雨降りの日には。

雨が嫌いだから

傘を持たなかった


雨が嫌いだったから

ずっと避けてきた


大切な物



私が陽気なとき

あなたは決まって浮かない顔で


苦手だった…


私が赤なら、あなたは藍色で


全然ちがう


理系のあなたは文系の

私に向かって

言った


“紫陽花の色は土壌の酸度で変化する。

青は赤には一生なることができない

だから、青は赤に一生恋をするんだ…”



晴れの日も曇りの日も

あなたは何処へも現れない

ただ

こんな雨の日だけ

私に優しく微笑みかける

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

花に恋して 遠野歩 @tohno1980

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ