たのしいカクヨムライフの送り方

作者 古里衣

82

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カクヨム活動や創作活動の指針となるエッセイです。
内容はもとより、エッセイとして非常によくまとまっており、読みごたえがあります。

特にいいなと思ったのは、『☆の話その2 ~集め方編~』。
前向きに創作活動に取り組む心構えとして、大変参考になります。

★★★ Excellent!!!

創作論について触れたエッセイに目を通すとき、著者の考えに呑み込まれないように身構える自分がいます。
『できるだけ多くのものを取り入れて糧にする』という精神を尊重しながらも、揺るぎようのない自身にこそ、物書きとしての核があると信じているからです。

私は、そういう愚かな作家志望者です。

本作は『カクヨム』を題材に、そこに関わる『書き手』の心理について主に述べられています。

作家志望者の方はぜひ一度目を通してください。
いくつかのエピソードの中で特に『綺麗な表現を読まれたい』は必読です。
『純文学』と『スマホガシャ』を続けざまに例にあげる文章をはじめて読みました。

今、あなたがWeb小説投稿で直面している苦悩の解決に向けた一端がここに記されています。

★★★ Excellent!!!

まず、読むのは人間。書くのも人間、今のところ。
だから、色んな物語があると思います。

自分は自分、他人は他人。相手の事ってわかりません。

だから、自分の感じたことを誰かに伝えたいってのが人間だと思います。

そして、表現方法は実に様々です。
書き手に害意ある言葉を用いて、書き手の意欲を損なうやり方もその一つだと思います。

ただ、せっかくそこまで読んだ物語を批評してやろうと言うエネルギーだけでなく、違う方法もありますよ。

カクヨムさんのレビューは特に。

この作品では、それを教えてくれる気がします。

読めるはずのない言葉で贈ったのではなく、読める言葉で贈ったのですから、まずは相手を理解することから初めて、レビューを書いてはいかがでしょう?

難しいことはないんです。ただ、面白いところを見つけてやる。そんな気概でもいいと思います。

私はそう教わった気がします。

物語たちが、少しでもいい物語になりますように。