カコノキオク 5

「……あ、光?」


 進む先、遠い遠い奥に光が見える。

 そんな気がして少女が突然言った。


「ん? ……ごめん、わかんない」


 目を細くしてみるが、見えなかったらしく少年は首をかしげる。


 歩く。

 昇る。


 進む。



「あ、やっぱり光だ!」


 確信と喜びをいつもの声に混ぜ、少女が叫んだ。

 まだ少年は首をかしげている。


「おかしくなったか?」


 軽くいってみるが――


「―――の目がおかしくなってるんじゃないの?」


 即座にそう返された。


「確かに言われてみれば光を感じないでもないけど……気のせいじゃない?」


「気のせいじゃないから! 昨日の

元気はどこにいったのさ! 早く来ないと置いてくよ!」

 

 そう言うと階段の上へ二段飛ばしで駆け上がっていく。

 少年はやれやれと肩を竦め、それから少女を急いで追いかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます