妄想で、卒倒

「に、兄さん……朝ですよー……朝ご飯ですよー……起きてください……」


 ……なぜ、香織の声が聞こえるのだろうか。夢か?


「ま、まだ起きないのですか……あうぅ、困ります……兄さん、遅刻しちゃいますよ……」


 うん、香織の声はかわいいな。


「……こうなったら、布団をはがすしかないでしょうか……兄さん、ごめんなさい。えい」


 バサッ。もっこり。


「!!!…………こ、これが噂に聞く、あ、あ、あ……」

「…………んん。……香織? 起こしに来てくれたのか……?」


 夢じゃなかったらしい。どうやら香織が起こしに来てくれていたようだ。開いた目の前には、香織のやや赤みを帯びた髪が垂れ下がっていた。


「あ! あ! あ、あ、あさ、あさだ」

「……? 朝だな、おはよう。香織の夢を見ていた、と思ったら、本物の香織の声だったんだな」

「……あ、はぃ……お、おはようございます……わ、わ、わたしの夢を見て、兄さんのアレがあんなに……」


 香織が、朝から顔真っ赤なのはなぜだ。……ん、布団がない。おかしいな……だめだ、眠くて考えがまとまらん。


「……あ、あの、兄さん、苦しくないですか? つらくないですか?」

「…………いや、眠くて頭が働かないけど、苦しくもつらくもないよ」

「そ、それなら、よいのです……つらかったら、わたしが鎮めてあげ……で、でも、どうやったら……お口? それとも……きゅう」

 

 バタン。


「……おい、香織?」


 俺が起きたのと交代で、香織が倒れた。びっくりして目が覚めた。……香織の顔が赤いのだが、やはり風邪じゃないのか。昨日から様子がおかしかったしな。


「しょうがないな……よいしょっと。うわ、軽すぎ」


 倒れた香織を抱っこして、まずはリビングに連れて行く。父さん義母(かあ)さんに、香織の具合が悪そうだと伝えなきゃ。


「あら、真一くんおは……あら? あらあら?」


 香織をお姫様だっこしてる俺を見た義母さんが、パタパタと近づいてきた。


「あ、義母さんおはよう。どうやら香織が具合悪そうなんだ、突然倒れちゃって。今日は学校休ませた方がいいかもしれない」

「きゅうぅぅぅ……」

「本当? ……すごく熱っぽいわね。顔も赤いし呼吸も苦しそう。熱を測ってみましょうか」


 義母さんにそう言われ、とりあえず香織をソファーの上に寝かせる。


「それじゃ、俺はタオルケットを持ってきます」


「あ、ありがとう真一くん。……この前まで全く会話すらなかったのに、もうお姫様抱っこするような仲になったのね、香織と真一くんは。ふふっ」

「…………うーん、兄さんのがわたしの……な……か……」


 優しく微笑む義母さんと、うなされる香織を尻目に、俺はタオルケットを取りに行くため、リビングを離れた。

 ……今日は美久に先に学校行ってもらうか。遅れそうだしな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます