第3話 たんさく

 この街に入ってから、数時間が経った。

 少年たちはまだ疲れたそぶりを見せない。

 疲れてはいないようだが……


「お腹すいてきた」


 少女が喚いた。

 くきゅ――と少女のおなかも同意するように呻いた。


 うるせえ――と少年は苦笑を浮かべた。


「よさそうな寝床が見つかってからな」


 そう言った先から少年の腹も鳴るが、無視して歩くが、頬が恥ずかしさからか朱に染まる。

 少女がぷっと噴き出した。

 少年は耳をふさぎ足を速める。

 少女もそれに合わせて足を速める。


 とてとてとて――


 たいして変わらない高さの肩を並べ、歩き続ける。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます