SOULD OUTにご注意3(キッド)

再び、抱きしめられて、また、押し倒される。背中から、ぽすっと、再びベッドにお世話になる。


「あわわわわわわ!!!?」

(なんか!違う!!)


思ってた反応と、違う!!!


「キッド!ちょっと待って!」

「恥ずかしがらなくても大丈夫。怖くないよ。テリー。何も怖くないから」

「そうじゃない!そうじゃない!!」

「ほら、暴れない」


右手をひょいと掴まれて、


「あ」


左手をぎゅっと握られて、


「ちょ」


―――ちゅ。


キッドの唇が、額に落とされる。


「いゃっ…」

「ん、よくなるまで」


もう一回ね。


―――ちゅ。


「んん…」


唸ると、


「ここも」


―――ちゅ。


眉にキスされて、


「ここも」


―――ちゅ。


瞼にキスされて、


「ここも」


―――ちゅ。


鼻にキスされて、


「テリー」


優しい声で、


「ん」



―――むに。



キッドの唇が、あたしの唇にくっついた。


(ひゃっ…!)

「んっっ!」


びくっ、と体が揺れたのを見て、キッドの左手があたしの頬に触れてきた。

唇がそっと離れる。


「ちょ…、キッド…!」

「ああ、柔らかい…」


もう一回。


―――むに。


「んんんっ…!」


体を強張らせ、キッドの肩を押す。


(何でよ!)

(キスする前に!)

(匂い嗅げ!匂い!!)


テリーの花の匂いは人気がない。人気がないという事は、皆、あまり好きではないという事だ。

その匂いさえ嗅がせれば、こっちのもの!!


(でもその前に…!)


キスが長いんだよ!!!!!


「んんんんっ」


ぽす、とキッドの肩を叩くと、キッドが微笑み、一度離れた。


「はっ…」


(い、息が…!)


そして、また、


―――むに。


「んっ」


―――ちゅ。


「んっ」


―――むに。


「んんっ」


―――ちゅ。


「ちょっ!」

「テリー…」


赤い顔で、うっとりした目で、キッドが熱くなったあたしの顔を見下ろす。


「ふふっ…。可愛いよ。テリー。やっぱりキスに慣れてないんだね」


体を縮こませてしまって、まるで怯える子猫だ。


「大丈夫。俺が優しく教えてあげるから」


艶のある低い声で囁いて、また、あたしの唇にキスしようとしてくるキッドの口を、解放された右手で押さえ、ぐっと押す。


「キッド!その前に!匂い!匂い!!」

「…匂い?」


キッドがきょとんとして、


「ああ、匂いね」


また微笑む。


「そうだね。テリー」


今日のお前は、


「俺があげた香水の匂いだね」


(そ、そうだ!もっと重い女だと思ってもらうために、あえてつけてきた、あの赤い香水!ベリー系の香り!!)


苺とか、ラズベリーとか、なんか、そこら辺の匂い!!本来の11歳のあたしなら、本当に喜びそうな甘いフルーティーな匂い!!


「お前さ、俺が苺ケーキ好きだって知ってるよね」


(………ん?)


「好きなんだよ。ケーキ」


特に好きなのは、苺のケーキ。


「苺のケーキみたいな匂いがする…」


テリーが俺の好きな匂いつけてる。


「テリー」

「もっと、」

「もっと、もっと」

「もっと、その匂い、嗅がせて」


そう言って、キッドが、あたしの首元に、鼻を摺り寄せてきた。

あたしの脳内で、火山が爆発する。


(ひゃあああああああああああああああ!!!)

(何だこれ何だこれ何だこれ!!)

(逆効果じゃないのよ!!)


戸惑い驚き混乱後の、パニックパニックパニック。


「あの、あたしじゃなくて、香水の!」

「うん。後でね」


すんすん。


「今はこっちがいい」


すんすん。


「や、やめろ!匂い嗅ぐな!!」


すんすん。


「ちょ!そこには、香水つけてない!」


すんすん。


「あっ…待って。だから、違うんだってば…!」


すんすん。


「待って!やめて!ひゃっ!な、何するのよ!」


すんすん。


「なっ!やめっ!ワキはやめて!やめて!!」


すんすん。


「あんた、馬鹿じゃないの!?ワキに香水はつけてないわよ!」


すんすん。すんすん。


「ワキだけ重点して匂いを嗅ぐなあーーーーー!!」


すんすん。


「やめてぇ…!お願いやめてぇええ…!!嗅がないでぇ…!ワキはやめてぇえええ…!!」


すんすん。


「やめてっ…!やめっ…!やめてっ…!もう、やめて…!!」


すーーーーーーーーう。

はーーーーーーーーあ。


「やめろおおおお!そこで深呼吸するなーーー!!」


顔を真っ赤にして叫べば、


「……………………………」


キッドが、黙った。動かない。


「き、キッド…?」


動かない。


(なんだこいつ…?押さえてきたり、黙ったり。このままやっぱり臭いや、あははーとか言ったら承知しないわよ。ぱーんって叩くわよ。ぱーんって)


「………嫌だな、これ」


ぽつりと、キッドが呟いて、あたしはきょとんとする。


「え?」

「ドレス」


キッドが、不満そうに顔をあげて、ぶすっとした表情を浮かべる。


「邪魔」


ドレスが邪魔。


「テリーの匂いじゃなくて、布の匂いも混ざってる」


邪魔。


「柔軟剤の匂いなんてどうでもいいんだよ」


邪魔。


「俺はテリーの匂いが嗅ぎたいのに」


邪魔。


「テリー」


キッドが、真顔で、あたしに言った。


「脱いで」

「阿呆か!!!!」


その顔に、パンチする。


「いたっ!」


キッドが顔を押さえた隙に、あたしは急いでベッドの端に逃げ込み、自分の胸元を押さえ、振り向き、じろっとキッドを睨んだ。


「脱ぐわけないでしょう!ばぁーか!!」

(この変態!!)


キッドが殴られた顔を撫でながら、ベッドの端で縮こまるあたしを見て、眉をひそめる。


「だってさ、せっかくのお前の匂いが、そのドレスのせいで台無しなんだぞ」

「黙れ!くたばれ!お年頃の女の子に、よくもそんな下品なこと言えるわね!はしたない!汚らわしい!破廉恥な奴!!すけべ!!えっち!!」

「ああ、それは認めるよ。でもテリー限定ね」


さあ、わかったら脱いで。


「脱ぐか!あんたにあたしの綺麗なお肌を見せろっての!?」

「夏に散々見せてたじゃん」

「うるさい!暑かったのよ!今は冬よ!寒いじゃない!」

「俺が温めてあげるから、脱いで?」

「お断りよ!」

「…そう」


キッドが頷く。


「わかったよ」


無理強いは良くない。


「テリーに嫌われたくない」


脱がなくていい。


「そうだな」


あ、わかった。こうしよう。


「それ」

「ぎゃっ!?」


キッドがあたしの足を掴み、ひょいと上げる。

あたしはドレスのスカートを押さえて、悲鳴をあげた。


「ぎゃああああああああ!何よ!放せ!テリーの足に触るなんて!50万年早くってよ!!」

「だって、お前が脱がないって言うから」


フリルの付いたお気に入りの白いくつ下を、するすると脱がされる。


「お前の匂いが一番感じやすい足を嗅ぐことにするよ」


―――――――は?


ぞっと血の気が引く。

キッドを見上げる。

キッドは、不気味なほど、あたしの足を見て、うっとりしている。


「だって、脱がないんだもんね?」


仕方ないさ。


「ここの匂いも嫌いじゃないんだ」


言っただろ?


「癖になりそうだったって」


ここも、お前の匂いだから。


「ほーら、いい匂い。本当に、くくっ。…いい匂い…」


すんすん。


「やめろおおおおおおおおおおおおお!!」


叫んだ。

悲鳴に近い声で、思いっきり叫んだ。

だがキッドは止めない。

あたしの足に、鼻をくっつける。


すんすん。


「やめてええええええ!キッド!そこは、本当に!本当に駄目!!」


汚い臭い醜い汚らわしい、その蒸れた足の臭い。


「あああああああああああ!!やめてえええええ!やめてええええええ!!」


思わず顔を隠して、足とキッドを見ないようにして、必死に片方の足を暴れさせて、キッドに抵抗する。蹴り上げてやる!その可愛いお顔。蹴り上げてやる!!


「くくっ」


テリーってば。


「照れちゃって可愛いな」


軽々と、足を押さえられる。


「ひゃっ…!?」

「そんなに暴れなくても、何も怖くないよ?俺がお前の匂いを嗅いでるだけなんだから」


もっと嗅いであげるよ。


「ほら、見ててもいいよ」


むしろ見てなよ。


「テリーの匂い、最高」


すんすん。


「いやああああああああああああ!!!」


はしたないいいいいいいいいいい!!!!


「やめて!匂い!やめて!嗅がないで!!」

「いい匂いだよ。テリー」

「嫌だっつってんだろ!やめろ!!」

「煽るお前が悪いんだよ」

「あたしがいつ煽ったって言うのよ!」

「俺のあげた香水をつけてきた挙句、プレゼントの香水が、テリーの花」


これを煽ってないって言うの?


「俺さ、好きだよ?テリーの花の匂いも。自然な香りでさ、ハーブみたいな、爽やかな匂い。くくっ。いいのを選んできたね。テリー」

「い、言っておくけど、それ、人気がなくて、売れ残ってたやつなのよ!」

「売れ残る?これが?」

「そ、そうよ!ハーブ系って人気がないのよ。皆甘い匂いが好きだから!だから、テリーの花の香水はいつだって売れ残ってるのよ!」


それを、あんたにプレゼントしてやったわけだ!


「あっはっはっはっ!どうだ!ざまあみろ!キッド!あたしはね、こういう女なのよ!」


分かったら、


「さっさと婚約解消…」

「テリーってば」


キッドが笑う。


「本当に不器用さんだね」


キッドがあたしの足を下ろして、よちよちと膝と手で歩いて近づいてくる。


「ちょ、何よ…!」

「ふふっ」


ベッドの端のあたしの前に座り込み、頭を寄せてきて、そのまま、こつん、と、優しく額を重ねられる。


「ひゃっ」


顔が近い!!


「そんなに売れ残るなら、俺がつけてあげるよ」


そうなったらどうなるかな?


「国中がお前の名前の香水を求めるよ」


テリーの花の香水はきっとたちまち人気商品だ。


「………それはそれでムカつくな」


キッドがむっとする。あたしはそのキッドを不思議に思って、見上げた。


「ん…?…なんでムカつくのよ」

「だって、テリーの花の香水が売れちゃったら、もうお前にプレゼントしてもらえなくなるだろ」


独占したいから、私の名前の香水つけてって、言ってもらえなくなる。


「それは嫌だ」

「そんなこと、誰も言ってない」

「言ってるよ。言葉で示さなくたって、行動がそう言ってる」

「あんたね、何でも自分の都合に置き換えて考えるのやめなさい。悪い癖よ」

「事実そうなんだから仕方ないだろ?」

「そんなことないもん」

「あるの」


だって、今日も指輪つけてる。


「気に入ってるの」

「香水だってつけてる」

「あえてつけてきたのよ。婚約解消できると思って」

「するわけないだろ?俺の好きな匂いつけてるお前を嫌いになるもんか」

「重たい女だと思うかと思って…」

「テリー」


重たいくらいがちょうどいいよ。


「だってテリーに、重たいくらい想われるんでしょ?」


全て愛しいが故に。


「普段、俺を気持ち悪いって暴言吐くテリーが、俺の事が好きで好きで堪らないって想ってくれるんでしょ?」


ぞくぞくぞくぞくぞくぞくぞくぞく。


「ああ、いいね。それ。ぞくぞくする」


キッドがにやけた。


「ねえ、一回でいいから、テリー」


キッドが好きって言って?


「誰が言うか。あんたなんかに恋しないってもう決めたの!」

「キスしてるのに」

「あんたがしてきたんでしょ!手を掴まれたら抵抗も出来ないじゃない!抵抗出来ないか弱い少女の唇を奪うなんて、乱暴者!」

「人間ってね、キスしたらした分、相手を好きになるんだってさ」

「知らないわよ。そんなの」

「だからさあ」


俺が言いたいのは、


「これだけ顔が近いんだよ?」


(へ)


キッドが、顔を少し斜めに傾ける。


「テリー」


ほら、目を瞑って。


「キスの続き、しよ?」


ちゅ。


「んっ」


びっくりして、目を見開く。キッドの綺麗な顔が、目に入る。


(うわ、)

(やっぱり、顔だけは好み)

(顔だけは)


キッドの唇が離れる。でもすぐにくっつく。


ちゅ。


「んんっ」


肩が上がる。キッドが、力むあたしの腕を、優しく掴む。繊細に、撫でるように掴んで、また唇を離して、今度はキッドが瞼を上げる。


(あ、青い目)


その目を、じっと眺める。


(こいつ、目も綺麗なのよね)

(このまま見てたら、まじで吸い込まれそう)


目を開けたまま、その目があたしを見ていて、あたしも見ていて、


――――ん?


ちゅ。


(やっ…!)


はっとした。目が合っていたことに気づいて、慌てて、閉じる。


(あたしの馬鹿…!!)

(恥ずかしい!!!)

(気まずい!!)

(無理!!)


ぎゅううっと、さらに目を瞑ると、唇が離れた時に、キッドがくすっと笑った音が聞こえた。


(畜生…!笑いやがって…!あたしが本来の年齢の姿なら、あんたなんてぷつって潰してやるんだから!)


視界が暗いまま、また、くっつく。


ちゅ。


「……んぅっ」


くるとわかっていたのに、やっぱり慣れなくて、鼻から声が漏れた。眉をへこませて、ぎゅっと体を強張らせていると、キッドが唇を離して、今度はあたしの頬にキスをした。


ちゅ。


「んゃ、も、ちょ…!」


ちゅ。


「し、しつこい!」


両手で肩を前に押そうとすれば、その手をひょいと簡単に掴まれて、握られる。


「あっ」


左手が、キスされる。


ちゅ。


「あっ…」


キッドが、あたしの左手にキスをした。その姿が、美しすぎて、思わず、顔が熱くなる。


(見た目だけは、見た目だけはいいのよ…!)


見た目だけはいいその王子が、あたしの手にキスをした。愛おしいと言いたげな目で、

あたしの手を。

あたしの汚い手を。

あたしの罪で汚れた手を。

あたしの、大罪の死から逃れた手を。


あ。



駄目だ。


やめて。


やめて。



(やめろ)


キスするな。


(やめろ)


その綺麗な唇を寄せるな。


(やめろ)


その綺麗な唇を、寄せてはいけない。




やめろ。





汚れてはいけない。






「やっ…」



手を引く。


キッドは、放さない。



「やめて…」



キッドは放さない。



「怒られる」



天罰が下る。



「やめて」



嫌な事が起きる。



「やめて」


キスしないで。


「期待、させないで」


変な期待を持てば、ショックも大きくなる。


「やめて」


そんなことなら最初から。


「あたしを好きなんて、言わないでよ」


勘違いする。


「そんな幻想いらない」


何もいらない。


「お願い、放して」


キスしないで。

愛さないで。


「放っといて」

「婚約解消して」

「婚約破棄して」



その綺麗な目で、あたしを見ないで。







キッドは放さない。



「誰に?」



キッドは笑った。



「誰に怒られるの?」



キッドは笑う。



「お前のお母さん?」



キッドは笑う。



「それとも赤い服を着た魔法使いに?」



キッドは笑う。



「そんなの俺が追い払ってあげる」

「残念だけど諦めて」

「お前は俺のものだよ」


放さないよ。


「お前が嫌だって言っても、もう決められているんだ」

「お前と俺は運命の赤い糸で結ばれている」

「諦めて」

「俺を好きになるしか道はないの」


わかったら、


「そんな顔しないで」


お願い。


「俺だけを見てて」





キッドがあたしの顎をすくう。

クイっと上げられたら、あたしはその手のいう事を聞くしかない。

自然とキッドを見上げる。

その綺麗な目を、整われた顔を見上げる。


「ぁあっ…」


(駄目だ)


これはキッドの罠だ。


(遊ばれてる)


キッドは嘘つきだ。


「やだ…」


目線を逸らせば、


「逃がさない」


キッドの唇が、あたしの頬に落とされる。


「あっ」


首に、キスされる。


「あ、キッ…」


首筋に、キスされる。


「…はっ…」


浅い呼吸をすれば、


「テリー」


キッドがあたしの耳まで、体を起こして、


「愛してるよ」


掠れた声で、言われて、


「好きだよ」


単純で簡単な言葉を囁かれて、


「大好きだよ」


心臓を高鳴らせるあたしがいる。


「…うそ…つき…」


小さな声で呟けば、キッドがくくっと、笑う。


「本当にそう思ってる?」


嘘つきはお前だろ?


「素直になっていいよ」


俺が許してあげる。


「ほら、テリー」


俺を感じて。


―――ちゅ。


耳に、キスされる。


「あ」


―――ちゅ。


耳の下に、キスされる。


「…あ」


キッドの唇を感じる。


「あ…」



何と、言えばいいんだろう。

言葉で、表現するならば、



(気持ちいい)



その唇と、キッドのぬくもりが、


(心地好い)


キスされる。


(気持ちいい)


キスされる。


(気持ちいい)


キッドの手が動く。


(暖かい)


キッドの手が、あたしの首元に動く。


(キッドに抱きしめられてるぬくもりが、暖かい)


ぷちっと、第一ボタンが外される。

首をキスされる。


(気持ちいい)


ぷちっと、第二ボタンが外される。

うなじの近くを、キスされる。


(気持ちいい)


ぷちっと、第三ボタンが外される。

首にキスされる。


(気持ちいい)


ぷちっと、第四ボタンが外される。

ドアがノックされた。


「キッドや」


どんどん、ノックされた。


「さっき、テリー殿の悲鳴が聞こえて、声が聞こえなくなったぞ」


どういうことだ。


「お前、何している」







―――――――はっとした。


体が硬直した。下を見下ろせば、胸元までドレスのボタンが外されていて、あたしのキャミソールが丸見えだった。


(へ…!?)


さっと顔を青くする。


(あれ…!?)


顔を上げれば、キッドが横目で扉を睨んでいる。


(あ…!?)


「………………駄目」


ここで終わるのは駄目。


「テリー、続き」


小声で言って、唇を首元に寄せてきたのを見て、




あたしは悲鳴を上げた。



「いやああああああああああああああ!!!助けて!!ミスター・ビリー!!!!」


こいつの罠にまんまとハマるところだった!!


「キッド!!開けなさい!!」


扉がどんどん叩かれた。

キッドが青ざめるあたしをぎゅっと抱き締め、


「チッ」


思いっきり、舌打ちした。


「良い所だったのに…」

「何が良い所よ!変態!!」

「キッドや!!」

「あーはいはい。開けるよ。開ければいいんだろ。…畜生」


キッドがぼそりと呟いて、あたしから離れ、ベッドから離れる。

あたしは慌ててボタンを締めていく。


(キッドの誘惑にはまるところだった!

(怖い!怖い!怖い!!)


このガキ、怖い…!!


キッドが扉を開ける前に、ポケットに手を突っ込む。


(ん?)


内鍵の鍵を、隠された穴に突っ込んだ。

それを見て、またあたしの血の気がさーーーーっと下がっていく。


(と、閉じ込められてた…!)

(また扉が開かないようになってたんだ…!)

(怖い怖い怖い怖い!!)


キッドが物凄く不満そうな顔で扉を開ける。

開けた先のビリーは、鋭い目つきでキッドを睨みつけていた。


「キッドや」

「はい」

「何をしていた」

「何もしてない」

「扉の細工を使っていたな」

「テリーはすぐに逃げようとするからね」

「何をしていた」

「プレゼントを貰っていただけだよ」

「貰って、何をしていた」

「貰って」


くすっ。


「ちょっと、お礼を」


キッドの笑みが、ビリーの目をどんどん鋭くしていく。


「手は」

「出してない。じいやが邪魔してきたからね」

「テリー殿、出されてませんか?」

「助かりました!!!!」


こくこく頷くと、ビリーが微笑んだ。


「よろしい」


そしてキッドを睨みつけた。


「相手の年齢をわかっているのう?」

「わかってるよ。13歳でしょ」


でもさ、ビリー、考えてよ。


「俺、初体験13歳だよ」

「お前を軸にするな!!」


ビリーが怒鳴り、キッドが目を瞑る。


「わかってるよ…。わかってるってば…」


ちらっとあたしを見て、


「………13歳だもんね」


まだほんの子供だよ。テリーは。


「わかってるよ」


キッドがむすっと、頬を膨らませる。


「わかってるってば」


あたしから目線を逸らし、ビリーを睨んだ。


「何もしてないよ!本当に!」

「誕生日だからと言って、何が何でも許されると思うなよ」

「わかってるよ!何もしてないってば!」


(ワキと足の臭いを嗅がれたけど…)

(キスされたけど…)

(ん…?これ十分セクハラされてるんじゃ…)


「でも、じいや、俺、ちょっとくらいテリーに構っても許されると思うんだ」


王子としての仕事も全部引き受けた。全部完璧にこなした。言われた通りにした。


「おまけに、」


父さんの代わりに、隣国への出張まである。


「おかげで半年以上もこっちに帰れない」


どうしてくれるんだ。


「その前に、せっかく、久しぶりに、久方ぶりに、待ち焦がれていたテリーに会えたっていうのに…」


なんで邪魔してくるんだよ!!


「お前が王子と公言したんだ!仕事がくるのは当たり前だ!!」

「もう嫌だ!テリーと遊びたい!テリーといたい!!」

「わがまま言うな!!」

「あー!うるさいうるさい!そうやって怒れば俺が言う事聞くと思ってるんだろ!嫌だね!テリーを目の前に何もしないわけないだろ!俺の婚約者だぞ!俺の未来のお嫁さんだぞ!」

「レディに対する振舞い方を忘れたか!!もう一回勉強してこい!!」

「テリーはレディじゃない!俺の嫁になる俺のプリンセスだ!!」

「キッド!いい加減にせい!」

「あー!もう、うるさい!無理!!」


ばたんと、キッドがまた扉を閉めた。がちゃんと、本来扉につけられている鍵をかける。


「キッド!!」


ビリーが怒鳴る。


「もういいよ、どうせ半年こっちに戻れないんだ」


ドアを壊すなりなんなりすればいいさ。


「テリー」


ビリーが怒鳴る中、ドアを叩く中、ベッドの端っこで呆然とするあたしに振り向き、また近づく。


「ほら、おいで」


おいでと言いながら、あたしを胸の中に抱き寄せてくる。


「んっ…」

(苦しい…)


「半年もテリーに会えない」


ぶすっとした声で、キッドが上から呟く。


「いいじゃん。少しくらい大人なことしたって」

「あんたねえ…」

「だって、せっかくお前への想いを自覚したってのに」


このタイミングで、出張。


「嫌だ…」


甘える声で、あたしを抱き締める。


「離れたくない…」


寂しい。


「テリーに会えなくなる」


寂しい。


「王様になりたいんでしょ?あたしよりもそっち優先なんだから、そっちに集中しなさいよ」

「やだ…テリー…やだよ…」

「………っ」


(また、なんて声を出すのよ…!!)


ぐうううう…!こいつのこの声、本当に嫌だ…!!


(母性本能がくすぐられる…!!)


「ねえ、テリー」

「何よ」

「今日、泊まって?」

「あんた馬鹿じゃないの?」

「今日だけだよ。一緒にいよう?」

「…今夜はベックス家でクリスマスパーティーがあるのよ」

「…メニーに構うわけ?」


キッドがじろりと、目を鋭くさせる。


「いただけないな」


そう言って、あたしのドレスのボタンを、またぷちっと外す。


「ひゃっ!ちょっと!何を…!」

「キッド、開けなさい!」

「あー…やだやだ」


キッドがボタンを第三まで外し、あたしの鎖骨辺りに顔を埋めた。


「これだけでも残しておくよ」


キッドがそう言って、唇を寄せて、吸い上げるような、変なキスを、した。



―――ぢゅうぅ。


「ひっ…!」


びくっと肩を揺らすと、キッドがくすくす笑う。


「大丈夫。慣れるから」


慣れるまでキスするよ。


「さてさて、そろそろ開けるか」


あ、


「その前に」


キッドがテリーの花の香水の瓶を、あたしに渡す。


「テリーがつけて」


いつもみたいに。


「俺に香水つけて」

「……自分でやればいいのに」

「テリーにつけてもらいたいの」

「…言ってなさいよ」


瓶を開けて、三適ほど手に付けて、ぺたりとキッドの首に手を当てる。


「ふふっ」


キッドが笑う。


「何?」


訊けば、


「嬉しくて」


馬鹿みたいな笑顔を浮かべて、


「テリーが俺に触れてくれることが、こんなに嬉しく感じるなんて、我ながら呆れてるよ」


ここまで想いが募っているという事だ。


「テリー」


キッドの顔が、近づく。


「好きだよ」


(あ)


ちゅ。


唇を、奪われる。


(ちょ…!)


目を見開いて、カッと顔が熱くなって、肩を押すと、キッドがにやにやとにやけている。


「おしまいおしまい。はー。楽しかった」


(何よ…!何よ何よ…!なんであたしが振り回されてるのよ…!)


「じいやー。テリーがケーキ食べたいってさ」


扉を開ければ、ビリーが立って、呆れたようににやけるキッドを見ている。

キッドがあざとく、首を傾げる。


「まだ残ってる?」

「大量に買ってあるからな」


まだあると思うぞ。


「ほらテリー、一緒に食べようよ」


それで、


「俺にも、あーんってして」


可愛くあざとく、あたしに振り向くキッドに、呟く。


「誰がするか……」


熱い顔を俯かせて、呟いた。









(*'ω'*)






24日の夜。街は静まり返っている。皆、イベント会場に行っているようだった。


『キッド殿下の誕生日パーティー会場です!すごい盛り上がりですよー!』


ラジオをつければ、女性のアナウンサーの声が聞こえてくる。


「すごい盛り上がりだって」

「お姉ちゃん、行かなくてよかったの?」


メニーがあたしの部屋の地べたに座り、チョコレートケーキを食べながら、首を傾げる。


「んー。別に行く必要ある?」


あたしはメニーに背を向けて、自分の机でケーキを頬張りながらラジオを覗き込んでいた。

お腹が痛いと言って、断って、行かないと言ったメニーとお留守番。

呆れたママと、キッドを一目だけ見た事のあるアメリが目を輝かせて、パーティーが開かれた会場に出かけて行った。


猫のドロシーがケーキを舐めて、にゃーと鳴いた。


「だいたい、あたしは王室が開くパーティーはもうごめんよ。また怪盗が出てきてわーわー騒ぎになったら、たまったもんじゃない」

「ふふっ。もうきっとないよ。ソフィアさんも図書館司書として頑張ってくれてるし」

「どうだかね」


苺のチョコレートケーキを口に入れ、頬張る。


(…美味)


『あっ!キッド様!!』


アナウンサーの声色が変わった。

黄色から、ピンク色の声に切り替わる。


『お、お話、よろしいですか…?』

『はい、美しいレディ。今夜は来ていただいて誠にありがとうございます』

『あ、い、いえ…、私も、あの、仕事ですから…』


アナウンサーもデレデレじゃないのよ!!


(ちょっと!そいつまだ17歳のクソガキよ…!?)


『晴れやかな会場ですね…!私も見た時、感動してしまいました…!』

『国の方々がわざわざ私の集まってくださっているようで、なるべく広い会場を用意したのですが…ふふっ。入りきらないくらい、大盛り上がりで、感謝しかございません』

『あら…?あの、キッド様…、この匂い…』

『ああ、実は今日、少しおめかしをしてまして』


テリーの花の香水を、つけているんです。


『さわやかな、自然な、あの花の匂いがすごく好きでして、どうですか?嗅いでみます?』

『えっ!あっ!そんな近くに!!』

『おや、抱きしめやすい体ですね。マドモワゼル』

『ひゃあああああ…!そんな、殿下!公共の場で…!はあああ!駄目ぇ…!!』


「……………」

「……………お姉ちゃん」


メニーが、顔をしかめて、ケーキを食べて、呟いた。


「キッドさん、相変わらずだね」


あざとすぎない?


「テリーの花って…」


わざとらしい。


「やっぱり関わらない方がいいよ。あの人」


お姉ちゃんが可哀想。


「…お姉ちゃん?」


メニーが返事をしないあたしを不思議そうに呼ぶ。あたしはため息をついて、ケーキを食べた。


「そうね。ものすごく呆れてる」


あたしは呟く。


「テリーの花の香水?」


あたしは呟く。


「あれ、超売れ残ってたのよ。香水屋さん行ってみなさい、メニー。売れ残ってるのが見られるから」


ばっかみたい。


「何やってるんだか」


値引きされてる、売れ残った香水を、誕生日パーティーにつけてくるなんて。


「何考えてるのか、わかんない奴ね。本当に」

「お姉ちゃん?」


メニーが、首を傾げる。


「寒い?」

「寒くないわよ」

「でも」


メニーが、きょとんとして、言った。


「耳、赤いよ?」


あたしの手が、痙攣した。


「え、何だろう?なんでかしらね?寒いのかしら?」


手でそっと、耳を隠す。


「変なの」


顔が熱い。


「ケーキ美味しいわね」


メニーに背を向けたまま言うと、メニーが微笑んで返事をした。


「うん!チョコレートケーキ大好き!」


メニーは、ご機嫌だ。

あたしがキッドの生誕祭に行かないと言ってから、すごくご機嫌だ。

良いことじゃないのよ。


良いことよ。




良いことなのに。




なんでこんなに胸がどきどきしているんだろう。



(恐怖じゃない)

(緊張じゃない)



この気持ちは、自覚してはいけない気がする。



(詮索は無しよ)



顔が熱い。

胸がドキドキする。

心臓がぶるぶる震える。

キッドの顔を、思い出す。

キッドのぬくもりを思い出す。


「はーあ。さっさと出張に行っちゃえばいいのに」


そしたらこの気持ちも治まるに決まっている。


「キッドがいなくなれば、勉強に時間を費やせる。メニー、今までよりもたくさん勉強して、遊ぶわよ」

「図書館も出来たしね!本読みに行こうよ!お姉ちゃん」

「そうね。それもいいかも」


死刑さえ、回避できればいいのだ。

幸せにさえ、なれたらいいのだ。

キッドがいなくても、実現すればいいのだ。


机に置かれた小さなスタンドミラーを見て、背筋をぴっと伸ばす。


(ほら、素敵な貴族令嬢がいる)


テリー・ベックス。


(今日も、とっても素敵な女の子)


……………ん?


「あーーーーーー!」


思わず、声を出す。メニーがびっくりした声を出す。


「ど、どうしたの?お姉ちゃん!」

「メニー!明日部屋をくまなく掃除するように、メイドに言っておきなさい!」

「え?」

「あたしの綺麗なお肌が、虫に刺されてる…!」


鎖骨辺り、赤く、なってる…!!


「この時期に?」


メニーが首を傾げる。


「くそ!くそ!いつ!?昨日出かけた時かしら…?それとも今朝?ああ、腹立つわね!」

「きっと虫さんもクリスマスだから、テンションが上がっちゃったんだよ」

「テンション上がっちゃったの問題じゃないわ!このテリーの肌に…!よくもよくも…!」


ぐぬぬっと唸り、鏡を見て唸り、怒って唸り、メニーがくすくす笑っている。ドロシーがメニーの足に頭を摺り寄せ、またケーキを食べる。


「もう…最悪…」


呟いて、うなだれる。

ラジオからは、アナウンサーのテンションの高くなったとろけた声と、キッドの作られた硬い喋り方が耳に入る。


(とんだクリスマス・イブね)


赤い魔法使いは、クリスマス当日に、どんなプレゼントを用意してくれるだろうか?


(明日、靴下をチェックしないと)


どうか、いいものが入っていることを願って。

そしてどうか、死刑を回避出来る道に歩いていることを祈って、


(13歳の一年が終わる)

(来年は14歳)


刻一刻と時間は近づいてきている。


あと、四年。


――――その前に、来年は問題が、山積みだ。


(14歳の10月…)


あの惨劇を思い出すだけで、体が震えあがる。


(今回は、キッドがいる)


その悪夢を少しでも回避できることを願って、あたしは、ひたすら、祈る。

これから起きる事件を知らないメニーは、能天気にケーキを頬張る。


「お姉ちゃん、キッドさん、まだ暴れてるみたい…」

「暴れてるわね…」


アナウンサーをおちょくり、メロメロにさせているキッドの声に呆れながら、メニーと、ドロシーと、ケーキを食べていく。


外では、まだ、平和な外では、静かに雪が降っていた。






―――後日、香水屋に男女関係なく、並びに並び、皆が値引きされたその香水を手に取った。予約まで殺到。テリーの花の香水は、たちまち、城下町の、国中の、人気商品となった。


テリーの花の香水の棚には、以下の札が貼られた。


SOULD OUT!(売り切れ!)





番外編:SOULD OUTにご注意(キッド)END

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます