近くて、遠い存在

 ……………………


 さて、学校の課程終了。帰るか。

 気がつけばもう夏の足音がする季節。香織とも仲良くなれて憂鬱も晴れたし、なんとなく浮き足立つ。


 そうして教室を出ようとしたときに、何やら思案するような表情の美久とはち合わせた。

 ちなみに俺も美久も同じB組だが、出席番号で決まってるため、座席は離れている。まさしく点対称の位置だ。


「……どうかしたのか? 美久」

「……なにが?」

「なんか考え事してるような顔してるぞ」

「……付き合い長いとバレバレね。大したことじゃないよ。……あたし、用事あるから。じゃあね」

「…………」


 何だかなあ。ま、あいつは嘘はつかない。大したことないと言うなら、信じよう。


「……あれは、たぶん告られるな、有田さん」

「のわっ! ……恭平きょうへいか、びっくりしたぞ」


 後ろからいきなり話しかけられてびっくりしたわ。全く気配が感じられなかった。

 話しかけてきたのは、同じクラスの菱本恭平ひしもときょうへいだ。悪いヤツではないが、非常につかみどころがない。


「大げさだぞ、真一」

「……俺の背後を取るとは、おまえ暗殺者になれるんじゃねえか? まあそれはおいといて……告られる?」

「たぶんな。有田さん、バスケ部の尾形おがたが狙ってるからな」

「よく知ってるな、恭平」

「俺が尾形に直接聞かれたんだよ。『有田さんって、真一とつきあってるのか?』って」

「……なんでおまえに聞くんだ」

「さあな。真一に直接聞きづらかったんじゃないか」


 ……確かに、客観的に見れば、美久も美少女の類だ。俺は見過ぎて麻痺してるけど。


「なるほど。美久って結構モテるからな」


 俺の言葉に、恭平があきれ顔をした。


「何言ってんだ、結構なんてもんじゃねえぞ。一年生の中では、D組の倉橋さんと並んで、ツートップだ」

「……そうなんだ」

「でも、倉橋さんは超絶なブラコンだし、有田さんにはおまえがいるしで、大抵のヤツは、一年ツートップはあきらめてるんじゃないか?」

「俺は美久とつきあってはいないぞ」

「そんなのわかってるが……それが不思議なんだよな。下手なバカップルより、おまえら仲いいのに。だからこそあきらめるんだろ、みんな。尾形のようなあきらめの悪いヤツが玉砕するだけでな」

「………………」

「そしておまえには、あのかわいい妹がいるだろ? 正門でおまえを待っていたとき、『あのかわいい子は誰だ?!』って、かなり話題になったんだぜ。ロリロリしくて庇護欲そそるっつーか」

「……香織はたぶん、来年ここにくるぞ」

「香織ちゃんっていうのか。へー、来年に……ってちょっと待て。あの子、中3か? ひとつ下なだけ?」

「ああ、そうだが」

「うっそだろー……恥ずかしそうに『真一兄さんを呼んできてください』って言ってたとき、中1にしか思えなかったわ……」


 なるほど。ま、ただでさえちっこい上に、常に下向いてるからな。仕方あるまい。


「……とりあえずまとめるとだな、真一。おまえ、男連中から羨ましがられてるからな。気をつけろ」

「何に気をつけるんだ」

「さあな。ま、美少女な幼なじみと義妹なんて羨ましいぜ、って話だ。じゃあな」


 言いたいことを言い尽くしたのか、恭平は去っていった。……俺も帰るか。

 なんとなく、美久のことが引っかかるけど……俺には無関係だ。


 ……そういや香織、具合良くなったかな。お見舞いにアイスでも買っていってやるか。


 俺は、途中にコンビニに寄り道をする決意をして、下校した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます