第14話 ゆめ

「何があったんだろうね。この世界」


 もう何度聞いたかわからない少女の言ったその言葉に、少年は首を捻る。


「たぶん、最後に人がいたときからだいぶ時間経ってるな」


 いつもなら、ここで会話は終わっていた。

 同じ会話ルーチンで少しの暇を潰して、またいつものように歩くだけだった。


 そう、いつもであれば。

 少女はたっ、と少年の腕から飛び降りる。

 

「ならさ」


 赤色の日差しが白い髪を紅に濡らす。

 純粋な疑問を、少年ですら一度は考えた疑問を、言う。


「私たちが小さい時にみたあの世界は、夢だったのかな?」


 ちょうど、夕陽がその姿を完全に隠した。

 この後は、暗くなっていくだけだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます