馴染み!ドキドキが詰まった迷宮ダンジョン!
そんなダンジョンの裏方は、ダンジョン作りに情熱を捧げた者達の汗と涙の物語があった。
トラップにエンカウントするモンスター、設置するのも一苦労!

『攻略本で速攻クリア』なんて、失礼過ぎて私は許せません!