第3話:逃亡

 剣士の男が嫌らしい笑みを浮かべて、剣を肩に担いでこっちに近づいて来る。

 それから、寄越せとばかりに手を差し出してくる。


 いまなら、その手を斬りつけることもできるだろう。

 剣士の適性がなくとも、剣で斬れば物は斬れる。

 ただ、果たしてそれがうまくいったところで、ここで3人を殺さなければ逆に返り討ちにされるか、捕らえられて街で訴えられるかもしれない。

 先に手を出したのがユクトということになってしまう。

 それならばわざわざ殺さずとも、楽に欲し物が手に入る方を3人は選ぶかもしれない。 

 街に戻れば何をするわけでもなく衛兵に連れていかれ、なおかつ賠償にお金を請求されるだろう。

 

 いや、逆上した剣士に殺される可能性の方が高い。


「分かりました」


 ユクトが仕方なく、鞄を地面に下ろす。

 

「分かればいいんだよ」

「手間掛けさせないでよね」


 ユクトの行動にニヤリと笑みを浮かべた男が、肩に乗せた剣の腹でトントンと急かすように自分の肩を叩く。

 女の方も、溜息を吐いて首を横に振っている。

 

「剣を渡したら、命は助けてくれますか?」

「ああ、金さえ払えばな」

「銀貨1枚よ」

「命の値段と思えば、安いもんだろう」


 ユクトの言葉に、3人がそれぞれ軽口を叩くように返してくる。

 ユクトはそれを聞いてほっとしたような表情を浮かべつつ、剣を鞘ごと腰からぬく。

 そしてそれを受取ろうと前に出て来た剣士に対して、ユクトは剣を地面にトンと置くと……


「くっ! 何を!」

「きゃあっ!」

「こいつ!」


 地面を弾いて、3人の顔目がけて砂を飛ばす。

 目に砂が入ったのか、3人が慌てて顔を背けた隙に鞄の口を開いて、そっちに押し倒し……森の入り口に向かって駆け出す。


「誰か! 誰か助けてくれ!」


 大声で叫びながら。


「待てこらっ! っと」

「きゃっ!」

「お前ら、何やってんだよ!」


 声だけを聞いて逃げたのだと判断した剣士の男が慌てておいかけるが、倒れた鞄から転がったロックホーンラビットの角を踏んで盛大に後ろに転ぶ。

 魔法使いの女を巻き込みながら。

 さらに、魔法使いの女が横に立っていたレンジャーの男の裾を掴んだため、そっちもすぐにユクトを追う事が出来なかった。


 本来ならすぐに逃げ出して、無言でひたすら走るのが良いのだろうが。

 相手にはレンジャーの男が居る。

 ユクトの足では逃げ切れることは出来ない。


 魔導士ということで、身体系の基礎ステータスが低いのだ。

 それでも鍛錬の結果か、ユクトは普通の前衛職並の敏捷は持っている。

 それに対して、レンジャーという職業は敏捷値が他のジョブよりも高い。

 ましてや、レベルも相手の方が上。

 

 すぐに追いつかれるだろうと思い、一縷の望みを掛けて助けを求めながらひた走るユクト。

 走りながらも次の手を考える。


「逃げられると思ってんのかよ」


 案の定、すぐにレンジャーの男が追いかけてくるのが聞こえる。

 徐々に距離が縮まっていくのも分かる。

 心臓が脈打つ音が、どんどん早くなっていく。

 ましてや叫びながらだ。

 余計に消耗していくのは、明らかだ。


 そしてユクトの思いは通じる。

 その呼びかけに答えるものが、現れた。


「グアアアア!」


 だが、それは彼の望んだものとは、少し違う。

 黒い毛足が特徴的な、大きな熊。

 ダークベア。

 この森でも、上位捕食者に位置する魔物だ。


「ちっ! 余計なものを!」


 レンジャーの男が慌てて追いかけるのをやめる。


「戻ってこい! 殺されるぞ!」


 心配しているかのような言葉。

 だが、彼が心配しているのはユクトの所持品だろう。

 熊に襲われて食べられている間は、ユクトの所持品を奪うことは出来ない。

 3人掛かりならどうにかなるかもしれないが、その血の匂いに誘われて他の魔物が来ても厄介だ。


 そう考えた男は、一度ユクトを近くに引き寄せて剣と、他に財布でも奪えればそのまま熊の生贄にしようと考えていた。


「グルルル」


 四つん這いの姿勢から立ち上がった熊は、涎を垂らしながらユクトを見つめる。

 それに対してユクトは目を逸らすことなく、自分の腰に付けた袋に手を突っ込むと何かを探すようにまさぐる。


 正直賭けだった。

 袋から目当ての物を取り出したユクトは、自分の掌を少しだけ鞘から抜いた剣で軽く傷つけ、流れ出た血を熊の顔にぶつける。


「グアッ!」


 ユクトの行動を興味深そうに見ていた熊は、しっかりと見開かれた目に突如大量の血を浴びて両手で顔を押さえて身体をゆする。

 幸運なことに、ここでもユクトの目つぶしが成功する。


 すぐにユクトは先ほど袋から取り出した干し肉をレンジャーの男の方に向かって投げつけると、ポーションを掌に掛けて止血する。

 放物線を描いて飛んでいったそれには、ユクト自身の血がたっぷりとついている。


 それから走りながら水で血を洗い流して、熊を大きく迂回してさらに駆ける。


「ガアッ!」


 一瞬視界を奪われた熊だったが、すぐに視力を取り戻しユクトの方をチラリとみる。

 ユクトはこの少しの間に、それなりの距離を取っていた。

 それを見た熊はすぐには追いかけずに鼻をひくつかせ、何かの匂いに気付いたようにレンジャーの方に視線を向けた。


 熊との距離はユクトの方が離れている。

 逆に男はユクトの行動が理解出来ずに、その場で立ち止まってしまっていた。


 もう一度ユクトの姿を見た熊は、「グルゥ」と一鳴きして、レンジャーの方に向き直った。

 完全にターゲットを切り替えたようだ。

 顔についた血を、大きな舌でペロリと嘗めると再度四つん這いになって駆け出す。

 レンジャーの男に向かって一直線に。


「くそがっ!」


 男はナイフを熊に向かって投げると、元来た方向に向かって逃げ出す。

 流石に1対1では分が悪すぎる。

 そう考え仲間との合流を図ったのだが


「がはっ!」


 一瞬でおいつかれ、爪で弾き飛ばされてしまった。


「どうした、ランザ!」


 後を追っていた剣士の男がすぐに合流したが、ランザと呼ばれたレンジャーの男は激しく木に激突しており不自然な形に足が曲がっていた。


「そいつにやられた……少し時間を稼いでくれ……回復するからレート、ポーションを」


 ランザは苦しそうに剣士の男に返事を返すと、魔法使いの女レートにポーションを要求する。


 レートが剣士の男と目を合わせると、首を横に振る。


「すまんな……その傷じゃ無理だろう」

「えっ?」

「あんたが、時間を稼いでよ。流石に私とブルートじゃ手に余るし」

「何を?」


 ランザの傷は見ただけでもすぐに治るようなものじゃなかった。

 ダークベア相手に剣士のブルートだけで時間を稼ぐのも、荷が勝ち過ぎている。

 消耗したあとで、ランザが戦線に復帰したところで勝負は五分五分。

 このあと街にも戻らないといけないのに、レートの魔力をここで無駄遣いするわけにはいかない。

 血の臭いにひかれて他の魔物まで集まってきたら、無事森を抜けることすら危うい。


「ここで半々の可能性で3人が生き残るのに賭けるより、確実に2人が生き残る方が良いと思うんだ」

「馬鹿な……仲間だろ?」

「仲間だから、俺達のために時間を稼いでくれるよな?」

「ひっ……」


 返って来たのは信じられないような言葉と、自分も今までさんざん獲物にしてきた人たちに向けていた目だ。

 ランザは自身の身にその視線を向けられ、初めてその恐怖を理解した。

 

「これは形見としてもらっておくわ」

「じゃあ、俺はこれだな」

「お前ら……酷いじゃない……か」


 レートがランザの財布とペンダントを引きちぎる

 そしてブルートがランザのスリングとナイフを全て奪う。

 身体を動かすこともままならないランザが、息を荒げながら抗議するが2人は聞こえないふりをしてそれらを自分の袋にしまっていく。


「グアアアアアア!」


 その様子をジッとみていた熊が我慢の限界に達したのか、俺の獲物に手をだすなとばかりに咆哮をあげると、突っ込んでくるのが分かる。


「おっと、待てが出来ないみたいだ」

「じゃあ、少しでも長生きして時間稼いでね」

「待って! お願いだ! 待ってくれー」


 慌てた様子でレートとブルートがその場から駆け出すと、絶望に染まった表情でランザが叫ぶ。


「やめ、くる……ギャアアアアアアア!」


 そしてすぐに2人の耳に、ランザの断末魔の叫びが聞こえた。


「あーあ、良い奴だったのに」

「お前がそれ言うか? いっつもイヤらしい目で見て来て嫌だって言ってたじゃないか」

「あいつ、私の胸ばっかりみてくるから、本当に気持ち悪かったのよね」

「俺のものなのにな」

「ふふ、ばかな男だったわね」


 ただ2人にとって、それはどうでも良いことだったらしい。

 どちらかというと、少しばかり邪魔になっていたのかもしれない。


「さてと、ふざけたことをしやがったクソガキにお仕置きしないとな」

「でももう、追い付けないんじゃない?」

「まあ、暫くは大人しくしとくさ……暫くはな」

「そうね……まあ、一度は仲間だったわけだし、ランザの仇も討たないとね」


 さっきの会話はなんだったのか。

 2人はユクトにいつかこの落とし前をつけさせることを、楽しそうに話しながらゆっくりと歩き始める。

 ダークベアが食事を始めたであろう気配を感じ取って。

 


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます