第6話 おくがい

「……良い温度」


 少年が水を出していた頃。

 少女は外で風を浴びていた。


「……良い天気」


 空は碧く澄み渡っている。

 雲がなく、鳥も飛ばない蒼穹だ。


 そよ風が、少女の伸びてきた白い髪を揺らす。

 冷たい風が体を撫でた。


「…………」


 また風が吹く。

 風と共に好き勝手に動く髪を邪魔そうに押さえた。


「髪留め、まだあったかな?」


 しばらくぽーっと立っていたが、疲れたのか近くの壁へと歩いて行き、背もたれにする。

 一際大きい風が吹いて少し長めの袖が煽られ、ゆらゆら揺れた。


 ふわぁ、と欠伸を一つ。

 つい、うとうとし始めこくりと首が前に倒れる。


「……寝るところだった」


 はっ、と顔を上げた。

 白い壁の反射光で頭が冴え渡る。

 立ち上がって、んっ——と伸びをする。

 だいぶ明るくなった世界を見て、少女は口にした。


「そろそろ、戻ろうかな」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます