たのしいカクヨムライフの送り方

作者 古里衣(こりー)

126

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

こちらはよくある単なるお作法的なものではなく、多角的な分析から組み立てられた、商業小説家を目指したい方向けの創作論です。
作者様はご自身の作品『スマホで箱庭を作ろう!』で実際に理論を実践していらっしゃるので、なるほどこれがこういうことか、と見比べてみるのも楽しいかもしれません。(『スマホで箱庭を作ろう!』は面白いので、見比べるどころでなく夢中になって読んでしまうかもしれませんが……。)
通り一遍の技術ではない、創作に関するもっとディープなことが知りたい方に、是非! オススメです。

★★★ Excellent!!!

創作に関して細かい所まで熱心に研究をされていまして。
もちろん、古里衣さん(作者様)の解釈も入っているので、人によっては意見が食い違う所もあるでしょう。
しかし、これだけ具体的に論じてくれていれば、参考にもなりますし。
他者の創作への考えを知ることができて、とても面白いです。
物書きの人にとっては大変参考になる資料として価値があります。
ですが、読者の方にとっても、面白い読み物であることは違いないです。
ちなみに、本作ではキャッチコピーや視点など、そういった事に触れております。
作家さんで伸び悩んでる方は、是非目を通しては如何でしょうか。

★★★ Excellent!!!

面白くて、ためになる。
レビューされているほとんどの方がそうおっしゃっていて、全くの同感。
それと同時に、作者さんの小説(を書くこと)に対する真摯な姿勢、物事に対する公平な視点、そしてカクヨムユーザーに対する強い連帯感と愛情が、
文章の中に溢れていて、それはもう嬉しくなって、そしてただただ頭の下がる思いです。
まだ全話読めてはいないけど、一話一話、じっくり堪能したいと思います。

★★★ Excellent!!!

カクヨム活動や創作活動の指針となるエッセイです。
内容はもとより、エッセイとして非常によくまとまっており、読みごたえがあります。

特にいいなと思ったのは、『☆の話その2 ~集め方編~』。
前向きに創作活動に取り組む心構えとして、大変参考になります。

★★★ Excellent!!!

創作論について触れたエッセイに目を通すとき、著者の考えに呑み込まれないように身構える自分がいます。
『できるだけ多くのものを取り入れて糧にする』という精神を尊重しながらも、揺るぎようのない自身にこそ、物書きとしての核があると信じているからです。

私は、そういう愚かな作家志望者です。

本作は『カクヨム』を題材に、そこに関わる『書き手』の心理について主に述べられています。

作家志望者の方はぜひ一度目を通してください。
いくつかのエピソードの中で特に『綺麗な表現を読まれたい』は必読です。
『純文学』と『スマホガシャ』を続けざまに例にあげる文章をはじめて読みました。

今、あなたがWeb小説投稿で直面している苦悩の解決に向けた一端がここに記されています。

★★★ Excellent!!!

まず、読むのは人間。書くのも人間、今のところ。
だから、色んな物語があると思います。

自分は自分、他人は他人。相手の事ってわかりません。

だから、自分の感じたことを誰かに伝えたいってのが人間だと思います。

そして、表現方法は実に様々です。
書き手に害意ある言葉を用いて、書き手の意欲を損なうやり方もその一つだと思います。

ただ、せっかくそこまで読んだ物語を批評してやろうと言うエネルギーだけでなく、違う方法もありますよ。

カクヨムさんのレビューは特に。

この作品では、それを教えてくれる気がします。

読めるはずのない言葉で贈ったのではなく、読める言葉で贈ったのですから、まずは相手を理解することから初めて、レビューを書いてはいかがでしょう?

難しいことはないんです。ただ、面白いところを見つけてやる。そんな気概でもいいと思います。

私はそう教わった気がします。

物語たちが、少しでもいい物語になりますように。