記録:ふつかめ

第1話 きしょう

「ん……」


 少女が目を覚ました。

 灰色のコンクリートの隙間から、オレンジ色に染まった朝の空が広がっている。


「……寒」


 寝ぼけ眼を擦りながらそうつぶやいた。


 寝袋から手を出して、ほっぺたを擦る。


「そろそろ、マフラー出さなきゃかな……」


 ほっぺたに置いた手をそのまま、カバンを見やってそうこぼした。

 同じ寝袋で寝ている——といってもかなり大きいので間は十数センチほどある——少年を起こさないように、音を立てぬまま抜け出す。


「マフラー、どこ入れたっけ?」


 ごそごそ——とカバンの中身をあさる音が薄く鳴る。


 やがてそれを見つけたのか音がやむ。


 冷たい床をぺたぺたと靴下で歩く音へと変わった。


 すぐにそれも止み、ぼすっと寝袋に倒れ落ちる音がする。


「はい、マフラー」


 まだ寝ている少年に対して、少女は首を絞めないようにそれをかけた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます