もしも僕に

恥ずかしい大人になりたくなくって

恥ずかしい思いを沢山しました


面白いヤツになりたいから

つまらないこと考え続けました


嘘が嫌いで

たらばかりを愛しました


そうしたら、


いつの間にか

いつの間にか

爪とハネが


はじめは

動かしづらかったですが

今は

こうして

べるようにもなりました


すこしずつ

すこしずつ


でも…

空の高さに


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます