第十七話 かんけい


「夜の世界、久しぶりだね」


 少年がつけている時計は夜の十時を表している。

 少女の声に反応してふと空をみる。


 視線の先、ビルとビルの隙間から月がみえる。

 形はあまりきれいではないが、星の明かりの中光っている姿は美しかった。


「そうだな、月もかなり久しぶりな気がするし」


 つられて少女もくっ――と首を捻って少年と同じ方向を向く。


「あ、ほんとだ。……きれい」


 感嘆の声を漏らした。

 直後なにか余計なことを考えたのか少年がニヤリと笑う。


「え? なんて? 月がきれいですね?」


 軽くからかったが、少女ははぁ――とため息も漏らした。


「なんで告白しなきゃいけないのさ……」


 そんな話をしながら、今までと変わらず歩き続ける。


 ぴゅ――と吹いた風が少女の髪をなびかせ、


 風で冷たくなった手を二人は繋いだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

巨大建造物HC-7395X 黒羽くらさ @kurohakurasa

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ