藍より出でて藍よりも青く

作者 藍豆

76

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

和を感じる異世界で織りなす、異世界帰りの親から子へと引き継がれる物語だが、親や、先で出会う仲間達との『和』が物語を引き立てている。


話と共に少しずつ広がる世界も丁寧に作り込まれていて、魅力を感じました。

個人的には、話の中で所々出てくる魔法道具等の描写がとてもお気に入りです。

読んで損はないと思える作品を、ありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介でもあるように特筆すべきは練るに練られた世界観。
母から子へ、世代を継いでの転移者である物語。
その中で様々な登場人物たちの心の内や思惑が交差する物語は読み手を惹き込む魅力に溢れています。
一度は是非、読んでもらいたい作品です!

★★★ Excellent!!!

自主企画(頭脳戦・心理戦)より
まずは企画ご参加ありがとうございます。

まず、この設定にとにかくワクワクを覚えました。

この物語が生まれる経緯ともなる、プロローグの部分(6話までの部分)が、さっくりと必要なとこだけを切り取られており、ストレスなく物語に入っていけました。
それもワクワクする要因だったと思います。

たぶん、読んで後悔はしないですね。

★★★ Excellent!!!

特筆すべきは作品の世界観である。ファンタジーの世界観ではあるが、背景を彩る植物がバラやユリではなく、竹や松といった感じ。是非、映像で味わいたい不思議な空間が広がる。だってエルフやドワーフの背景が竹と松ですよ。面白くないわけがない。作品は作者が概要で語る通り、まったく奇をてらわず王道であり直球勝負。真正面から物語を楽しめるものです。だからこそ、これからどう展開するか全く読めないのです!

★★★ Excellent!!!

第一章 第31話まで読了時点のレビューです。

重厚な文章、精緻な表現、代えのきかぬ文言。
登場人物たちの行動の動機や世界観の描写に全力をもって丁寧さをこころがける。
ファンタジーとは本来、そうしたことを成しうる作家により紡がれた崇高な物語であると信じている。

本作は、異世界転移の宿命を背負った青年が、同じく転移者であった母から、幼少期より異世界を生き抜く術を学んできたことを土台として組み立てられている。

Web小説を愛する読者は一度でいいのでこの物語を覗いてみてほしい。
人が生き、何のために闘うかという『創作』に、この作者は一ミリも妥協していない。

もしあなたがその世界に浸かれるのであれば、冒頭のひとことを記した私の気持ちを理解いただけると信じている。