綾樫町ばけねこ綺譚

作者 荷葉詩織

51

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

リプありがとうございました
「匂の宮」まで読みしました

猫のあやかしと星好き少女とのやり取りに癒されます
和ものファンタジーということで、設定難しそうなのですが、素直な文章で読みやすいです

このまま読み進めるか?
迷いましたがすみません…ちょっと私には長いですねぇ。。。
起承転結の連続なのか?
はたまた長編読み込ませるほど、興味をひく結論が始めに出てるといいかもしれませんが、なにより癒されるので笑

フォローさせていただき、ゆっくり読みたいと思います

★★★ Excellent!!!

一匹の猫と少女の出会いをきっかけに、様々な物語が綴られていきます。

緻密に練られたストーリーと、読みやすく且つ美しい文章がとても好きです。
私は雪がほとんど降らない地方に住んでいるのですが、そんな読者でも想像しやすく、雪の冷たさや空気の張り詰めた感じがすごく伝わってくる。そんな描写がちりばめられています。

今この日本のどこかで、このお話が起きているんだろうか。いつの日か、銀色の毛並みに葡萄酒色の目をした猫と、出会えないかなあ。ついそんな想像が出来てしまうような、不思議な身近さがあります。

猫と少女の物語がどんな過程をたどり、どのような結末を迎えるのか。怖くもあり、楽しみでもあります。
彼と彼女の生き様を、ぜひ読んで自分の目で確かめて欲しい。そうおすすめしたくなる物語です。