木漏れ日夢日記(ルビィ)

風が吹いている。それと太陽の匂いと、草の匂い。


(ん…)


頭の下には柔らかいもの。


(これ気持ちいい…)


リトルルビィがふう、と息を吐いた。


「ふふっ」


笑い声が聞こえる。


(ん…?)


女の子の笑い声。聞き覚えのある笑い声。


(誰…?)


リトルルビィの瞼が上げられる。木漏れ日の中、微笑ましそうにテリーが自分を見下ろしていた。


(えっ)


リトルルビィが目を見開く。


(え?)


「ああ、起きた?」


テリーがくすりと笑った。


「おはよう」

「…おはよう…」


挨拶を返すと、テリーが柔らかく微笑む。


「気持ちよさそうに寝てたわね」

「……へ……?」


(何?この状況…?)


テリーが笑ってる。


(いつも以上に笑ってる…!?)


テリーが笑ってる。


(…可愛い)


ぼうっとリトルルビィが見惚れ、またすぐにはっとする。


(い、いけない。私、こんなところで一体何して…)


ふに。

手に、何か柔らかいものが触れた。


(あれ…?)


ふにふに触ってみる。


(あれ?)


テリーの足がある。


(こ、これはまさか!)


「膝枕!!!!????」

「あんたがしてって言ったんでしょ?」

「ええええええ!?テリー!それでしてくれたのぉぉおおお!?」

「何言ってるのよ、今更」


テリーが呆れたように笑い、リトルルビィの頭を撫でた。


(て…テリーが、テリーらしくない発言を…!)


すごく幸せそうなテリーの笑顔。


(…でへへ)


でれんとリトルルビィの頬が緩む。


(…あれ?)


そこで、思い出す。


「はっ!そっか!私達、恋人同士だった!」

「そうよ。思い出した?」

「思い出した!」


リトルルビィがテリーを見上げる。


「寝ぼけてたみたい。ごめんね?テリー」

「ん。許してあげる」


テリーの手が、リトルルビィの頭を優しく、なでなでと撫でてくる。


(うひゃあ…気持ちいい…)

(テリーからのなでなで好き…)


ぽーーーっと、リトルルビィがテリーを見つめる。


(恋人同士ってことは…)


リトルルビィがはっとして目を見開く。


「キスもいいの!!??」

「ん?」

「お触りも!!!???」

「あんたさっきから何言ってるの?」

「テリー!!」


リトルルビィが目を輝かせる。


「ねえねえ!キスしていいの!?」

「キス?」


テリーがふっと笑い、リトルルビィの顔を覗き込んだ。


「どこにしてくれるの?」

「え…」


リトルルビィが固まる。


「ん?」


首を傾げて、おどけるテリーがいる。リトルルビィは黙る。母のように、姉のように、自分の頭を撫でてくれるテリーを見つめる。


(どこって…)


テリーの唇を見る。


「……………」


じいっと見る。


「…………………………」

「リトルルビィ?」


テリーが頭を撫で続ける。


「キスしてくれるんでしょう?」

「…うん」


リトルルビィがテリーに手を伸ばした。


「こっちきて」

「ふふっ」


テリーが笑い、身をかがませる。


「これでいい?」

「うん!」


リトルルビィが近くなったテリーの頬にキスをする。


「ちゅ!」

「ふふっ」


右頬に、左頬に、


「ちゅ!」

「んっ。ふふっ、ルビィ、あたしもしていい?」

「えっ!!」


テリーがしてくれるの!!!??


「うん!ぜひ!あの!はい!イエス!お願いします!!」


きらきら瞳を輝かせ、身を構えるリトルルビィの姿にテリーがくすくす笑い、リトルルビィの額にキスをした。


「ちゅ」

「ひゃっ」


途端に、リトルルビィの胸がきゅっと締め付けられる。


「て、テリー!もう一回!」

「もう一回?」


テリーがもう一度キスをする。


「ちゅ」

「えへへへぇ」


でれんとリトルルビィが笑い出す。


「へへへへぇ!」

「ルビィ、顔がいやらしいわよ」

「いーんだもーん!」


テリーとキス出来るなら、


「なーんでもいーいもーん!」


リトルルビィがうつ伏せになり、テリーの腰に抱きつき、その温かさを堪能する。


「テリィ…」

「ふふっ、なぁに?」


テリーの手が優しく、リトルルビィの頭を撫でる。優しい手に思わずうっとりしてしまうほどだ。


(ずっとこうしてたい…)


せっかくテリーと恋人になれたんだから、ずっとこうしてたい。


(テリー)


リトルルビィは胸をときめかせる。


(テリー…好き…)


ぽうっとしながら、テリーの匂いと、草の匂いと、太陽の匂いを嗅ぐ。


(……あ、なんか)


お腹すいてきた。


(……ん)


ぐう。


「あ」

「あ」


テリーとリトルルビィの声が重なる。リトルルビィが一気に顔を赤面させ、耳まで赤くなり、その姿にテリーが笑う。


「ふふっ」

「ちが!テリー!違うの!これ違うの!」

「お腹すいた?」


俯いたまま、リトルルビィが頷く。


「……はい」

「いいわよ」


テリーが第一ボタンを外した。


「え」

「お腹すいたんでしょう?」


テリーが第二ボタンを外した。


「血、飲んでいいわよ」


テリーが微笑む。

リトルルビィはきょとんとする。テリーを見上げ、首を振った。


「血は、飲まないよ」

「あたしの血よ?」

「飲みたくない」


今度はテリーがきょとんとした。


「でも、お腹すいたんでしょう?」

「ドリンク飲めば大丈夫!」


血と同じ成分の、キッドから支給されるドリンク。


「あれさえ飲めば、テリーの血はいらないよ」

「でも、」

「飲みたくない」


リトルルビィが微笑んだ。


「テリーのこと、噛みたくない」


そっと起き上がり、正面から、テリーを抱きしめた。


「テリーに少しでも痛い思いして欲しくない」


リトルルビィがテリーに顔をすり寄せる。


「だって、大切なんだもん」

「テリー、好き」

「テリーのこと、すごく大事なの」

「そんなテリーを傷つけたくない」

「せっかく恋人になれたんだもん」


だったら余計に、傷つけるわけにはいかない。


温かな風が吹く。テリーとリトルルビィの髪の毛を揺らす。リトルルビィは愛おしく、テリーを抱きしめ続ける。お互いに黙る。呼吸の音が響く。野原の草が揺れる。太陽が温かい。しばらくの静寂の末、テリーがぼそりと、リトルルビィに訊いた。


「…あたしが、嫌い、とかじゃなくて?」

「何言ってるの。…大好き。テリーが大好き」

「なのに、…血を飲まないの?」

「痛いもん」

「痛くないわよ」

「やだもん」


リトルルビィが顔をむくれさせ、テリーを大切に抱きしめる。


「テリーを噛んで傷つけるくらいなら、傷つける奴らからテリーを守りたい」


吸血の力は、そのために使いたい。


「テリー」


リトルルビィが体を離し、テリーを見つめる。テリーの瞳も、リトルルビィだけを見つめていた。お互いの目を見つめる。テリーの瞳を見つめ続ければ、リトルルビィの心臓は、とくんとくんと、鳴り続ける。


(この想いは、幻じゃない)


リトルルビィが微笑む。


「好き。やっぱり好き。テリー、大好き」

「……あたしもよ。ルビィ」


テリーが切なそうに、眉をへこませて微笑む。


「でも、飲みたい時は言って?あたしはルビィのためなら、自分の血液くらい差し出すわ。あたしには、それしか出来ないから」

「うん。ありがとう!でもいいの!私はテリーが傍にいてくれたら、それで嬉しいの!」

「傍にいたら?」

「うん!」


リトルルビィがテリーの両手を優しく握り、胸の前に持ち上げる。


「こうやって、触れる位置にテリーがいてくれたら、私は」


リトルルビィがはにかんだ。


「…それで、満足よ」

「…そう」


どこか、ほっとしたように、テリーが微笑み、リトルルビィの手を握り返した。


「相変わらず優しいのね」


テリーがリトルルビィを見つめる。


「そういうところが好き」

「えっ」


リトルルビィの顔がまた赤面する。


「す、好き?」

「ええ。好き。あたし、ルビィのこと大好き」

「私も!テリーのこと!大好き!」

「ルビィ、愛してるわ」

「あっ!!!??」


愛してる!!!??


「あ、あっ!あい!」


リトルルビィが言葉を躓かせ、一度深呼吸して、再び口を開いた。


「私も!テリー!愛してる!!」

「あたしも愛してる。ルビィ」

「…テリー…」

「ふふっ」


リトルルビィが眉をへこませて思わずテリーの名を呼べば、テリーは嬉しそうに、愛おしそうに、おかしそうに笑い、リトルルビィの頰にキスをした。


「わっ」

「ここも」


テリーが鼻にキスをする。


「ここも」


リトルルビィの額にキスをした。


「大好き、ルビィ」

「……じゃ、じゃあ、テリー」


リトルルビィがテリーを上目で見上げた。


「恋人のキス、しよ?」

「恋人のキス?」

「く」


リトルルビィが、恥ずかしそうに、呟いた。


「唇に…」


テリーが一瞬瞬きして、ふふっと笑い、リトルルビィに顔を寄せた。


「あたしの唇に、キスしてくれるの?」

「し、してもいい?」

「あたしもしたい」

「本当?」

「本当」

「わ、私、初めてなの!」


あのね!初めてのキスは、レモンの味がするんだって!


「テリーの唇も、そんな味がするのかな?」

「どうかしらね?」


テリーは悪戯に微笑む。


「試してみたら?」


テリーが瞼を閉じた。リトルルビィの目が見開かれる。テリーが首を傾げて、リトルルビィに近づいた。テリーの柔らかそうな唇が、少しだけ動く。


「キスして。ルビィ…」

「…テリー…」


リトルルビィが義手の手で、テリーの手を握る。

リトルルビィが生身の手で、テリーの手を握る。

テリーは二つの手を、握り返す。


「ルビィ…好きよ…」

「テリー…」

「ルビィ…」


二人の距離が縮まり、リトルルビィも瞼を閉じていく。


(テリー…)


リトルルビィが瞼を下ろした。


(好き…。テリー)


この世で一番、愛してる。


(テリー)


温かな草原の中で、リトルルビィとテリーの影が、一つになった。



















「うふふふぅうううう…!」


リトルルビィがいやらしく笑った。


「テリーのくちびる…やぁらかぁーい…うふふふ…テリー…もう一回キスしよぉ……んむーーーー…」


唇を尖らせ、むーーと天井の方向に向ける。しかし、唇はどこにも当たらず、唇に当たるものもない。


「む?ん?テリー?ん?」


そこで、リトルルビィがぱっと目を覚ました。


「…あれ?」


リトルルビィがぱちぱちと瞬きした。


「あれ?テリー?あれ?ここ…あれ…?」


リトルルビィはベッドの上できょろきょろと見回す。


「え?え?嘘。え?嘘でしょ?え?」


時計を見る。午前8時。


「………ふぇっ」


カレンダーを見れば、10月10日。


「………………………………………………」


リトルルビィは顔を青ざめさせた。

血の気が一気に下がった。

黙った。

窓から零れる太陽の明かり。ちくたく針が進む時計。変わらない朝。ベッドの上。


「……嘘だと言って……」


リトルルビィが頭を抱えた。


「嘘だと言ってよぉぉおおおおおおお!!」


叫んだ。


「うわあああああああああああああああああ!!!」


リトルルビィは嘆く。

テリーと恋人になった夢から覚めてしまった悲劇を嘆く。


(テリーーーーーーーー!!!)


―――ま、いいか。


「今日もテリーに会えるもん!」


ぱっと、リトルルビィが顔を上げる。


「朝から晩まで一緒に働けるもん!」


リトルルビィが立ち上がった。


「テリーとの愛を育むために、今日もお仕事頑張ろ!」


そう言って立ち直り、リトルルビィがベッドから離れると、電話が鳴る。


「ん?」


リトルルビィが駆け出す。


「はいはーい!」


その受話器を持てば、リトルルビィは喜ぶだろう。テリーからの電話だと喜ぶだろう。しかしテリーの体調不良の連絡を受けて、またショックを受けるだろう。

そして彼女は、テリーの見舞いに行くことになるだろう。


(何があっても、テリーに会いたいんだもん!)


今日も小さなルビィは、小さく巨大な淡い想いを抱く。











番外編:木漏れ日夢日記(ルビィ)END

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます