風呂は、癒し

「……兄さん、お風呂、どうします?」


 晩飯が終わった後、香織がそう聞いてきた。


「……あ、香織はどうする? 先に入りたいなら、入っていいぞ」


 その言葉を聞いて、顔を赤らめる香織。


「……やだ、兄さんったら、わたしの残り湯に包まれたいんですね……」


 モジモジしながら、何かボソボソ言っているように思えるが、何を言ってるかわからん。


「……どうした香織。どこか具合でも悪いのか? 顔も赤いし、風邪引いたか」

「……えっ」


 俺は香織に近づいて、おでこに手を当ててみた。


「あ、あ、あ、あの、あの、あの」

「うーん……熱があるようにも思えるが、よくわからんな。具合は悪くないのか?」

「……ぐ、具合は悪くないですけど、兄さんのせいで身体が火照ってきました……」

「……? まあ、体調がすぐれないなら、しばらく様子見るか? それなら先に俺が風呂に入るけど」


 香織の赤くなった顔が、こんどはだらしなくなってきた。


「……兄さんの入った後の残り湯……ああ、まるで兄さんに包まれるような幸せのひととき……こちらも捨てがたいです……」


 なんだろう、アヘ顔に見えなくもない。本気で具合悪いんじゃないのか、香織。


「……で、でも、兄さんの後にお風呂に入ったら、わ、わたしひょっとして、に、妊娠しちゃったりして……」


 ……妊娠とか不穏なワードが聞こえてきたような気がするが、空耳だよな。ソラミミ。GAEE。香織はまだ中3だ。しかも見た目はもっと幼く見えるし。うん、空耳ということにしておこう。


 まあ、ボーッとしてる香織はそのままにしといて、先に風呂をいただこうかな。


―・―・―・―・―・―・―


「ふー。いい湯だった。香織ー、先に風呂入ったぞ。具合はどうだ?」

「……あ、兄さん。具合は……大丈夫です。わたしも、お風呂いただきますね」

「どうぞ。…………なんで空のペットボトル持参してるんだ? しかも2L」

「あ、こ、これは、お風呂のお湯を汲むために……」

「…………?」


 お湯を汲むなら、給湯器とかでいいんじゃないか。なんでわざわざお風呂のお湯なんだ。そんな疑問を抱いた直後。


「おう真一、風呂から上がったか。父さん疲れてるから、次に入らせてもらうぞ」

「あ、父さん。……だってさ。香織、父さんが先で良いか?」

「あっ…………………………はぃ」


 小さくそう答えた香織が、この世の終わりのような絶望的な表情をしたまま動かなくなる。


 カラン。

 空のペットボトルが、香織の手から床に落ちた。


「……香織、ペットボトル落としたぞ」

「……………………もういいんです。必要なくなりました…………」


 香織の目からハイライトが消えてるぞ。……いったいどうしたんだろうな。思春期の義妹は難しい。あ、涙がこぼれてる。


「……ま、まだ明日も明後日もあるもん……」


 香織を慰める言葉も思い浮かばないまま、俺は自分の部屋に戻った。……泣くような何かがあったのだろうか。わからん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます