【長編】アナログアンブレラ。

五水井ラグ

Part.1 手動で影をつくる物。

01.

 傘は雨を弾く。「弾く」は「はじく」と読むし「ひく」とも読む。傘とは、雨を遮りながら雨を奏でるもの。


       ◆


 真っ赤な傘を見た。春時雨の十六時半は、ちょうど少女が手頃なビルを探してぐるり衝動的に往来を見まわしているときだった。

 粒のおおきな雨が順繰りにぼたっぼたっ飛び降りて自殺みたいに地面でつぶれる。人々は無色の〈傘〉魔法を頭上に書きおき、手ぶらでにぎやかな学園都市をゆき交っていた。屋根の無い道で談笑したり呪文を唱えたり研究課題について議論したり晴天のときとなんら変わらない過ごし方をしてまるで雨なんか最初から降っていないかのように誰も濡れない。魔法陣の文字列が音を吸いこむので耳にも届いてこない。雨は、存在ごと無視され続けた。安全で便利な現代の見慣れた光景だ。そこに見慣れないのを見た。少女はおもわず振り返っていた。

 ほんものの傘だった。

 花が開いているように見える。魔法が無かった時代に文学のなかで傘が「咲く」ものであったことはなるほどその見ため通りとおもった。往来にあふれる〈傘〉魔法はもちろん色がついていないし誰も片腕をあげっぱなしにしていなくて、ぽつんと開いた赤い傘は目立った。なめらかに盛りあがったちいさなドームが、その人の歩くのにあわせて上下左右にちょっと揺れる。肩のはじっこと脚の下のほうを濡らしていた。えっ、なんで? 少女は唖然とした。濡れてる。どうしてわざわざ濡れるの? 目で追っているうちに傘の人はひょいっと人混みに消えた。

 春時雨の十六時半に傘を追いかけ始めたのは少女もわざわざ自ら濡れようとする側の人間だったからだ。ついでになんとなく骨董品が好きだった。地面でつぶれるために手頃なビルを探すのは別に急いだ用事ではなかったので、傘に導かれて往来を横切ってみることにした。

 頭上に若者たちの広げた無色の〈傘〉が重なりあい、無色は何枚あわさっても無色のままで、黒ずんだ夕方の空がよく見渡せる。足元は濡れていた。少女は〈傘〉を書かず駆ける。水が跳ねる。つるりとした春のピンヒールにかかる。雨の日の最適解じゃない靴。傘の人は見あたらなくて、〈瞬間移動〉したのかもと考えたけど、その人が消えた人混みの先に移動系魔法の残り香が無く、向こうの暗い街角を……あ。ひょいっと曲がっているのが見えた。赤い傘が揺れる。走っていくとまた……ひょいっ。何度か繰り返して数分後には学園前のにぎやかな通りを抜けていた。高層ビルが立ち並ぶひとけの無い道だ。威圧的な灰色のビルに両側から押し縮められるみたいにして、人一人なんとか通れる幅の階段が地下へぐぐっと落ち窪んでいる。

(えっ。ここ?)

 正直、関係者以外立ち入り禁止感がものすごく伝わってきた。いつのまにかずぶ濡れになっている服が、髪が、からだに貼りつき不快。ビルの灰色と空の夜色とがすっかり同化してずぅん冷たく少女を見おろしていた。都市の中心部から外れれば、其処は社会人たちを閉じこめ会議ばかりする建築物の群れが、重たく地面へ植わっている区画で、部外者はあまり勝手にうろついてはいけないことになっていた。〈瞬間移動〉用の〈箱〉と〈瞬間移動〉を防ぐ〈セキュリティ〉とで魔法がむせ返るほどに満ち、専用のパスカードを持っていないと体調を崩す場合もある。さっきの傘の人はビルに出入りする大人だろうか。空中ディスプレイの地図を起動してみても、お客さんのためのきらびやかな看板やらメニュー詳細やら割引券やらが表示されない。余所者の来訪を想定していない町だった。急に馬鹿らしくなった。当初の目的をおもいだしていた。手頃な、ビルを、選ぶ。選びたかった。行きたいのは屋上であって、地下にしか行けそうにない階段の前で全身を濡らして立ち尽くす必要なんかなかった。

 そうして引き返そうとしたときだ。

「おい。おりるのか? どくのか?」

「え」

「おりるのか。どくのか」

 この階段ってわたしがおりてもいいの? 訊きかけて口を閉じた。気づけば後ろに美しい青年がいた。美しいという形容詞は学生の日常語彙としてはいくらかかたいけれどほかに表しようがない。女と見紛うほどの鋭い美貌が、ぬらり、と不気味に佇む。背筋が凍った。雪のような白い髪が腰まで流れていて、声と同じに淡々とした表情で、杖をつき、傘をさして歩いてきた。――傘!?

 彼は黒い傘を少女に差しだしつつどうでもよさそうに言った。

「階段をおりるのか。其処をどくのか」

 かつっ。かつ。杖が地面を鳴らす。鳴るってことはあの杖には魔法がかかっていない。

「ま、迷ってます」

「というと?」

「えっ、と……進むか、終えるか、迷ってます」

「ふむ。迷うのは貴方の自由だ。だが階段を塞がない場所でやれ」

「はあ……」

 青年は言うだけ言うと少女の手に傘を押しつけ「失礼」ひとこと残して下へ向かった。かつ、かつ、杖に慣れているのか階段でもペースを崩さずかつっちいさく響かせておりていく。手渡された傘は予想より重たかった。第二次魔法期以前の人たちはこれをあたりまえに雨よけとして使っていたんだ。風情があるが不便だろうなとおもう。重いし、邪魔だ。かさばる。重い。それに邪魔……、と脳内はぐるぐるまわって人生が数秒間とまっていた。

「えっ? あの、あ!? これどうするんですか!? こんな貴重なものいただけません! あの!?」

 杖の音はとまらない。

「あれ、すみません!?」

 震える手に傘を握り直した。安っぽいビニールじゃないし魔法の気配がしないのでこれはやばいやつかもしれなかった。一本で家一軒を軽く建てられる。のもあるらしい。雨に濡らしたら汚れちゃうんじゃないか? と傘的には本末転倒な思考の流れがぶわわわっと。

「待っ……」

 ――駆けおりた先の樫のドアを、躊躇するまもなく開け放った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます