第60話 ミサキ

「伊薙……海斗!」

「よくも美波を……ミサキをやってくれたな!」


 海斗の眼を見たぬえ苛立いらだちを見せる。蘇ったばかりの時に魅入った深雪、嫉妬の塊と化していた御琴、失うことを恐れた美波、居場所を求めたまどか、そのいずれへの暗躍も彼の関わりによって水泡に帰していた。そしてここへ来て、ぬえの所業を食い止めたのはやはり彼だった。


「いつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつもいつも! 貴様はどうして邪魔をするんだ!」

「お前の都合なんて知ったことか!」


 何も知らなかった彼が、戦う力を持ち合わせていなかった彼が。ただ、皆といる日常を求めただけの彼が。皆を守りたいという気持ちだけで戦い続けていた彼が。皆を引き付け、皆を繋ぎ、皆を救って来た。


「でも海斗……右手が」


 海斗の右手はまだ包帯が巻かれていた。どこで手に入れたのか、その手に握る刀も抜かれていない。左手で柄を持ち、鞘を腕に当てて鵺の攻撃を受け止めている。


「気にするな……こんなの、何とかなる!」

「ぬうっ!?」


 海斗がぬえを押し返す。ミサキが力を貸していない彼が見せる力にぬえもミサキも驚く。


「こいつ……!?」

「うおおおおお!」


 ぬえの前足を跳ね上げる。想定していない海斗の怪力に、ぬえがひっくり返り、社に突っ込んだ。


「……貴様」

「ミサキも、美波も、静宮先輩も、御琴も、まどかも……女の子を痛めつけて、悲しませて! 絶対にお前だけは許すつもりはないからな!」

「ぬかせ! 霊力すら持たない、たかが人間の分際で!」


 意表を突かれた一撃を受けたが、ぬえはダメージを受けてはいなかった。瓦礫を払いながら身を起こし、海斗を標的に定める。


「早く、美波さんを連れて逃げて!」

「逃がすわけがないだろう。こいつも標的なんだからな!」


 逃げるいとまも与えない。ぬえが跳躍し、海斗目掛けて飛び掛かる。


「言っただろ……お前の思い通りにはさせないって」


 右手の包帯の隙間から海斗が何かを取り出す。それは緑の勾玉。


「なんだと!?」

「それは!?」

「俺の傷を治してください!」


 勾玉がはじけ飛ぶ。内包された霊力が海斗を包み込み、瞬く間にその右手を癒す。そして蘇った右手で刀を握り、鞘から抜き放つ。


「三日月!?」

「馬鹿な!?」


 月のように白く輝く刀身。見覚えのある刃紋。それは紛れもなく三日月だった。だが三日月は先ほどまでミサキが持っていた。それは今も境内に転がったままだ。


「お前は知らないだろう。御神刀ってのは、もう一振り作られるものなんだよ!」


 それは影打かげうちと呼ばれる物だった。奉納の際、日本刀は二振り打たれ、その内出来の良いものが御神刀として奉納される。それは、霊刀の三日月とて例外ではない。


「くらえ、ぬえ!」


 ぬえの攻撃を回避し、海斗が三日月を振り下ろす。


「ぐわあああっ!!」


 右の前足が両断され、宙に舞う。三日月が帯びていた祓いの力が注がれ、ぬえの足は消滅した。


「嘘……海斗が祓いの力を」

「あり得ない。くなどの力だと!?」


 ぬえの声に恐怖が混じり始める。海斗のこれまでの力は陰ながらミサキが力を貸していたものだと思っていた。だからこそ、彼女が倒れている今、彼が力を使えるはずがないのだ。


「何かの間違いだ。そんなにあちこちにくなどの力を持つ奴がいてたまるか!」


 ぬえの形が変異していく。その身が二頭を持つ大蛇となり、海斗目掛けてその身を伸ばしていく。


「……っ!」


 その蛇を避ける。しかし、ぬえの意思で自在に動く大蛇たちの頭は向きを変え、再び海斗に牙を向ける。すぐさまその逃げ道は胴が周りを取り囲んで塞がれ、左右から大蛇の頭が海斗に襲い掛かる。


「危ない!」

「くそっ、逃げ道が!」

「終わりだ!」


 大蛇の大口が海斗に迫る。その時、海斗が叫んだ。


「――さんっ!」


 その時、海斗の動きが変わった。最初に噛みつこうとした首を跳び上がってかわし、その頭を三日月で突き刺す。


「なんだと!?」


 突如あり得ない身体能力を発揮した海斗に、ぬえの次の攻撃が迫る。だが、視界の外からの攻撃を海斗は蛇の胴へ飛び移って回避する。そしてそれを蹴った反動を利用して跳び、返す刀で一閃し、その頭を両断する。


「が……馬鹿な!」


 首を片方失ったぬえがまた姿を変えた。後ろ足が四本ある狼のような姿になる。海斗が攻撃でその身を削るたびにぬえの体の大きさも小さくなっていく。


「今の……まさか」


 海斗が懐から別の勾玉を取り出す。そしてそれを倒れているミサキへ向けた。


「ミサキを治してあげてください」


 蒼い勾玉が砕け散る。その霊力によって傷ついたミサキの体が治癒していく。ダメージが抜けたミサキが立ち上がる。そして、その眼で海斗から感じるもう一つの魂を感じ取る。


「まさか、にいるのって」


 海斗がうなずく。そして、海斗から抜け出てその魂が姿を現す。


『初めまして、あなたがミサキさんね』

「美波のお母さん……紗那さんだよ」

「そんなことって……ううん、あり得るか」


 岐春くなどはると同じことが起きていた。紗那も死後、その御魂みたまを四つの勾玉に封じ、いつか来るその日を待ち続けていたのだ。


「紗那さんは、くなどの血を引いているんだもの」

「知ってたんだな」

「ええ……ここまで来たら全部話すわ。でも、どうして気が付いたの?」

「豊秋おじさんが紗那さんに勾玉をもらったって聞いたんだ。それも四つ。これって、ミサキが言っていた『決まり事』ってやつだろ? だから、何か関係があるんじゃないかって思ったんだ」


 そして、海斗は美波の家に向かった。悪いとは思ったが、真実を知るために以前聞いていた場所で鍵を見つけ、家に入ったのだ。そして、海斗の予想は的中する。紗那の部屋で、勾玉と三日月の影打かげうちを見つけたのだ。


『十年前、命を落とした私はこの勾玉に御魂を宿らせたわ。でも、そのことを知る者は誰もいなかった。海斗君が気付いてくれるまでね』

「それはそうよ。くなどの人間でも、訓練を積まないと霊視も感知もできないんだから」


 考えてみれば、邪気を感じ取れない海斗がここへ来ることができたこと自体が不思議だったのだ。だが、ミサキが彼にしたように、紗那が憑依していたのであればぬえの気配を感じ取ることができる。


「海斗は……あなたは私が憑依していた経験があったから、この世ならざる存在を理解していた。だから紗那さんの声が届いたんでしょうね」

『そうなるわね。さて、私の話はここまでにしましょう。あとは……美波も知らなくちゃいけないことだから』


 紗那が倒れている美波を見る。そして、彼女の下へと近づいていく。紗那が岐の一族の血を引いているのであれば、つまり美波も――。


『美波……美波』

「う……おかあ…さん?」


 美波の中に入った紗那が呼びかける。その力で邪気を無効化し、美波の意識が覚醒していく。怪異を理解した美波もまた、彼女の声が聞こえるようになっていた。


「……なるほど。そう言うことだったのね」

「何がだ?」

「美波さんがくなどの力を得る経緯よ。紗那さんが死んだのに、どうやって受け継いだのか気になっていたの」

「受け継いだって……美波は確かにくなどの血を引いてるかもしれないけど、力なんて使ったことないぞ」


 ミサキは微笑む。抱え込んでいた全てをようやく明らかにすることができると。最後まで秘密にしていようとした、海斗と美波を巻き込みたくなかった最大の理由を。


「言ったでしょ。全部話すって」


 まっすぐに向き直り、ミサキは海斗を見つめる。考えてみれば彼女が肉体を得た後に真正面から向き合ったことはこれまで無かった。いや、無意識的に彼女が避けようとしていたのかもしれない。まどかの事件で記憶が戻った後に海斗と目を合わせようとしなかったのも、全てはその正体を教えないための行動だった。


「ミサキ?」


 だが、その誠実で強い意志を秘めた眼が今、海斗を見つめていた。見覚えのある眼が。伊薙武深いなぎたけみと海斗と同じ、その眼が――。


「……まさか」

「私の、本当の名前は……伊薙美紗希いなぎみさき。未来のあなたと、その妻、伊薙美波いなぎみなみの娘です」


 逢魔が時の中、伊薙とくなどの二つの血を引く少女は静かにそう告げたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます