第7話 しつもん


「遅かったな」


 少女が部屋に戻ると、少年は荷物をまとめて待っていた。

 いつもは優しいその声が少し強い気がして、少女は首を傾げる。


「どうかした?」


「ほんとに朝、体拭いたか?」


 少女はくるりと入ってきた所へさっと振り返って少年へ背を向け、聞こえるかどうか怪しい声量で——うん。と答えた。


「布濡れてなかったんだけど?」


 少年は追撃をかけた。


「……あの子が滅茶苦茶働いたんじゃないの?」


 後ろを向いたまま立方体を指さし、少女は悪びれずそう言う。


「水を作るために周りの水分取って溜めとくっていうそれの能力?」


 少年は、そこで少女に確認をとるために視線をそちらへ向けるが、まだ向こうを向いていた。

 少し動いた首を肯定ととらえ話を続ける。


 ……——。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます