才能は、水もの

「……で、香織ちゃんは大丈夫なの?」

「ああ。一応意識は戻ったんだが、熱はあるし顔は赤いしで、大事をとって今日は休ませた」


 遅れそうだと連絡したのだが、美久は待っててくれたので、結局今日も一緒の通学である。


「大事にならなきゃいいね」

「おう。ありがとな。しかし悪いな美久、待っててもらって」

「時間の余裕はあるし、別に大丈夫だよ。……それにしても、ほんと仲良くなったよね、香織ちゃんと」

「……ああ」


 逆に懐かれすぎて怖いんだが、あの愛くるしい笑顔で『兄さん(はぁと)』なんて言われちゃ、そりゃなんでも言うこと聞くだろ。兄バカになりそうだわ。


「香織ちゃんは、守ってあげたくなるタイプだもんね。大人になったらモテモテだろうなー、うらやましい」

「……おまえだって、それなりだろ」

「それなりって、どういう意味よ?」

「一時期ほどではないが、それなりに、モテる」

「………………」


 美久は、とある大会で優勝したときに『天才美少女現る!』なんて、地元紙に特集組まれたくらいだからな。実は有名人だ。


「……まったく、天は二物を与えず、なんてのは、与えられなかった者のひがみにしか聞こえねえよ。おまえ見てると」

「べーつーに。もうただの人だし。それを言うなら、真一だってそうじゃない」

「……俺は……弱いだけだよ」

「そんなことないでしょ。……やめよっか、この話は」

「ああ。そうだな……」


 変な話題を振るんじゃなかったな。お互いに、忘れたふりをしたいこともある。


「……ね。真一は」

「ん? なんだ?」

「真一は…………守ってあげなきゃならないって子と、一緒に戦ってくれる子、どっちが好み?」

「…………なんのはな」


 そう問いかけてきた美久を見て、俺は思わずドキッとしてしまった。翳りのある真剣な顔は、今まで数えるほどしか見たことはない。


「…………さあな」


 俺は、美久にドキッとしたことを悟られないよう、曖昧に答えを返した。


「……ふふっ。真一らしいね」

「どういう意味かはわからんが、あえてスルーさせてもらうわ」

「はいはい」


 クスッと笑う美久。知られすぎているのも、なんとなくむずがゆいな。


 まあ、正門までもうすぐだ。なんとかそこまでごまかすとしましょうか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます