二人でお出かけライフ2(キッド)


「歩いている人が少ないね。やっぱり皆ゆっくりしてるのかな?」



キッドがテリーと手を繋ぎながら周りを見る。店に入る人も少ないように見える。唯一食べ物関連の店には人が多いが、それでもいつもと比べたら圧倒的だ。

冬用の帽子を深々と被り、キッドの顔が隠される。テリーも周りを見て、キッドの手を引っ張る。


「ねえ、キッド、9歳の女の子に知り合いはいる?」

「もちろん。俺は町中の女の子は知り尽くしていると言っても過言ではないよ!今年は19歳から6歳までの女の子に愛の告白をしてもらった!あ、勘違いしないでね。もちろん丁重に断らせていただいたよ。俺にはテリーだけさ」

「隙を見せると無駄な口説き文句…、15歳にしてなんて奴…!そんなものは結構よ!そうじゃなくて、9歳、10歳の女の子だったら、どんな種類の鞄が好きなのかと思って」

「年が近いのはお前だろ。お前がいいと思ったものでいいんじゃないの?」

「………そんなに、近くないでしょ」


………あ。


「…いや、確かに近いけど」


テリーは、よくわからないことを言い出す。キッドは違和感を感じている。けれど、これくらいの年ごろだったら、一歳違うだけでも、自分は、うんと大人、と思うのかもしれない。薄く微笑み、違和感を無理やり消して、婚約者に付き合う。


「テリーの選ぶものはセンスがあるから、直感を信じていいと思うよ」

「何よそれ。馬鹿にしてるの?」

「なんで?俺がいつお前を馬鹿にしたの?」

「センスがいいって言った」

「うん。センスいいじゃん」

「はあ?」

「だってさ」


テリーに振り向く。


「似合うでしょ?」


彼女からもらったマフラーを見せて、キッドは微笑む。


「これ、女の子たちからも評判いいんだよ」


にこっと笑えば、テリーの仏頂面が、少し和らぐ。驚いたように目を見開き、ほんのり照れた顔を見せて、―――ふと、それを隠すように、むっと頬を膨らませ、キッドから視線をそらす。


「当たり前よ。それは苦労して見つけたんだから。そうじゃないと困るわ」

「ふふ。苦労してくれたんだ?ありがとう。テリー」

「そうよ。感謝しなさい」


彼女の目は、キッドを見ないように逸らしている。テリーは、照れるか、見惚れるか、図星を突かれたか、何かに抵抗するときに、キッドから目を背けることを、キッドはすでに察している。


「駄目だよ」


顔を近づければ、案の定、テリーが驚いて、足を止める。


「……っ!」


その顔が、どこか可愛く思えて、キッドがもっと、もっと、テリーを見つめる。


「将来、嫁ぐ先の相手と歩いてるんだ。俺の事、ちゃんと見てて?」

「……あんただけ見てたら転ぶでしょ。ほら、早く探さないと」

「もー。相変わらず素直じゃないなあ。そこも嫌いじゃないよ。ハニー」

「きもっちわるい!」


ぞわぞわと顔を歪ませるテリーも、キッドはとても気に入っていた。

だって、そんなことをする女の子は、誰もいなかったから。


ふふっと、上機嫌でキッドが歩き出す。


「あ、キッド!」


知り合いの女の子と、目が合い、にこっと笑って手を振れば、女の子も嬉しそうに手を振り返してくれる。


「あら、キッド、妹さん?」


また知り合いの女の子に声をかけられ、そっちにもにこっと笑ってつないだ手を見せびらかすと、相手は少しむっとしたように、それを気づかれまいと、微笑んで手を振っている。


――ほらね、皆、俺にメロメロじゃないか。可愛いじゃないか。とても。


ちらっと見下ろせば、キッドを全く相手にしてないテリーは、ひたすら妹の鞄を探している。

こんなイケメンと手を繋いで、歩けているのに、照れた素振りも、構ってほしいという素振りも、こちらから何もしないと、テリーは全く相手にしない。


「ふむ。面白い」


キッドがつぶやく。


「ん?なんか言った?」


振り向くテリーに、にこりと微笑んだ。


「テリーが幼稚過ぎると思っただけだよ」

「くたばれ。さっさとその髪はげてくたばってしまえ」

「失礼な!俺のキューティクルにケチをつけるのか!?」

「何がキューティクルよ…。あほくさい…」


そのうんざりする目つきは、とても11歳には思えない。


11歳というのは、もっとわくわくした目で、もっとドキドキした目で、キッドを見つめてくるものだ。リードしてあげれば、照れ臭そうに微笑んで、頬を赤らめて、キッドにうっとりと見惚れてくれる。その唇にキスをしてあげれば、興奮の後に気絶ものだ。


そういう女の子を、キッドは好きだった。

だって、自分に構ってくれるから。

自分を好きだと思ってくれているから。

自分に好意を寄せる女の子は、皆、全員、どんなみすぼらしい姿であろうと、どんな着飾った姿であろうと、キッドは愛を持って受け入れた。


―――この、テリーを除いては。


「っ」


テリーの目線がそれを見つめる。じっと見つめる。でもそれは鞄ではない。けれど、何か、誰を見るよりも、キッドを見るよりも、きらきらした目で、ほんの少し見惚れるように、見ている。初めて見るテリーの表情。それをキッドは見つめる。


「……ハムスター?」


ばっと、テリーが慌ててキッドを見上げる。


「な、何?」

「ハムスター好きなの?」

「は?ネズミなんて気持ち悪いわよ!貴族の令嬢が、そんなもの見るわけないじゃない!」

「ハムスター可愛いよね。俺好きだよ。あの小さい体が手の上に乗ったりするのを眺めると癒されるよね。種を渡すとさ、口いっぱいに種を入れて食べてるのも、見ててどきどきする」

「……………」


またテリーが目線を逸らす。しかし、その表情が、しばらくしてにやけているのを見て、察しが付く。


――ああ、好きなんだ。ハムスター。


(いや、こいつ、俺がわざわざハムスターって言ってあげたのに、『ネズミ』って言ってたな)

(ネズミが好きなんだ?)

(ネズミねえ…)


くくっとキッドが笑い出し、テリーがまた見上げる。


「…ん?どうしたの?」

「いや、ちょっと面白いものを見ただけだよ」

「面白いもの?」

「うん、ちょっとね」

「ふーん…」


また興味なさそうにちらっと視線を逸らし、店を探しだす。

名高いブランドの店を見つけても入らないことから、おそらく、メニーが高価なものを求めない性格であることが伺える。


(だから、余計に困ってるんだろうな)


あえて古着屋や雑貨店を遠くからじっと眺めているのは、そのせいだろう。


「入ってみれば?」


キッドが訊けば、テリーが首を振る。


「貴族が庶民の店に入るのは…物を見定めてからよ」

「お前はさっきから何言ってるんだよ。ほら、入るよー」

「ちょっ…!」


古着屋に貴族も庶民もあるかと、キッドが手を引っ張る。

店内に入れば、ジャズのBGMが流れていて、おしゃれな壁紙と床で覆いつくされている。


「ほら、探せば?」


鞄が並ぶ場所にその手を引っ張れば、テリーがじっと見つめる。


「いっぱいある…古着屋のくせに…中古店のくせに…」

「お前ねえ、これぞ庶民の知恵だぞ」

「あたし舐めてたわ。これはすごい種類。いろんなブランドが並ばれてる…偽物もある…」

「……それは言わない方向でいこうよ」


キッドがあえて目を逸らすと、テリーが鞄に手を伸ばす。レトロな作りの鞄だ。痛みもあるが、十分に使えそうなもの。しかし、テリーはその鞄が作られた会社の札を見ていた。


「この会社、城下にあったかしら?」

「ん?」

「鞄のデザインが、メニーに合ってる。あるならそこに行って、新しいものを買うわ」

「ああ。一応ブランドものだね。俺、そこ知ってるよ」

「え、わかるの?」

「うん。本店があるはずだよ。行ってみる?」

「ええ!」

「よし、きた。おいで」


何も買わないのは気が引けるが、テリーの手を引いて、キッドは店から出る。

そしてテリーが見てみたいというその鞄を作った本店に、足を向ける。

テリーが少しでも喜んで、自分を好きになってくれれば、困ることはない。


(これで少しは惚れてくれるかな?)


下心を隠し、道を進んでいく。テリーはその間も、疲れた、という言葉を出さず、早く早くと心が躍ったように歩いている。


(靴が濡れるのに)

(雪道で歩きづらいはずなのに)


テリーは馬車に乗らず、キッドと長い道を歩いている。


(貴族のくせに、変なの)


キッドは、その違和感が消せない。

テリーは自分を貴族貴族と言っている割には、どこか庶民の考えを尊重している部分がある。貴族としての礼儀を知っているはずなのに、無駄なものに関しては無視している。そんなものは礼儀ではなく貴族が勝手に決めたものだと言って無視をする。

貴族の勝手なルールを守ったところで、いざというときに自分を守ってくれないのでは意味がないと、そう言って、またキッドと歩く。


彼女の唯一無視できない欲と言えば、「命」に関することだろう。


(『生』というものに執着がありすぎる気がする)

(まあこの年齢だもんな)

(被害妄想も多くなる時期だ。しょうがないのかも)


「あ、あれだよ」


指を差して言えば、テリーがじっと、店を睨む。


「よし、ここで決めるわよ。もうこれでメニーに恨まれなくて済みそうだわ」

「え?あの子、誕生日プレゼント如きで人を恨むの?」

「馬鹿ね。メニーがそんなことするはずないでしょう。あの子ほど心が綺麗な子はいないのよ」

「お前が今言ったんじゃないかよ」


指摘すれば、ぎょっと、テリーが目を見開く。


「も、もしもの話よ!!」


(あーなんか、隠してる顔だ)


テリーもテリーで変わってるが、メニーもメニーだ。

あの子も相当変わってるとキッドは思う。

だって、

テリーに声をかけて、

テリーに触れていた時に、

テリーの横から、

あのメニーは、

あの純粋そうな少女は、


――――殺意を込めて、キッドを睨みつけていたから。



(ベックス家の令嬢は皆変わり者なんだね)

(…面白い)


キッドは、にんまりと、いやらしく微笑む。



(*'ω'*)



店から出る頃には、テリーは胸をなでおろしていた。手には大きな紙袋。中には、ラッピングされたプレゼント。


「持つよ」


手を伸ばせば、拒否される。


「自分で持つ」


その顔は、満足そうににやけている。


「これで…これで何とか、今回のミッションは成功したわ…!」

「うんうん。よかったよ。同じのはなかったけど、似てるやつが合ってよかったね」

「ふふっ!こっちの方が全然可愛かったわ!メニー、絶対喜ぶ」

「こういうのが好きなら、今度店にメニーを連れて来れば?」

「そうね。今後の誕生日プレゼントに使えそうだし、ふふ…これで…また遠のいた…!」


ぐっと拳を握るテリーに、微笑む。


(何が遠のいたの?)


「ありがとう。キッド、案内してくれて助かったわ」


見上げてくる婚約者に、深々と頭を下げてみせる。


「いいえ?とんでもございません。我が姫のお役に立てるのであれば、この程度、お安い御用です」

「胡散臭い…」

「えー?」


(どうして喜ばないかな?この子は)


キッドは不思議でしょうがない。

紳士としてのアクションをすれば、それがからかいでも、女の子はそれが嬉しくて喜んでくれる。テリーに限っては、それをすれば不機嫌に変わる。


(わからない…)


「あ、そうだ」


テリーが立ち止まり、キッドに振り向く。


「お礼よ」

「ん?」

「ご褒美」


ぽんと、手に乗せられる。


つばのついた、温かそうな、ニットの帽子。

キッドは目を丸くして、じっと、それを見つめた。

目の前には、無邪気な表情で笑うテリーがいる。


「鞄以外にも小物を取り扱ってたの。あんた、帽子破けてるわよ」


(おっと?)


「そのマフラーにも色が合ってるし、悪くないでしょ?」


(確かに)

(つばもついてるし、『顔を隠す』には十分だ)

(へーえ。やっぱり、センスいいな)

(……)



――――びっくりした。



まさか、こんなサプライズがあるとは思ってなかった。

帽子だって、破れていることは知っていた。いつか買い替えようと思っていたけれど、また今度また今度と放っておいてた。


まさか、この子に買ってもらえるとは思ってなかった。


「…………キッド?」


黙り込むキッドに、不安そうになるテリーの顔。


「……いらなかった…?」


その顔が、

どこか、

本当にどこか、



―――とても可愛く思えて。


(おっと?)


キッドが、微笑む。


(俺としたことが)


(少し)


(驚いて)


(どきっとしてしまうなんて)


(これは、やられたな)



そっと、テリーの頬に手を添えれば、ぱちくりと瞬きするテリーの目。

その目に映るために、少し背の高い身をかがみ、キッドからテリーの顔を覗き込む。


「いいや、嬉しいよ?」


キッドは微笑む。


「本当に嬉しい」


ついつい、無意識に口角が上がってしまう。


「ありがとう。最高のご褒美だよ」


そう言えば、テリーが呆れたように鼻で笑い、肩をすくめる。


「大袈裟ね」


そんな彼女に『悪戯』をしたくなって、キッドはテリーに罠を仕掛ける。


「ねえ、テリー、被せてよ」

「え?あたしが?」

「そうだよ?」

「何よ。自分で被ればいいでしょ」

「婚約者なんだからやってよ。マフラーだって、お前がやってくれたし」


『誕生日』での出来事をあえて触れず、その日の事を口にすれば、テリーが思いっきり、キッドを睨みつける。その頬は、ほんのりと赤い。


「……っ」

「なーに?その目?そんなに俺を見るのが好きなの?テリー。ふふっ、嬉しいなあ」

「はあ?ふざけないで。貸して!ほら!」


帽子を取り上げ、テリーがかがむキッドの頭に被せていく。


(あーあ、こんなに簡単に引っ掛かるんだから)

(さて、どんな顔するのかな?)


キッドが、ちらっと、瞼を上げて、薄く、微笑む。

そんなことも知らないテリーは、乱暴な口調とは裏腹に、丁寧に帽子を被せ、ぽん、と頭に手を乗せた。


「はい、完成!」


手が離れる。


「完璧ね!」


満足そうに笑う顔が近い。

自分はきっと彼女が選んだ帽子とお似合いなのだろうと、そう思って、それを気にする前に、その近づいた顔の鼻に、キスをする。


―――――――ちゅ。


「っ」


テリーが固まった。

キッドは微笑んだ。

テリーが硬直した。

キッドはにんまりと笑った。

テリーの頬が赤くなった。

キッドの頬が赤くなった。

テリーの唇がわなわなと震えた。

キッドはその顔に見惚れた。


(ああ)

(可愛い顔)

(びっくりしてる)

(驚いてる)

(恥ずかしそうにしてる)

(顔が髪の毛より真っ赤だ)

(うわ、何これ)

(思ったよりも可愛い)

(反応は素直なんだよな)

(言葉も素直になればいいのに)

(素直じゃない分)

(こうなった時がすごく可愛いな)

(いいね)

(もっと見てみたいな)

(テリー)

(じゃあ、)

(唇は)

(どうかな?)


その瞳を見つめる。

テリーの瞳を見つめる。

まだ幼い少女の目を見つめる。

ゆっくりと顔を近づかせて、

自分に見惚れさせて、

自分に魅了させて、

少女を支配したくて、

その唇に、自らの唇を重ねようと近づけば、



テリーの手が、邪魔をした。


テリーの手袋のひらに、唇がくっつく。


ちらっとテリーの目を見れば、テリーの目は、羞恥と、怒りと、緊張で、キッドを睨みつけていた。


「それだけは、」

「絶対に」

「回避する!」

「あたしのファースト・キスは、渡さないんだから!」


ぶるぶる震える手が、その真っ赤な顔が、自分に向けられているのだと思うと、キッドの胸が、きゅっと締め付けられる。


(ああ、いいね)

(悪くないよ)

(そうやって純情ぶってもったいぶるテリーも悪くない)


ま、いずれは、


―――テリーの方から媚を売ってくることになるんだろうけど。


そんなテリーも見てみたい気がする。

自分に媚を売って、嘘でも微笑んで、嘘でも、キッドが好きよ。という彼女の姿。

飽きたら婚約を破棄すればいい。

飽きなかったら、いつまでも遊んでいればいい。


(それまでは、我慢してあげるよ)

(テリー)


キッドが微笑むと、テリーが怒りだし、キッドから離れる。


「もう知らない!最低!嘘つき!人の親切を仇で返しやがって!許さない!」

「怒らないでよー。テリー。すごーく可愛かったよ」

「ううううるさい!ロリコン!くたばれ!凍ってしまえ!!」


どもらせるその声も、どこか愛しく感じる。

妹のような、友人のような、親友のような、家族のような、

そんなテリーは、キッドにとって、大切な希望だ。


「ちょっと、離れないでよ」


キッドがテリーの手を握ると、テリーが思いっきりキッドを睨みつけた。


「触らないで。変態!」

「あはは!お前だけだよ。俺に変態とか言ってくるの」

「ミスター・ビリーに言ってやる!」

「おー?そんな悪い事をする子はこうしてやるー!」

「わっ、やめ、公の場で抱きしめるな!やめろ!馬鹿!!まぬけ!!キッド!!こらー!くそがきがああああああ!!」


(あはは!可愛いなあ!)


暴れるその小柄な体をぎゅっと抱きしめて、キッドは、にやける口角を下げることなく、自分の素直な感情に、身を委ねた。






番外編:二人でお出かけライフ(キッド)END

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます