この地の果てにようこそ ~ ゲーム内最弱の一般市民、『創意工夫』で頂点を目指す ~

作者 中村ミコト

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初はよくあるVRMMO物だと思って読み始めた。
それは決して間違いではなくて、むしろ当初の期待以上に楽しめた。
細部まで作りこまれた独創的な設定の数々。
複雑に張り巡らされている巧妙な伏線や、目まぐるしいまでのハラハラな熱い展開。
魅力的なキャラクターたちや驚くほどエッチなシチュエーションなんかも個人的にエンターテイメントとしてポイントが高かった。

しかし私が伝えたいこの作品の魅力の核はそこではない。
たぶん「読みやすい文章で丁寧に語られる、本格的で重厚なドラマ」だ。
形容しがたいほどに生々しい息吹を肌で感じて、震えるような思いになった。

なぜこんなにこの作品は物語に厚みと説得力があるのだろう?
しばし考えてみたが、つまるところ「根拠」が明確に提示されているからだと思う。
どうしてそういう行動をするのか?
なぜそういう事態になってしまったのか?
一つ一つにちゃんとしたアンサーが丁寧に用意されており、これはもう納得してしまうほかない。
「こういうことがあったから、今がこうなっている」という徹底された理由付けが、安直なご都合主義の展開とは一線を画したこの作品独特の説得力になっているのだろう。
個人的にその部分でまったくストレスなく読むことができた。

「人間って、面白い」。
作中で主人公は時々そんなことを口にしているが、それは読んでいて私自身も強く感じる。
第一印象では「こんな感じの子かな?」と思うキャラクターたちも、知り合って語り合う中で次第に深まる理解と共に、人間がそんな単純なものではないということを上記の理由付けで痛烈に思い知る。
そして一筋縄ではいかないその人格の多面性も含めて、愛着は深まるばかりだ。

努力無用のチート能力で無双というカジュアルな風潮が多い中で、むしろ絶望的な不利状況を創意工夫で抗うというこの本格的なシリアス作品は地味で決して「今時」ではないの… 続きを読む