明日の黒板

作者 奈月沙耶

35

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

毎年多くの学生を向かい入れ、そして送り出す場所、学校。そこはといえば生徒と教師の関係をイメージされがち。
しかし、もっとも多く生徒を見つめているのは、教師ではないのかもしれません。

物語は、ある少年と少女の青春を、黒板が見つめていると言うお話。

自分の子供は、こんな黒板がいる学校に通わせたいなと、そう思わせられる作品です。

★★★ Excellent!!!

春になると新しい生徒達が入ってきて、一年が過ぎると巣だって行く学校の教室。
そこには様々なドラマがありますが、いつもそれをも守っている存在もあります。そう、教室の一番前にある黒板です。

黒板の視点で描かれる青春の一ページ。
そこには不思議な温かさと癒しがあります。