第9話 きゅうけい


「……疲れた」


 ビルが乱立する中、ぽっかりとあいた空白地帯。

 少年と少女は黒いアスファルトの上で仰向けに寝転がっていた。


「あんなに…全力で走ら…なくても……」


 もう秋も終わるというのに、額に雫を浮かべた少女が言う。

 それは肩で息をしながらの、とぎれとぎれの言葉だったが。


「だって、逃げるし」


 同じくぜぇぜぇ言いながら倒れている少年が簡単に返す。

 こちらは、汗はかいていない。


「だって、追いかけ…てくるし」


 ぴたっと少女の水滴が地面へと落ちた。


「堂々巡り……じゃねえか」


 だいぶ息が落ち着いてきた少年が言った。

 

 そう少年が言ったところでぱたりと会話がやむ。

 二人して、仰向けのまま空を見上げる。

 まぶしくて、碧い。

 ちらっ、と雲がビルの隙間から顔を出した。

 が、恥ずかしがるようにすぐにビルの陰へと隠れる。


「……もし人がいたら、みんな、こんな風に暮らしてるのかな?」


 少年が漏らした声は、寝息を立て始めた少女にも、存在するかすら分からないそれ以外の何物にも、届かなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます