第5話 おくない

 ——たぱたぱ


 金属の立方体の角はぐにっと押されて形をゆがめた。

 押された所とは真逆からちょろちょろと水が出る。


 少年は左手に持った乾いた布で受け止めた。

 薄いベージュ色だったそれの色がだんだんと濃くなってゆく。

 半分ほど濡らしたところで水を止める。


「勢い弱くなってるな……使い過ぎたか」

 

 昨日はとぽとぽ出てたのに、と洩らす。

 はぁ、とついた溜息が薄くはあるが白く大気に溶けた。


「仕方ないな。節約してかないとダメか」


 出したのは使うけど——と独り言ち、着ていた服を脱ぐ。


「うっわ、さっむ」


 ふっと吹いた風に体を震わせるが、それに対抗するように水をしみこませた布をひっつかむ。


 ぴとり。


「——ッ!」


 冷たい感覚が少年を襲う。

 が、その苦痛に耐え上から順に拭いてゆく。


 びゅお。


 全身拭き終わり布を置こうとしたとき、冷たい風が少年をさらに襲った。

 顔を歪ませながらさっと濡らしていない残り半分で水気を取る。


「これで終わり……長かった」


 置いていた服を着た少年は安堵の息を漏らした。

 今度は白くない、透明な息が空気を揺らす。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます