カコノキオク 零


 白い部屋、だ。

 コンクリートのそれとは全く違う、一面真っ白の世界。

 冷たさが残るあの色と比べ、本当に何も感じさせない純白。


 これまた真っ白なベッドの上、少年と少女が隣り合わせに寝ていた。

 死んでいるとすら思わせるほど、身動き一つしない。


 身動き一つ、しなかった。


 今かすかに、動いた。


 少女の指先がピクリ――と小さく。

 時間をかけながら、少しずつ体が動いていく。


 少しの時が過ぎ、ついに目を開けた。


 ゆっくりと首を動かし周りの風景を確認しつつ、声を出す。


「ぁ…………あ……ぁぃう……あぃうえお」


 こちらにも時間をかけ、ゆっくりと声を取り出していった。


 音が聞こえたからか、その隣で寝ていた少年も体が動き始めた。

 さっきの少女と同じように、透明な束縛から体が自由になっていくかのように、体を動き始める。


「……ぉきた?」


 少女が聞くと、寝たまま少年は首を前に倒した。


 少女はそれを肯定と捉えたのか続ける。


「ぁしたか……ら、ぅえに、いこ?」


 二人そろって、壁につけられてあるこちら地上、と書かれた張り紙を見つめた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます