カコノキオク 4

「……ふゎ」


 少女が目を覚ました。


 風が少しだけ吹いてきて、髪先を揺らす。


 風が来るなら光が見えるのかと上を向いてみるが、そこにはただ闇が広がっていた。


 目は慣れているので暗黒の中周りを見るのに支障はないが、起きたという気がしない。


 んっ、と小さく漏らし伸びをひとつ。


 伸ばした指先が、少年の頬にぶすっと突き刺さり、もれなく少年も起きる。


「――っいてえ」


 むっつりと顔を少しだけしかめボソリと言った。


「ああ! 朝っぱらからごめん! おはよう!」


 少女は慌てた。

 その慌て具合に少年は優しげに笑みを浮かべ、


「おはよ」


 そう返した。


 今日もまた、騒がしい一日が始まる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます