ドリームソルジャー☆彩花

作者 春川晴人

24

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

中学時代の「みんなと同じ」でなければ浮いてしまうような息苦しさを、柔らかく丁寧に描いた作品です。

大人になって思い返してみれば、はたから見れば、他愛もないことかもしれないけれど、少女たちは真剣に悩み苦しんでいます。もう命がけで(笑)

それが滑稽でもあり、今の自分もまた数年後の自分から見るとその程度のことに悩んでいるのかも、とふと我に返る瞬間があったりして、楽しんで読ませていただきました。

変身したり戦ったりというシーンもありますが、全体にパステルカラーの挿絵が似合いそうな可愛くて温かい作品です。

★★★ Excellent!!!

中学生の彩花はある日、夢の中でユニコーンに出会います。
名前を付けてくれと頼まれ『ユニ』と名付けます。それは同時にユニコーンと共に戦うことの契約でもありました。
宿敵ペガサスとの戦いの中で変身することを身につけ、どんどん力をつけていく彩花ですが増していく力に時に恐怖を覚え、進化した変身を拒絶したりもしました。

夢の中ではペガサスやキメラと戦っていた彩花ですが、普段は学校生活を送る普通の中学生。彩花には結菜ちゃんという親友がいるのですけど、おそろいを持つというその年ごろならではの悩みで結菜ちゃんとの関係がこじれます。
私も読みながらああ、こんなことあったよなー、そんな人いたよなー、と当時の思いが蘇りました。
おそろいを持つというのはある意味その年ごろの少女たちにとってステータスのようなものなのかもしれません。
本作ではあまりいい意味のおそろいではないのですが、思わぬ形で絆を結ぶことになります。

ユニとの出会いがもたらすものは一体何なのか?
本当の友情っていったい何なのだろうと考えさせられました。