第10話 おもいで


「……ぐっすり寝てるなー」


 寝息こそ立ててはいるが、一切体が動かないのはさすがに心配する。


 少女の様子を見るため、少年は手を地面につけ上半身を起こした。

 太陽に照らされ、熱を吸収したアスファルトの心地よい温かさが少年の手に伝わる。

 安心したように眠っている少女を見て少年は胸をなでおろした。


 それにしても、とつぶやく。


「なんで、この世界、こうなったんだろう?」


 昨日少年たちが泊まった家のドアは消滅していた。

 そこにドアがあったかすらわからないほどに。


 少年の前にそびえ立つビルには申し訳程度にガラスが付いている。

 だが大半は割れて、どこかへ消えていた。


 人が最後に暮らしていた時から、だいぶたっているかのように。


「……あの時が、夢だったみたいだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます